「セカンドライフ」から生まれた、国産マシニマ「大地に消ゆ」が面白い日々是遊戯

「第8回芸術科学会展ビジュアルアート部門」で最優秀賞に輝いた、短編映像作品「大地に消ゆ」。実はこれ、制作、ロケ、舞台挨拶まで、すべてを「セカンドライフ」内で行った“国産マシニマ”なのだそうです。

» 2010年05月13日 17時54分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

舞台挨拶も「セカンドライフ」内で

 FPSなどのゲーム映像を素材として使ったCGムービーのことを「マシニマ」と呼びます。もともとはmachineとchinemaを組み合わせた造語で、この連載でも少し前に、コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア2」を使ったマシニマを紹介したことがありました(日々是遊戯:え、これ映画!? 久々に見たマシニマが進化しすぎていた件)。

 そんなマシニマを、日本でも作って公開している方がいらっしゃいました。サイト「海賊船『ドーン!!な感じ』号」の管理人でもある酒井りゅうのすけ氏は先日、「セカンドライフ」を使ったオリジナルのマシニマを公開し、さらに「セカンドライフ」内でバーチャル上映会を行ったことで注目を集めました。

 作品名は「大地に消ゆ」。約7分ほどの短編作品で、「セカンドライフ」内で撮影されたCG映像をメインに、全人類が死に絶え、戦闘用ロボットだけがいまだ戦いを続ける荒廃した世界をありありと描いています。そんな中、バッテリーが切れかけた一体のロボットの目に、ある男の手が映し出され――。

 酒井氏によれば、ネタ出しを除いた実質的な製作期間は約1週間ほど。主なスタッフは酒井氏と、若手映画監督である山本暁氏の二人で、「セカンドライフ」内でのロケ地制作に3日、撮影に2日、編集・手直しに2日ほどを費やしたそうです。

 本作品は「第8回芸術科学会展ビジュアルアート部門」で見事最優秀賞を受賞。またこれを記念して、5月5日には「セカンドライフ」内のバーチャルシアターを使った“公開初日舞台挨拶”も行われました。

 舞台挨拶には、酒井氏・山本氏のほか、劇中曲「Coma」を提供した「セカンドライフ」限定アーティスト・Chouchou氏もゲストとして出演。それぞれ自宅からSkypeで音声をつなぎつつ、「セカンドライフ」にログインして舞台挨拶を実施するという、これまたユニークな形式で注目されました。以下はその様子を収めた動画ですが、出演者や観客たちが全員CGのアバターであることを除けば、まるで本物の舞台挨拶を見ているよう。最近はあまり話題にのぼらなくなってしまった「セカンドライフ」ですが、こういう使い方ができるのは面白いですね。

 最後に、こうしたマシニマの魅力について酒井氏・山本氏のお二人からコメントをいただきました。

「今回の作品には、私が『セカンドライフ』を3年間遊び続けたなかで見えてきたものが様々な形で盛り込まれています。特に『セカンドライフ』の場合、オブジェクト制作を数人で手分けして行うなど、非常に自由度の高いマシニマ制作が可能です。また楽曲を提供いただいたChouchouのお二人との打ち合わせを『セカンドライフ』の中で行ったり、製作過程自体がソーシャルコミュニケーションになっている点もユニークでした」(酒井氏)

「マシニマの利点として、まず低予算での作品製作が可能であること、また実写では決して描くことができない世界観を、3DCGのグラフィック空間を利用することで実現できる点などが挙げられます。厳しい目線で見れば、『セカンドライフ』のグラフィック力は他の3DCGゲームに比べて明らかに劣っていますが、そうしたネガティブな部分をアイデアで補い、ポジティブな面を駆使することで、独自の世界観を生み出すツールとして使っていけると思います」(山本氏)

 もともと海外発祥の文化ということもあり、日本ではまだあまり馴染みのないマシニマですが、山本氏は「ユーザー側に参加できる環境がより整っていけば、今後国内のクリエイターも徐々に増えてくるのでは」とも予想しています。「ニコニコ動画」などで人気の「アイマスMAD」などもある意味ではマシニマの一種ですし、今後こうした形での映像作品はさらに増えてくるかもしれません。

作品は「セカンドライフ」の映像をベースに、一部実写を合成したもの

「セカンドライフ」内のシアターで行われたプレミアム上映会の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  3. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  4. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  5. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  6. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  7. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2403/03/news014.jpg 双子の赤ちゃんが布をかぶって…… 世界一平和な“いないいないばあ”が100万再生「なんて幸せな世界」「笑い声に癒されます」
  10. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」