ニュース
» 2010年03月08日 18時19分 公開

日々是遊戯:ゲーマーがもっとも参考にするのは、1位「体験版」、2位「プレイ動画」

アメリカの調査会社が行ったアンケートによると、ゲーマーはメーカーが公開している「トレーラー映像」よりも、「体験版」や「プレイ動画」をより参考にしているとの結果が得られたそうです。

[池谷勇人,ITmedia]

プレイ動画の販促効果は大きい?

 ゲーマーがもっとも参考にするのは「体験版」と「プレイ動画」――アメリカの調査会社BLITZ Digital Studiosがゲーマー1000人を対象に行った調査で、そんな興味深いデータが明らかになったそうです。

 調査対象は「週7時間以上ゲームで遊ぶ、13歳から35歳のゲームユーザー」で、データによると「ゲームに関するオンラインコンテンツで、あなたの購買に影響を与えるものは?」との質問に対し、55%のユーザーが「体験版」を「もっとも参考になる」と回答。以下、2位に「プレイ動画」(47%)、3位に「トレーラー(予告)映像」(37%)と続きます。一方で「プレミアムコンテンツ」「ポッドキャスト」「壁紙ダウンロード」などは、購買への影響力という点では弱いとのこと。

 1位の「体験版」は納得の結果ですが、メーカーの公式サイトなどではよく見られる「トレーラー映像」を押さえて、2位にプレイ動画が食い込んでいるのは興味深い結果と言えるのではないでしょうか。BLITZ Digital Studiosはこれについて、以下のようにコメントしています。

「熱心なゲームプレーヤーはできるだけ早くゲームの情報を得たいと考えており、それが体験版を通じてのものか、それとも誰かのプレイ動画を通じてのものかはその際あまり関係ありません。マーケティング担当者はしばしば、見栄えのいい場面しか公開しなかったり、プレイ動画自体を公開しなかったりといった失敗をしますが、最近では動画の撮影が容易になったこともあり、ユーザーの動画がこれらの失敗を補っています」

 BLITZ Digital Studiosの指摘は、メーカーのマーケティング担当者にとっては少々耳が痛いものかもしれません。名場面集のようなトレーラー映像は確かに目を引きますが、ゲーマーがそれ以上に求めているのは「体験版」や「プレイ動画」といった、より生のプレイに近いものだというわけです。「ニコニコ動画」や「YouTube」といった動画投稿サイトでゲームのプレイ動画が人気なのは以前にも紹介したとおりですが、実際にデータで販売促進効果が示されたのははじめてかもしれません。これ以外の調査データについては、BLITZ Digital Studiosのサイトからダウンロードすることが可能となっています(要登録)。

「トレーラー映像じゃゲームは分からない。僕は本当のゲームプレイを見たい、だからYouTubeに行くんだ」

 あるゲーマーは上記のように答えたそうです。 あなたはゲームを購入する際、どんな情報を参考にしていますか?


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた