連載
» 2010年05月10日 08時28分 公開

ひとりで「ファミスタ」できるかな?ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/7 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

メジャールーキーズ

 わたしが「ファミリースタジアム」を初めてプレイしたときは、AボタンとBボタンを間違えたり、違う塁に送球したり、フライの目測を誤ったりして、守備でずいぶん失点していたもんだ。この記事を書くにあたり、久しぶりにプレイしてみたが、これらのミスはあまりなかった。しっかりと体が操作を覚えていたということか。

 ただ、ベースカバーに入る内野手が、ゴロを捕りに行ってくれないのには参った。ボールに最も近い選手が捕るものと、感覚的に思ってしまい、操作ミスをしてしまうのだ。

 それでもコツが分かってくると、1人プレイはいい感じで勝てるようになる。フライを捕るときは、ボールの影を追うのが基本。COMの打者に対しては、変化球を端から端へ投げるのが基本と心得る。

 1人で「ファミリースタジアム」を楽しむには、1人プレイのほかに「WATCHモード」もある。2つのチームを選ぶだけで、勝手に対戦してくれるこのモード。純粋に野球観戦が楽しめた。BGMに合わせて「ダッシュケイオウ」を歌って応援。はたから見るとかなり寂しい姿かもしれないが、気にしないようにする。

二塁手がボールに寄ってきたけど、操作できるのは一塁手の方。誤ってボールから離れる方向へ動いてしまう
フライの上がり方は、飛球音によって判断できる。この音はテレビの「珍プレー好プレー大賞」にも使われた
投手が利き手側の端に立ち、逆サイドへ変化球を投げると、COMの打者は空振りしてくれる(「'87」)

 翌1987年12月、「プロ野球 ファミリースタジアム'87」が発売された。箱やROMカセットの意匠は前作と同じで、「87年度版」と書かれたシールが貼られている。いわゆる“投高打低のファミスタ”で、打者がバッターボックスの前半分に行けなくなったことで、変化球を曲がる前に打つということができなくなった。

 ただし、新しく登場したチーム「メジャーリーガーズ」を使えば雰囲気は一変。豪快なバッティングを楽しむゲームに早変わりする。メジャーリーガーズは投手陣の能力も高く、160キロ台後半を出す投手もいる。

 1人プレイでは、メジャーリーガーズを使えば初心者でも気軽に楽しめ、それ以外のチームを使えばメジャーリーガーズと戦うことになるので難度が上がる。選ぶチームによって、自然と難易度調整ができているのだ。

「'87」のメジャーリーガーズには、長打力のある打者が多い。場外ホームランもよく飛び出す
また投手も優秀。日本では、試合で163キロの球を投げた投手はいまだにいない

ミラクルホームラン ドーム級

 1988年5月には、PCエンジンで「プロ野球 ワールドスタジアム」が発売。グラフィックがファミコン版よりきれいになったのはもちろんだが、球場がドームになっているのも大きな特徴だ(ちょうどこの年、日本初のドーム球場である、東京ドームがオープンしている)。高いフライを上げると、屋根に当たって真下に落ちる。

 今作から導入されたのが、野手がボールを捕り損ねるエラー。今まではフライを上げて野手が落下点に入ってしまったらもうアウト確定だったが、「ワールドスタジアム」ではエラーの可能性があるので、捕球の瞬間まで攻撃側は、わずかながら望みを持てるようになった。

 「ワールドスタジアム」には隠しチームがある。1人プレイで勝ち抜いていくと、往年の選手を集めたOチームや、メジャーリーガーズ、漫画・アニメに出てくる選手を集めたAチームが、最後に立ちはだかるのだ。これらのチームは、1人プレイでは使えないが、2人対戦では裏技により使用可能だ。

 この裏技ではほかにも、全身黒のチーム、全身白のチーム、全身赤のチームが使える。

捕球エラーはファミスタシリーズ名物だが、元祖はこの「ワールドスタジアム」だった
特大ホームランを打つと、ドームの屋根に穴が開く
裏技で出現した、全身真っ黒の隠しチーム。チーム名すら表示されていない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」