ニュース
» 2010年02月17日 10時26分 公開

平野綾、杉田智和、茅原実里、後藤邑子、小野大輔――SOS団が集結した「涼宮ハルヒの消失」初日舞台挨拶

映画「涼宮ハルヒの消失」の初日舞台挨拶に平野綾さん、杉田智和さん、茅原実里さん、後藤邑子さん、小野大輔さん、桑谷夏子さん、松岡由貴さん、あおきさやかさん、白石稔さん、松元恵さん、石原立也総監督、武本康弘監督が駆けつけた。

[ふじたけ,ITmedia]

 人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の劇場版「涼宮ハルヒの消失」が2月6日に公開された。封切を記念して池袋シネマサンシャインで開催された舞台挨拶に涼宮ハルヒ役の平野綾さん、キョン役の杉田智和さん、長門有希役の茅原実里さん、朝比奈みくる役の後藤邑子さん、小泉一樹役の小野大輔さん、朝倉涼子役の桑谷夏子さん、鶴屋さん役の松岡由貴さん、キョンの妹役のあおきさやかさん、石原立也総監督、武本康弘監督、さらに、司会として谷口役の白石稔さん、国木田役の松元恵さんという豪華メンバーが駆けつけた。


 多数の立ち見まで居た超満員の観客を目の前に、各キャストがメッセージを述べた。

平野さん 私が10代だったころから第1シリーズが始まって、4年かかってここまで来たんだ、と感慨深くなりました。今まで4年間かけて作り上げてきたものを今回出す感じで、今までの集大成と思ってやりました。三角関係が描かれているわけですけれども、キョンがちょくちょくハルヒのことを思い出してくれるような、あそこに戻りたいと思ってくれるようなハルヒを演じようと一つ一つやってきました。ちょっと長い映画ですが、何度も観ていいところを見つけて欲しいなと思います。

杉田さん もう聴き飽きたでしょう、この声。大変だったねみんな。僕の声が嫌いなのに映画館来た人、残念だったね。地獄のような時間だったね。恋愛要素ということは言われていたんですが、「お前たちが俺の翼だ」の主人公みたいにはいかないので、自分の中では恋愛を意識せず、SOS団の一員であることを意識して演じました。キョン自身の新たなる意識を、はっきり意識することが答えでした。素適な作品でした。ありがとうございました。

茅原さん 2月6日の公開日をとても楽しみにしていました。無事に今日を迎えられて、とてもうれしく思っています。私は劇場版のアニメに出させていただくのが初めてだったので、台本の厚さや収録の日数に驚いたりしました。今回、ハルヒの舞台になっている場所へ実際に行ってきまして、その学校で撮影してきたんです。キョンがいつも自転車を止めている駐輪所や有希が毎日居るマンションのぞいてみて、本当に作品と同じ風景が目の前に広がっていたので驚きました。PVを試写会で見せていただいて、本当にハルヒの世界に自分が入り込んでいるようでした。絶対に演じたいエピソードだったので、無事にみなさんに観てもらえる日を迎えてホッとしております。ずっとみなさんの心に残る作品になれば嬉しいです。

後藤さん 何を言おうかと思っていて、綾が言ってたような三角関係――キョンが長門のことを家族のように思っていたりする中で、自分がこの三角関係からあれぶているなって、客観的に聞いていてそう思いました。小さいみくるはそんなに出番は無く、今回は私の大好きな大人みくるがたくさん出てきます。(小野さんの「エロかった」という発言を受けて)こういう時だけ入ってこなくていいんだよ(笑)。まだ観ていないお友達とかに案内して、もう一回観てみたいと思ったら劇場に足を運んでくれるとうれしいです。

小野さん みんな元気? 閉鎖空間へようこそ。2階も閉鎖空間だからね。今回僕も三角関係に参加しまして、レクリエーションで率先して聞いたんですね。消失でハルヒ、いや綾ちゃんを愛していいんですか、と。綾ちゃんから「絶対嫌です」って即答されました。結構傷つくんだぜ。ドンマイっていうな、泣いちゃうだろ(笑)。この映画が演じる最後になってもいいくらいの魂を込めて演じたので、この作品を忘れないで欲しいなと思っています。

桑谷さん 朝倉涼子は第1期以来で本当に久しぶりだったので、自分の中でプレッシャーでした。彼女が与えるインパクトがすごい大きくて、朝倉は妥協を許さないということで、リテイクを久々に食らった覚えがあります。自分の中でも妥協はしたくなかった。プレッシャーと楽しみの繰り返しで倒れるかと思いました。でも、みなさんに観ていただくことができて本当によかったと思います。映画というのはお金を払わないと見れなくて、ちょっと高いなと私は常々思っており、クオリティが高くないと観てもらえません。でも、私もお金を払ってもう一回観たいと思うくらいの作品になったと思います。1スタッフとして嬉しかった。みなさんが応援してくれたおかげだと思っています。

松岡さん みなさんにょろーん。にょれろーん。めがっさおつかれー。ビッグタイトルで、こんなに期待されている作品なんだということをしみじみ感じながら、今日みなさんにお会いできて本当に幸せです。いつぞやはDVDで出ると思います。今日は本当にありがとうございました。

あおきさん 今回、自分ひとりエンドレスエイトが終わってないんじゃないかと思いました(笑)。この映画を観ていろんなことを読み取って、明日から一歩ずつ何かの力になったり、心に芽を吹かせるような何かになったらうれしいなと思います。女性の方もぜひお友達を連れて何度でもいらしていただけたらと思っております。



 涼宮ハルヒの消失は全国の劇場にてロードショー中。上映館など詳しい情報は公式HPまで。

(C)2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  4. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  5. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  6. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  7. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  8. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  9. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する