ニュース
» 2010年03月11日 14時34分 公開

サプライズゲストにKalafinaが登場――ARを用いたコラボもお披露目された「イヴの時間」先行上映会

映画「イヴの時間」の特別先行上映イベントに、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサー、吉浦康裕監督、主題歌を担当したKalafina、AR三兄弟の長男が駆けつけた。

[ふじたけ,ITmedia]

 3月6日に公開されたアニメーション映画「イヴの時間」が誰よりも早く鑑賞できるイベント、「ネクスト・リアル1『イヴの時間〜上映&トーク〜』」が2月19日、ニッポン放送のイマジンスタジオで開催された。

吉田アナにとって世界の見方を変えた作品

吉田尚記アナウンサー

 開演時間になると、本イベントの発起人であるニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが、今回のイベントを開催するに至った経緯を説明した。吉田アナにとってイヴの時間は鑑賞後に世界の見え方が変わるような、ここ数年で最大の衝撃作だった。あまりに好きになったため自分で企画書を書き、協力者を募り、どうにかニッポン放送の許諾を得て本イベントの開催に結びついたそうだ。

 早速、その面白さを共有しようと上映が始まるが、途中で機材トラブルが発生し、上映はいったん中止してしまう。どうにか持ち直して無事に上映が終了すると、ステージには本作の原作、監督、脚本、演出を務めた吉浦康裕が登場し、吉田アナとのトークが始まる。

吉浦監督との熱いトークが交わされる(写真:左)。また、当日のイベントについてtwitterでつぶやくことが許可されていたので、イベントを鑑賞しながら手元の端末でつぶやく観客が多数見受けられた(写真:中央)

 Kalafinaが歌う主題歌をいただいた後にEDクレジットの絵が追加されたエピソードや続編に関する話題、二人のロボット観など熱い議論が交わされる中、今度はサプライズゲストとして、本作の主題歌「I have a dream」を歌うKalafinaがステージに現れる。

監督も当日まで知らなかったスペシャルゲスト

 主題歌の制作についてWakanaは「今回のI have a dreameという曲は、作詞・作曲・編曲を担当された梶浦由記さんの中で元からモチーフとしてイメージがあったものなんです。イヴの時間という作品と出会ったことによって完成したとおっしゃっていました」という誕生秘話を明かした。

Kalafinaの3人。左からHikaru、Keiko、Wakana

 また、Kalafinaの3人は関係者向けに開催された試写会で本作を鑑賞したそうで、映画の感想を求められてHikaruは「映画終盤の、マサキとテックスのやり取りで号泣しました。でも、自分たちの歌が流れてきたところで緊張して、さーっと引いていきました(笑)」とコメントして会場を笑わせる。

最もロボットっぽいKalafinaメンバーは?

 続けて吉田アナがKalafinaの中で一番アンドロイドっぽいのは誰かと尋ね、3人が一斉にアンドロイドっぽいと思うメンバーを指差すと、Wakanaは自分を、KeikoはHikaruを、HikaruはKeikoを指差し、見事なまでにバラバラの結果となった。


AR三兄弟の長男(写真中央)

 3人とも、「私、ウルトラマンになりたいのと同じような願望で、ロボットになってみたいです。大して言うこと聞かないでどこかへ行きたいですね」(Wakana)、「(Keikoが)一番お人形さんぽいから。こういう可愛いロボットが欲しいなと思います」(Hikaru)、「Hikaruはおっとりしてるんですよ。こんなハウスロイドが居たら癒されていいじゃないですか! Wakanaはコーヒーをお願いしても『コーヒーだけって言わずにさ、ケーキも食べなよ!』みたいに暴走しそう(笑)」と、それぞれが抱く印象はそんなに外れていないのかもしれない。

 Kalafinaの3人がステージから下がってイベントも終盤に入ると、映画「東のエデン」の舞台挨拶でも話題を呼んだAR三兄弟の長男がTシャツやカードを使ったAR(拡張現実)をお披露目して、吉浦監督を含む全員を大いに驚かせる。最後は吉浦監督が、いち早くイヴの時間を観たいと会場に駆けつけたファンへ感謝の気持ちを述べて、イベントの幕は閉じた。

当日披露されたAR技術の模様

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙