ニュース
» 2010年03月03日 22時11分 公開

モバイル版だけのお楽しみ! 「桃太郎電鉄」地方編アプリがついに全国コンプリート日々是遊戯(1/2 ページ)

先日配信開始された「桃太郎電鉄KINKI」で、いよいよ日本の全地方が出そろったモバイル版「桃太郎電鉄」シリーズ。本日はそんなモバイル版「桃太郎電鉄」シリーズを振り返ってみます。

[池谷勇人,ITmedia]

あなたの出身地方で「桃鉄」が遊べます!

 日本一の大社長を目指し、全国を旅しながら各地の様々な物件を買い集めていく、ハドソンの「桃太郎電鉄」シリーズ。そのモバイル版最新作「桃太郎電鉄 KINKI」が、3月1日よりi-mode用アプリとして配信開始となっています。(au、Softbank版は未配信)

 これまで「TOKYO」「CHUBU」「KANTO」「TOHOKU」「HOKKAIDO」「KYUSHU」「SETOUCHI」と続いてきた「地方編」シリーズですが、この「KINKI」でいよいよすべての地方マップが出揃う形に。これを記念して、今回はこれらの地方編「桃太郎電鉄」シリーズを振り返ってみたいと思います。

桃太郎電鉄TOKYO(docomo、au、Softbank)

 モバイル版「桃太郎電鉄」シリーズの第一作目で、これまでのシリーズが日本全国を舞台としていたのに対し、本作では東京都のみをピックアップして収録。地方や都市を舞台とした「地方編」シリーズの歴史はここから始まりました。スタート時の持ち金が1億円に増えているなど、家庭用版に比べてより短時間で楽しめる工夫が凝らされているのも特徴です。

自分のデータをランキングサーバーに送信し、全国のプレイヤーと記録を競い合うことができる機能も

桃太郎電鉄CHUBU(docomo、au、Softbank)

 中部地方をモチーフとした「地方編」シリーズの第2作目で、新潟・山梨・静岡・長野・富山・愛知・石川・福井・岐阜の9県が舞台。静岡の茶畑や名古屋のきしめん屋、長野の信州みそ屋など各地の様々な名産品が多数収録されているほか、中部地方にゆかりの深い戦国武将たちが助っ人として登場する「戦国武将システム」などの新イベントも追加されています。

戦国時代、多くの武将を生んだ中部地方。ゲーム中でも、織田信長や武田信玄などの武将が現れて助けてくれます

桃太郎電鉄KANTO(docomo、au、Softbank)

 関東地方をモチーフとした「地方編」シリーズの第3作目。今回は茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京の1都6県が舞台となっており、納豆料理屋やスープ焼きそば屋、冷や汁うどん屋など関東地方にちなんだ物件を数多く収録。滝沢馬琴の人気小説にちなんで、関東一円に飛び散った八玉を集めるイベント「里見発見伝!!」なども見どころです。

水戸駅と言えばやっぱり納豆料理屋。また水戸黄門や平賀源内といった歴史的有名人も登場します

桃太郎電鉄TOHOKU(docomo、au、Softbank)

 「地方編」シリーズの第4作目は、青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島の東北6県が舞台。物件や持ち金をプレイヤーから奪っていくお邪魔キャラクター「ナマハーゲン」が新たに追加されているほか、「奥の細道」にちなんで各地の俳句を集めるイベントなども新登場。わんこそば屋や牛タン屋、だだ茶豆畑といったご当地物件も満載です。

秋田のナマハゲにちなんだお邪魔キャラクター「ナマハーゲン」。おなじみ貧乏神とともに、プレイヤーを苦しめます

桃太郎電鉄HOKKAIDO(docomo、au、Softbank)

 広大な北の大地・北海道を舞台とした「地方編」シリーズの第5作目。ラーメン屋やラベンダー畑、サラブレッド牧場、マリモようかん屋といったご当地物件はもちろんのこと、他のプレイヤーを流氷の上に強制移動させる「オホーツクカード」など地方色豊かな新カードも登場。また雪の多い北海道ならではの要素として、冬になると一部の赤マスが通過できなくなってしまうといったギミックも。

雪で通過できなくなってしまった赤マスは、「ラッセル車」を購入することで通れるようになります

桃太郎電鉄KYUSHU(docomo、au、Softbank)

 北海道に続く「地方編」の第6作目は、一気に南まで飛んで九州・沖縄地方が舞台。西郷隆盛や大久保利通といった幕末期の有名人たちが多数登場し、心強い味方となってプレイヤーを助けてくれます。博多ラーメン屋や明太子屋をはじめ、ちゃんぽん屋、ダンゴ汁屋、サトウキビ畑、泡盛製造工場など吸収・沖縄らしい物件も多数収録。

沖縄本島はもちろん、久米島や宮古島といった周辺の島々もバッチリ再現されています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」