ニュース
» 2010年02月18日 17時52分 公開

通勤通学の息抜きに緑の物体を伸ばせばいいじゃない――iPhone/iPod touch版「のびのびBOY」配信

[ITmedia]

 バンダイナムコゲームスは、プレイステーション 3にてダウンロード販売されている「のびのびBOY(ボーイ)」を、iPhone/iPod touch向けに開発、2010年2月18日よりNAMCO NETWORKS AMERICA INC.より世界各国に向けて販売を開始した。価格は230円。

 「のびのびBOY(ボーイ)」は、ヘビのようにクネクネ動くピンク色の生物「BOY(ボーイ)」の体をのばして遊ぶゲーム(?)で、iPhone/iPod touch向けにタッチパネルでの操作を採用。伸ばす以外にも、GPS機能やカメラを使用してゲームと連動させるといったPS3にはなかった新たな遊びを組み込んでいる。なお、本アプリケーションはApp Storeの「仕事効率化」から配信されている。

遊び方は簡単。タッチパネルで直接指で触れて「BOY」を操るだけ。「BOY」の頭の部分を指で触れてスライドさせた分だけ伸びていく。画面下のさまざまな「道具」を利用して伸ばすこともできるほか、GPS機能で実際自分が移動した距離を反映させることもできる

 伸ばした「BOY」の体の長さを宇宙にいる「GIRL」に伝え、伸びた体の長さに対応したハートを食べさせることで、GIRLの体も伸びていく。伝えた場所は、世界地図に記録され、全世界の人々が共有することになる。facebookにログインしていれば、自分の名前を地図に残すことも可能だ。

ほかにも便利な機能が利用できる。「BOY」が針になって時間を教えてくれる時計機能や、長くなった体に文字を書き込んで保存できるメモ機能。音楽を聴くことができるサウンドプレイヤー機能やキャプチャーした画面の画像が自動的にメールに添付され、送信することができるメール機能。アプリを落とさなくても内蔵されているブラウザでネットサーフィンが楽しめる機能など

(C) 2010 NAMCO BANDAI Games Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する