CSアタック決めまくりで肉食系男子に変身?――「God of War 3 Global Media Day」リポート(1/2 ページ)

Sony Computer Entertainment Americaは現地時間の2月24日、北米ロサンゼルスでPS3アクションアドベンチャー「GOD OF WAR III」の完成披露会「Global Media Day」を開催。完成版がお披露目となった。

» 2010年03月02日 18時12分 公開
[戸村賢一,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

おひさしぶりのガチムチっぷりを堪能

 北米においてプレイステーションシリーズのキラーソフトといわれる「God of war」シリーズ。その最新作「God of war 3」の発売を間近に控えた2月24日、製品版によるプレミア「God of War3 Global Media Day」がカリフォルニア州ロサンゼルスで開催された。

 今回、筆者は幸運にもソニー・コンピューターエンターテイメントジャパン(SCEJ)の好意によりプレミアに参加することができたので、当日の模様をリポートする。

 さて、当日リポートの前に、God of Warシリーズの歴史を簡単に紹介したい。シリーズ第一作の「God of War」は2005年にプレイステーション 2(PS2)版として発売され、高いストーリー性とアクションの爽快感、そしてPS2では当時世界最高とされたグラフィックスが大注目を集め北米を中心に大ヒット。2006年のInteractive Achievement Awardsでは前年の最高傑作に与えられる「Overall Game of the Year」を受賞する。そして続編となる「God of War 2」が2007年にPS2で発売されるとこれまた大ヒット。「〜2」のゲームエンディングはシリーズ三作目の登場を予感させる内容となっており、開発元のSony Computer Entertainment America(SCEA)も「〜2」発売直後に次作をPS3版でリリースすると発表。1、2ではまりまくったGod of Warファンは外伝的なPSP版の「God of War: Chains of Olympus」を挟み3年間以上本作の登場を待ち続けてきたのだ。

 すでに、全米各地ではキャンペーンがスタートしていて、会場入り前に立ち寄ったロス郊外のゲームショップ「GameStop」では、2月24日の時点で予約が100本を超え、発売解禁日には深夜0時からのイベントも開催するという。

 今回の「God of War3 Global Media Day」はSCEAがヨーロッパ以外のメディアを対象にしたプレミアという位置づけで、SCEJ関係者によるとヨーロッパではほぼ近いスケジュールで同様のプレミアが行われているとのこと。

 当日は、アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル等から約100人のメディア関係者がそろい、製品版の登場を待ちわびていた。特に、日本メディアにとっては、製品版のGod of War 3に触れるのは初めての機会なので、待望の度合いは高い。

本作の監督であるStig Asmussen氏。当日は体調不良だったそうだが、数多くのメディアからの取材に対し気さくに応じていた

 まずは、司会者に紹介され本作のStig Asmussen監督が登場。「長い間お待たせ致しましたが、God of warの最新作を皆様にお届けする日がやってきました」といった短いスピーチを終えると自らPS3のコントローラを握り、第一シーンのプレイデモをスタートさせた。

 第一シーン冒頭では、今回のキーマンとなりそうな巨大なガイアが水面に飛び込み竜巻のような水柱は立ち上る。PS3のハードを最大限生かしたムービーはまさにフルHDの映画を見ている感じである。敵を倒すアクションシーンに移ってからも、敵の数は「〜2」にも増して多いにもかかわらずそれぞれの動きもスムーズで、PS3に最適化したプログラミングを行ってきた成果が現れている。本作で技術面を担当した、「〜3」に対する準備は相当前から行われていたようで、リードプログラマーのVassily Filippov氏によると「PS2版のGod of warが発売になるかならないかの時期からPS3アーキテクチャに関する準備を始め、「〜2」の開発期間中も「〜3」のためにプログラムライブラリーの整備を行っていた」という。

背景デザインを担当したLead Comcept designerのCecil Kim氏。本作の背景デザインでは「映画のような表現(cinematic presentation)を心がけた」とのこと

 Stig Asmussen監督によるデモプレイが終了すると、隣に用意されたプレイゾーンで早速試遊を開始。「God of War」シリーズの世界観をイメージしたディスプレイにて彩られでたプレイゾーンには、20台以上のPS3が用意され、長蛇の列に並ぶこともなく思う存分プレイすることができた。第一シーンもそうだったが、事前収録のムービーからリアルタイムプレイへ移行する瞬間は画面の切り替わりを感じさせないシームレスな作りで、注意していてもその切り替わりに気付かない。さらに、プレイを進行している間にデータをHDDに先読みしていくため、ロードで待たされる局面もない。今回は、一回目のセーブポイントとなるポセイドンを倒し1つ目のパワーアップ武器「Blades of Athens」を手に入れるシーンまで限定のプレイだったのだが、まさにセーブするまで息もつかせぬ展開が続き、自分でプレイするのはもちろん、他人のプレイを観戦するだけでも相当な充実感が味わえる。

 アクションゲームということでゲームバランスも気になるところだが、その辺の対策も前作同様に複数の難易度が選べる仕組みで対策されており、ゲーム下手な私でも「Normal」レベルを苦労しつつもセーブポイントまでクリア。SCEJ関係者によると「(さらに低い)Easyレベルならゲーム初心者でも楽々クリアできるでしょう」とのこと。慣れていない人向けに「R1ボタンでイベント発生」「△ボタンでハードアタック」といった形でプレイガイドが画面に次々と表示されるので、操作にとまどうこともない。もちろん、ヘビーゲーマー向けにはHardに相当する「God」やVery Hardに相当する「Caos」のプレイモードも用意されている。ゲームレベルを確認するためCaosモードでひたすらプレイし続けた他媒体記者は何度も同じシーンで瞬殺に近いダメージを食らい「これは相当動きのパターンを読まないとクリアできないので、Caosモードは攻略しがいがありますねぇ」と語っていた。

Global Media Dayが開催されたSiren Studio。ハリウッドのど真ん中に位置し、普段は俳優やモデルのスタジオ撮影に使われているという
アメリカを中心に各国のメディア関係者も熱心に「God of War 3」をプレイし続ける
プレイルームはGod of Warのダークな世界感をイメージしてディスプレイされているPS2も20台以上置かれ、ゲームに没頭するにはうってつけの環境だ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」