ニュース
» 2010年03月19日 20時25分 公開

「ユグドラ・ユニオン」の正統進化――PSP「ブレイズ・ユニオン」発売決定

スティングは、「ユグドラ・ユニオン」の世界観とゲームシステムを受け継いだ完全新作タイトルをPSPで発売する。

[ITmedia]

 ゲームボーイアドバンスとPSPで発売され、独創的なゲームシステムと高い戦略性で好評を博していたタクティカル・ファンタジーRPG「ユグドラ・ユニオン」の世界観とゲームシステムを受け継いだ完全新作がPSPで発売される。その名も「ブレイズ・ユニオン」――。


 本作は「ユグドラ・ユニオン」に登場した「新生ブロンキア帝国」の前身である「ブロンキア帝国」の時代を舞台に、新たな主人公「ガーロット」と仲間たちが、腐敗した帝国、世の中の理不尽、汚い大人たちに対して戦い傷つきながらも未来をつかみ取ろうとする姿を、彼らの青春群像劇とともに描かれる。

ユニットの移動や攻撃力を司るのが「タクティクスカード」。複数のユニットが連係して戦闘を行う「ユニオンシステム」を実装しており、ターン制のシミュレーションをベースに独創的なゲームシステムを構築している

オープニングアニメは「ユグドラ・ユニオン」も担当したポイント・ピクチャーズが制作している

シナリオイベントはフルボイスで演出。バトルでは掛け声以外にも、前作ファン待望のスキル詠唱ボイスが加わっている

プレイの随所で分かりやすいチュートリアルが挿入される。前作を遊んでいないプレイヤーでも楽しみながら段階的にゲームシステムを学べる

 本作は、分岐するストーリーと複数の結末、隠し要素によって一度では遊びつくせないボリュームが魅力。前作で好評だった早送り機能や一部のユーザーインタフェースの見直しにより、周回プレイも快適に楽しめるようになっている。

 なお、キャラクターデザインは新たにイラストレーターの光崎瑠衣氏が起用されている。タクティクスカードのデザインは前作に引き続き、戸部淑氏が担当している。

キャラクター紹介

ガーロット(声:鳥海浩輔)

本編の主人公。ブレイズ義賊団のリーダー。帝国の圧制により虐げられる民を守るために、強い力が欲しいと思っている。


シスキア(声:堀江由衣)

ブレイズ義賊団のメンバーでガーロットの幼馴染。ガーロットの少年時代を知る数少ない人物で、幼少の彼に「義賊団ごっこ」を持ちかけた張本人。


ジェノン(声:川田紳司)

ブレイズ義賊団のメンバーでガーロットの幼なじみ。剣の腕も確かだが、主に参謀としてガーロットをさまざまな面でサポートする。


メデューテ(声:田中理恵)

放蕩の旅人から仲間になった女性。巨大な戦斧を軽々と扱う戦士。ガーロットの、あまりにも力に頼った無謀さを指摘し、私兵団結成のきっかけを作る。


ソルティエ(声:加藤将之)

現ブロンキア帝国皇帝にして、魔竜ブロンガとの契約者。帝国の国政を省みずに軍拡を繰り返し、武力による領土拡大を目論んでいる。


ラピス(声:茅原実里)

ブロンキア帝国の皇帝親衛隊隊長。無口で感情を表に出さないが、ソルティエに忠誠を誓った女性。


「ブレイズ・ユニオン」
対応機種PSP
ジャンルタクティカル・ファンタジーRPG
発売予定日2010年5月27日
価格(税込)6279円
CEROB(12才以上対象)
(C)ATLUS CO.,LTD. 2010


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」