ニュース
» 2010年03月11日 18時32分 公開

指先ひとつで真・伝承奥義発動――「北斗無双」

コーエーより3月25日に発売する予定の「北斗無双」には、雑魚敵が一撃死してしまう究極の奥義があるという……。

[ITmedia]

 コーエーより3月25日に発売する予定のプレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「北斗無双」に登場するリュウガを紹介する。

 「北斗無双」は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)に連載していた人気コミック「北斗の拳」と、無双シリーズのコラボで生まれたシリーズ最新作で、原作を再現した“伝説編”と、オリジナルストーリーが楽しめる“幻闘編”の2つのモードが用意されている。

リュウガ
拳王(ラオウ)軍の配下で「天狼星」を宿星に持つ泰山天狼拳の伝承者。乱世の平定を強く望み、ケンシロウが救世主に相応しい、乱世を支える巨木か否かを確かめるべく戦いを挑む

トキとラオウの闘いを見とどけたケンシロウは、ラオウの配下、天狼のリュウガという男が無差別虐殺を行っているという話を耳にする

経絡究明図

経絡究明図では、戦いを通じて得た技能ポイントを使って、新たな技能や伝承奥義を習得。技能には、装備して効果が得られる装備技能と、習得しただけで効果が得られる自発技能がある。技能を獲得することで技が増えたり、キャラクターの身体能力が上がる。経絡の流れはキャラクターごとに異なる

真・伝承奥義

 特別な条件を満たすと使える、北斗の拳の漢たちの強さを象徴する奥義。この奥義を当てると、雑魚敵は必ず死亡する。

左はサウザーの真・伝承奥義「雷霆(ライテイ)」。本作オリジナルで、「愛などいらぬ!」と叫ぶと同時に巨大な雷が落ち、周囲の敵をふっとばす。右がジャギの真・伝承奥義「スカーフェイス」。こちらも本作オリジナルで、マスクをめくり上げるとともに顔面から黒いオーラを照射。素顔を見た敵は状態異常になる

左はシンの真・伝承奥義「神鷹翔破(シンヨウショウハ)」。本作オリジナルで、両手を左右へ広げ、十字型の体勢で上昇。空中で自分を中心に赤く光る巨大な十字のオーラを発し、周囲の敵を皆殺しにするというもの。右はマミヤの真・伝承奥義「百花繚乱(ヒャッカリョウラン)」。同じく本作オリジナルで、周囲にヨーヨーを大量に放つ。ヨーヨーは、敵にヒットすると相手を駆け上り、首の周りを回転して首を刈る

無双闘舞

 強敵との戦闘で、相手を弱らせたときに使用できるとどめの技。北斗の拳を象徴するすばやい攻撃の連打で相手をボコボコにしつつ最後に奥義で締めくくる。一連の連続攻撃画面に出るボタン入力を成功させることで、相手を撃破できる


見切り攻撃

 南斗タイプの拳士は、相手の隙をついた攻撃が可能で、強攻撃を当ててひるませた場合や敵の攻撃と同時に攻撃した場合に、画面にボタンが表示され、そのボタン入力に成功すると見切り攻撃発動。


もので攻撃可能

「北斗無双」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンルアクション
発売予定日2010年3月25日
価格(税込)8190円(TREASURE BOX:1万3440円)
プレイ人数1〜2人
CEROD

関連キーワード

北斗無双 | Xbox 360 | PS3 | 原作 | コーエー


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOI-001
(C)2010 KOEI Co., Ltd.All rights reserved.
※画面は開発中のものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン