ニュース
» 2010年02月18日 15時11分 公開

コンテンツデフレの時代に、ソーシャルゲームが急成長を見せたわけOGC 2010(1/2 ページ)

2009年、急成長を遂げた「ソーシャルゲーム」。一部では「ソーシャルゲームはゲームではない」と言われつつも、なぜソーシャルゲームはこれほどの人気を集めることができたのか?

[池谷勇人,ITmedia]

OGCにもソーシャルゲームの波

ソーシャルゲーム関連のセッションはいずれも満席という人気ぶりとなった

 BBA(社団法人ブロードバンド推進協議会)が主催する、ゲーム業界関係者向けカンファレンス「OGC2010(オンラインゲーム&コミュニティサービスカンファレンス)」が2月17日、東京・千代田区のベルサール神田にて開催された。

 今回のキーワードは「Open」「Generate」「Contents」。昨今の流れを反映してか、タイムテーブルには「モバイルSNS」や「Twitter」「ソーシャルゲーム」といったこれまでにない単語が数多く並び、オンラインゲーム業界も大きな変革期にさしかかっていることをうかがわせる内容となった。

 中でも注目を集めたのが、昨年爆発的な広がりを見せた「ソーシャルゲーム(ソーシャルアプリ)」関連のセッションだろう。今回の「OGC 2010」では、IGDA(国際ゲーム開発者協会)日本代表の新清士氏、ゲームディレクターの澤紫臣氏の2名がそれぞれソーシャルゲームをテーマに講演を実施。なぜソーシャルゲームはヒットしたのか、そして今後ゲーム業界はソーシャルゲームとどのように向き合っていくべきなのか。両名の講演内容からソーシャルゲームの未来を探ってみた。

ソーシャルゲームとオンラインゲームの違い

 ソーシャルゲームとはおおざっぱに言えば、mixiやFacebook、モバゲータウンといったSNS上で動くゲームのことを指す。mixiアプリの「サンシャイン牧場」や、モバゲータウンの「怪盗ロワイヤル」などがその代表例だ。

 これらのゲームは、「SNS上の友達と一緒に遊ぶ」という点で従来のオンラインゲームと大きく異なっている。ゲームの内容自体は、作物に水をあげたり、他人の畑に虫を入れたりと非常にシンプルで、1回のプレイも数分程度と短い。にもかかわらず、現実の友達との関わりが生まれることで、つい何度もアプリを起動し、様子を見たくなってしまう点がソーシャルゲームの特徴と言える。

 では、既存のオンラインゲームとはどこが違うのか? 澤氏はいくつかの視点からオンラインゲームとソーシャルゲームの違いをまとめているが、最大の違いはやはり「コミュニティ形成の違い」だろう。通常、オンラインゲームではコンテンツ全体に目的があり(レベルを上げる、クエストをクリアするなど)、コミュニティはその目的に辿り着くための手段、ツールとして自然に形成されていくもの。しかしソーシャルゲームの場合、前提として最初からSNS上でコミュニティが形成されている点が大きく異なっている。この「すでに存在しているコミュニティ」をいかに活用していくかが、ソーシャルゲームでは大きなポイントになると澤氏は分析する。

実際にソーシャルゲーム運営に携わった経験を元に、ソーシャルゲームの特徴・ポイントを語った、ゲームディレクターの澤紫臣氏

 また面白いと思ったのが、滞在時間の違いだ。オンラインゲームを「ロングタイム・リアルタイム型」とするなら、ソーシャルゲームは「ショートタイム・サムタイム」型であると澤氏は表現する。

 オンラインゲームでは全員が同じタイミングでログインしていないと一緒に遊ぶことができないため(同期型)、必然的にプレイ時間が長時間化しやすい(いわゆる「廃人」を生みやすい)。しかしソーシャルゲームの場合、例えば他人の畑に水をあげたり、虫を入れたりといった具合に、すべてのプレイヤーがまったく同じ時間にアクセスしなくてもプレイ感を共有できる仕組みを持っているため(非同期型)、1回のプレイ時間が短く、また他人の都合を気にせず好きな時間に遊ぶことができる。プレイヤーに課す「時間的ハードル」が低いことも、ソーシャルゲームのヒット要因の一つと言えるかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」