ニュース
» 2010年02月17日 13時00分 公開

3月9日の「ミクの日」好評につき追加公演「ひるコン」開催決定――チケットありますITmedia Gamez枠で5組10名をご招待

Project DIVA presents「初音ミク・ソロコンサート 〜こんばんは、初音ミクです。〜」が人気すぎて追加公演が決定。その昼公演のチケットを押さえてみました。

[ITmedia]

同時開催「初音ミク -Project DIVA- 39のひ・み・つ PART 2(仮)」緊急決定

 3月9日(火)、Zepp Tokyoにて開催する予定の初音ミクのソロコンサート Project DIVA presents「初音ミク・ソロコンサート 〜こんばんは、初音ミクです。〜」の追加公演「『初音ミク・ひるコンサート 〜こんにちは、初音ミクです。〜』」(以後、「ひるコン」)の開催が決定した。それに伴い、この「ひるコン」のチケット、5組10名分を確保した。下記、フォームから応募していただきたい。

応募はこちら

「初音ミク ひる・コンサート」に応募する(ここをクリック)

  • 募集期間:2月17日(水)午後1時〜21日(日)中
  • 開催日:3月9日(火)午後0時30分開場/午後1時開演
  • 場所:Zepp Tokyo(お台場)
※上記のリンク先に応募フォームがあります。奮ってご応募ください。

 今回の追加公演は、公式サイトにて受付を行っていた先行抽選予約が当初の予定枚数をはるかに上回る多数の応募があったことを受けたもので、あまりに急な決定のため、通常の「ソロコンサート」とは若干内容を変更しての開催となる。

 また、同時開催として「初音ミク -Project DIVA- 39のひ・み・つ PART 2(仮)」のステージイベントを急遽開催することも明らかになった。このステージは、入場無料で誰もが観覧することができ、豪華ゲストを招いて「初音ミク -Project DIVA-」に関する最新情報が公開される。奮って参加していただきたい。

追加公演概要

ミクの日感謝祭 39’s Giving Day Project DIVA presents 「初音ミク ひる・コンサート 〜こんにちは、初音ミクです。〜」

  • 開催日:3月9日(火)午後0時30分開場/午後1時開演
  • 場所:Zepp Tokyo(お台場)
  • 出演:初音ミク(THE 39S)
  • 応援P:doriko/19’s Sound Factory/minato(流星P)/とくP…and more
  • 料金:スタンディング4390円(税込/入場時ドリンク代別途必要)
※入場時に「Project DIVA Arcade♪」特製ICカードプレゼント予定

ミクの日感謝祭 39’s Giving Day「初音ミク -Project DIVA- 39のひ・み・つ PART 2(仮)」

  • 開催日:2010年3月9日(火)午後4時開場/午後5時開演予定
  • 場所:Zepp Tokyo(お台場)
  • 入場:無料
  • ゲスト:能登有沙(音楽ガッタス)、ゆいかおり(小倉 唯&石原 夏織)、DANCEROID(いとくとら、ミンカ・リー、愛川 こずえ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」