ニュース
» 2010年03月26日 17時41分 公開

謎の騎士も登場する新たな白騎士物語――「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」(1/2 ページ)

光と闇の物語は、クライマックスへと向かっていく。SCEJは今夏、シリーズ最新作を発売する。

[ITmedia]

現代に甦る古の戦い――「光と闇の覚醒」とは

 ウィザードの首領グラーゼルが新生イシュレニア帝国の建国宣言をして1年。世界はイシュレニア帝国の進軍に晒され、人々の生活は窮するようになっていった。それはバランドール王国に限らず、はるか西の大国、フォーリア公国も同様であった。

 公国に仕える将軍スカーダインと、ミウと名乗る少女は、追っ手から逃れるために戦っていた。まだ幼さの残るこの少女こそ、フォーリアを治めていたダラム大公の孫娘であり、この国の希望であったのだ……。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、今夏を目標にプレイステーション 3用ソフト「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」を発売する。新たな騎士たちの物語は、終焉へと導かれる。


バランドール王国の王女、シズナ姫の成人式典。

ワイン商の青年・レナードは、その式典のためにワインを運ぶ仕事をしていた。

盛大に行われる式典を突如として襲った謎の組織・ウィザードからシズナ姫を守ろうとしたレナードが偶然にも城の地下宝物庫で発見したのは、古より伝わるシンナイトという兵器だった。

騎士と呼ばれるシンナイトの力を手にしたレナードは、ウィザードを撃退するが、シズナ姫はさらわれてしまった。

レナードは、シズナ姫を救うために仲間とともに旅に出る。

幼馴染のユウリ、謎の老剣士エルドア、自由都市グリードの御曹司シーザー、アルバナの踊り子カーラたちとシズナ姫を追う旅は、あまりにも過酷なものだった。

幾多の出会いと別れ、そして試練を乗り越えた彼らは、この戦いが、一万年前から大陸全土を巻き込んだ戦争・ドグマ戦記の断片であることを知る。

古の時代より続く戦争に巻き込まれたレナードたちだが、

彼らの運命もまた古からの定めに従っていただけかもしれない。

翻弄される世界をよそに、敵対するウィザードは、ドグマの時代、大陸で強大な勢力を誇っていたイシュレニア帝国を復活させる。

物語は、ここから加速していく……。




舞台となる世界

西市街地

 西の大国・フォーリア公国は、ドグマホールのさらに西、迷いの森と呼ばれる森の中にある大国だ。守り神として崇められている巨木を中心に繁栄した国であり、建物の様式、人々の服装などは独自の文化を形成し、特に武具に用いられている独特な模様や装飾、人々の髪型などは、他に類を見ないほどの雅さを感じさせている。

 かつて、バランドール王国との間に、二王国戦争と呼ばれる激しい戦争があったが、バランドール王国・ヴァルトス王とフォーリアのダラム大公が推し進めた和平交渉により、平穏を保っている。しかし、一年前のバランドール王国で起こったウィザード襲撃事件にてダラム大公が命を落としてからは、フォーリア公国内で不穏な空気が漂い始める。現在ではローレウス卿を筆頭とした四人の執政官で政権を代行している。



新たなキャラクターたち

亡きダラム大公の孫娘「ミウ」(CV:釘宮理恵)
フォーリア公国を治めていた亡きダラム大公の孫娘で、戦いを好まない心優しき15歳の少女。内戦の際、ダラム大公の娘として命を狙われ、スカーダインとともにフォーリアから脱出を試みる。偉大なる祖父の孫として、自分に何が出来るのか迷っている
フォーリアの猛き将軍「スカーダイン」(CV:藤原啓治)
フォーリアの将軍。内紛が起こったフォーリアからミウを脱出させる際、レナード達と出会い、行動を共にする。普段は感情を表には出さない、クールで頼りがいのある人物。年齢不詳

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  2. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  7. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声