サプライズゲストにKalafinaが登場――ARを用いたコラボもお披露目された「イヴの時間」先行上映会

映画「イヴの時間」の特別先行上映イベントに、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサー、吉浦康裕監督、主題歌を担当したKalafina、AR三兄弟の長男が駆けつけた。

» 2010年03月11日 14時34分 公開
[ふじたけ,ITmedia]

 3月6日に公開されたアニメーション映画「イヴの時間」が誰よりも早く鑑賞できるイベント、「ネクスト・リアル1『イヴの時間〜上映&トーク〜』」が2月19日、ニッポン放送のイマジンスタジオで開催された。

吉田アナにとって世界の見方を変えた作品

吉田尚記アナウンサー

 開演時間になると、本イベントの発起人であるニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが、今回のイベントを開催するに至った経緯を説明した。吉田アナにとってイヴの時間は鑑賞後に世界の見え方が変わるような、ここ数年で最大の衝撃作だった。あまりに好きになったため自分で企画書を書き、協力者を募り、どうにかニッポン放送の許諾を得て本イベントの開催に結びついたそうだ。

 早速、その面白さを共有しようと上映が始まるが、途中で機材トラブルが発生し、上映はいったん中止してしまう。どうにか持ち直して無事に上映が終了すると、ステージには本作の原作、監督、脚本、演出を務めた吉浦康裕が登場し、吉田アナとのトークが始まる。

吉浦監督との熱いトークが交わされる(写真:左)。また、当日のイベントについてtwitterでつぶやくことが許可されていたので、イベントを鑑賞しながら手元の端末でつぶやく観客が多数見受けられた(写真:中央)

 Kalafinaが歌う主題歌をいただいた後にEDクレジットの絵が追加されたエピソードや続編に関する話題、二人のロボット観など熱い議論が交わされる中、今度はサプライズゲストとして、本作の主題歌「I have a dream」を歌うKalafinaがステージに現れる。

監督も当日まで知らなかったスペシャルゲスト

 主題歌の制作についてWakanaは「今回のI have a dreameという曲は、作詞・作曲・編曲を担当された梶浦由記さんの中で元からモチーフとしてイメージがあったものなんです。イヴの時間という作品と出会ったことによって完成したとおっしゃっていました」という誕生秘話を明かした。

Kalafinaの3人。左からHikaru、Keiko、Wakana

 また、Kalafinaの3人は関係者向けに開催された試写会で本作を鑑賞したそうで、映画の感想を求められてHikaruは「映画終盤の、マサキとテックスのやり取りで号泣しました。でも、自分たちの歌が流れてきたところで緊張して、さーっと引いていきました(笑)」とコメントして会場を笑わせる。

最もロボットっぽいKalafinaメンバーは?

 続けて吉田アナがKalafinaの中で一番アンドロイドっぽいのは誰かと尋ね、3人が一斉にアンドロイドっぽいと思うメンバーを指差すと、Wakanaは自分を、KeikoはHikaruを、HikaruはKeikoを指差し、見事なまでにバラバラの結果となった。


AR三兄弟の長男(写真中央)

 3人とも、「私、ウルトラマンになりたいのと同じような願望で、ロボットになってみたいです。大して言うこと聞かないでどこかへ行きたいですね」(Wakana)、「(Keikoが)一番お人形さんぽいから。こういう可愛いロボットが欲しいなと思います」(Hikaru)、「Hikaruはおっとりしてるんですよ。こんなハウスロイドが居たら癒されていいじゃないですか! Wakanaはコーヒーをお願いしても『コーヒーだけって言わずにさ、ケーキも食べなよ!』みたいに暴走しそう(笑)」と、それぞれが抱く印象はそんなに外れていないのかもしれない。

 Kalafinaの3人がステージから下がってイベントも終盤に入ると、映画「東のエデン」の舞台挨拶でも話題を呼んだAR三兄弟の長男がTシャツやカードを使ったAR(拡張現実)をお披露目して、吉浦監督を含む全員を大いに驚かせる。最後は吉浦監督が、いち早くイヴの時間を観たいと会場に駆けつけたファンへ感謝の気持ちを述べて、イベントの幕は閉じた。

当日披露されたAR技術の模様

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」