「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会」記者発表会開催――各界から集まった5人のサポーターたち(1/2 ページ)

エレクトロニック・アーツ株式会社は4月15日、国立競技場にて「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会」の記者発表会を行った。

» 2010年04月16日 06時50分 公開
[川上雄太,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

FIFA公認の唯一のサッカーゲーム

 エレクトロニック・アーツは5月13日、プレイステーション 3、PSP、Xbox 360、Wiiの4機種から発売される「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会」の発売を記念し、記者発表会を行った。

 まず初めに登場したのは、エレクトロニック・アーツのセールス&マーケティングディレクター・林秀樹氏。林氏は「今回、4作目になる南アフリカ大会は、これまでのゲームとひと味違う楽しさをみなさまにお届けできるのではないかと思っています。ワールドカップの興奮をゲームで味わっていただくべく、さまざな工夫をこらしています」と挨拶をした。

 続いて登場したのはプロデューサーの牧田和也氏。牧田氏はゲームの内容について「FIFA公認の本物感」、「遊びやすさ」、「ゲームモード」という3つのキワードを語った。

エレクトロニック・アーツのセールス&マーケティングディレクター・林秀樹氏
プロデューサーの牧田和也氏

ゲームを語るうえで欠かせない3つのキーワード

ブブゼラを披露する牧田氏

 まず牧田氏が語ったのは「FIFA公認の本物感」だ。FIFA公認ということで、実際の大会で使用される10カ所の公式スタジアムをゲーム内で完全再現している。また、紙吹雪や紙テープ、選手の影やカメラのフラッシュなど数多くの演出にこだわり、今までにない“本物感”を表現していると語った。また、サウンド面の解説で登場したのが、南アフリカの民族楽器「ブブゼラ」。個性的な音色を奏でるこのブブゼラを、牧田氏は実際に披露する場面もあった。

 続いて解説されたのは“遊びやすさ”について。今作は従来なかった「2ボタンコントロール」というシステムがあり、パスとシュートの2ボタンだけを覚えていればゲームを遊べるモードが搭載されている。これについて牧田氏は「もちろん従来のモードもあるので、ライトユーザーにもコアユーザーにも楽しんでもらえるようになっています。勝つことよりも参加して楽しんでいただきたい」と説明する。

 最後に登場したキーワードは“ゲームモード”。最初に紹介された「2010 FIFA ワールドカップモード」には199チームが参加し、最大32チームをプレイヤーが操作することができ、親善試合、予選、決勝などが行えることが紹介された。

 次に解説されたのは「南アフリカへの道 予選ストーリー」というゲームモード。これは、これまで実際に行われた50以上の予選リーグを途中からプレイできるモードだ。ユーザーのプレイによって、勝っていたチームが負けたり、負けていたチームが勝ち進んだりと、ユーザーの手によって歴史を変えることができるシチュエーションモードとなっている。また、実際の決勝大会が行われた翌日には、決勝のストーリーを無料でダウンロード提供することを明らかにした。

 次に登場したゲームモードは「キャプテンモード」という育成要素を含んだもの。ひとりの選手となり、その選手を育て、最終的にワールドカップ優勝を目指すというもの。またオンラインでの対戦結果を国ごとに表示し、どの国が一番ゲームがうまいかなどを反映する「バトルオブネイション」というモードの解説も行われた。

これらはWiiの画像。FIFA公認ということで、全世界のチームが参戦。好みのチームを使って南アフリカ大会を楽しむことができる

こちらはプレイステーション3、Xbox 360の画像。紙吹雪のひとつひとつまでしっかり描かれ、臨場感を演出している

こちらもプレイステーション 3、Xbox 360の画像。選手たちの動きや、AIも進化し、より一層白熱した試合が楽しめる

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  3. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  4. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  5. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  6. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  7. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2403/03/news014.jpg 双子の赤ちゃんが布をかぶって…… 世界一平和な“いないいないばあ”が100万再生「なんて幸せな世界」「笑い声に癒されます」
  10. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」