連載
» 2010年05月10日 08時28分 公開

ひとりで「ファミスタ」できるかな?ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(4/7 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
リーグ戦なのでこのような星取表もある。写真は6チームで各1試合ずつの設定にしたところ

 同年12月には、「ファミスタ'90」が発売された。1人プレイが勝ち抜き戦ではなく、リーグ戦形式になったのが特徴。チーム数は2〜6チーム、試合数は各カード1〜9試合ずつ、イニング数は1〜9回を選択できる。バッテリーバックアップでデータをセーブできるので、長いリーグ戦でも苦もなくプレイできるようになった。個人的には1人プレイをいちばん長く楽しめたゲーム。

 「'90」では新たな球場が加わった。特に個性的なのが「ふえいふえい」球場。右翼側は広いが左翼側が狭い。その狭さを補うため、左翼側のフェンスが極端に高いのだ。

 大リーグに詳しい方はお気づきだろうが、明らかにモデルはボストン・レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークである。日本人大リーガーの空白期だったこの時代(野茂投手は当時まだ新日鐵堺にいて、近鉄への入団が決まったばかり)。フェンウェイパークを知っている人は少なかっただろう。

 スイッチヒッターが登場したのは、この「'90」から。BGMはアーケード版「プロ野球 ワールドスタジアム」(1988年〜)と同じものに変わり、ダッシュケイオウではなくなった。

優勝した時のエンディング画面が派手。設定次第ではものの数分で見られるけど
ふぇいふぇい球場のグリーンモンスター。ちなみに「'90」発売当時、松坂投手は小学生、岡島投手は中学生だった
だいそうげん球場。打球が外野の深い所に転がると、ランニングホームランがほぼ確定

苦労するゲーム

 「ファミスタ'91」(1990年12月発売)からは、変化球が前作までより遅くなり、曲がり方が大きくなった。そのせいで、対COM戦で三振をとりにくくなっている。1人プレイは再び勝ち抜き戦に戻っているのだが、この変化球のせいで、かなり難度が上がったような気がする。

 また球場が広い。外野に抜けたら三塁打。ランニングホームランも出やすい。新球場の中で個性的なのが「とうもろこし球場」。その名のとおり、とうもろこし畑に作られた野球場だ。日本でこの年に公開された映画「フィールド・オブ・ドリームス」がモチーフになっている。

野茂(おも)投手のトルネード投法が、グラフィックで再現されている
とうもろこし球場では7回になったら、とうもろこしがウェーブで応援する
「'91」からは、選手の守備位置が設定された。また、審判が音声でコールするようになった

 「ファミスタ'92」(1991年12月発売)では、初心者のために打撃・守備練習モードがある。1人プレイでは、COMチームの強さを選べる。また、各選手に「人気」というパラメータが設定された。人気の高い選手が打席に立つと紙吹雪が舞う。はっきり言って、非常に見づらい。

 あと、ナムコスターズの「ぴの」の走力が、もはや人間業じゃないレベルにまで引き上げられた。投ゴロ・一ゴロ以外のゴロならほぼ内野安打。盗塁は、投手がモーションに入ってから走ってもほぼ成功。

試合中、紙吹雪のご使用はご遠慮ください。どれがボールか一瞬分からなくなります
試合後のスポーツニュースや、打撃・守備練習モードに、各チームの監督が登場する
この年に限り、ナムコスターズにマサカリ投法で投げる「まさかり」投手がいた

 スーパーファミコン版「スーパーファミスタ」が、1992年3月に発売された。ライセンス契約により、選手名が実名になっている。Xボタンでバントできたり、L・Rボタンでバットの長さを変えられたりと、スーパーファミコンならではの操作が追加されている。

 変化球の球速は、「'91」「'92」よりも、それ以前の作品に近い感じ。ただ1人プレイの難度は高いと思う。ホームランが出やすい。

 1チームあたり18人の選手がおり、2チームに分けて紅白戦ができる。ただしこの紅白戦、野手も含めて全員が1イニングずつ投げるという不思議な仕様。

 「スーパーファミスタ」シリーズは以後毎年発売され、「5」まで続く。「5」と同じ1996年に、プレイステーションで「ワールドスタジアムEX」が発売。翌年末にはニンテンドウ64で「ファミスタ64」が出るが、シリーズ化されたのは「ワールドスタジアム」の方。こちらも「5」まで続いた。

球場は3つ用意されている。広告まで細かく描かれている
紅白戦では全員が1回ずつ登板。ぴのが投手になることすらあるのだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」