ニュース
» 2010年05月17日 18時30分 公開

日々是遊戯:Twitterで遊ぶ、オンライン対戦型オセロが登場……一体どうやって!?

以前「DragonTwitter」という、Twitterで遊べるRPGを紹介したことがありましたが、今度はなんとオセロ(リバーシ)が登場です。しかもなんとオンライン対戦機能付き!

[池谷勇人,ITmedia]

ちゃんとオセロになっています

 たった140文字のコミュニケーションなのに、不思議と「何でもできそう」と思わせてくれるのがTwitterの面白いところ。今度はなんと、オンライン対戦が可能な「ツイッターオセロ」まで登場しました。

 そもそもTwitterでどうやってオセロ(リバーシ)を再現するのか!? しかもオンライン対戦まで可能……!? いろいろ疑問な点はありますが、とりあえず対局方法について順を追って説明していくことにしましょう。対戦はすべて、専用のbot「@twrev」を介して行っていく形となります。

 対戦をはじめる場合は、まず「@twrev st」と自分のツイッターに書き込みます。しばらくして対戦相手が見つかると、「対局開始です。あなたは後手です。」といったメッセージが送られてきて、いよいよ対局開始に。

「@twrev st」と書き込んでしばらくすると、対局開始!

URLをクリックすると、現在の盤面を確認可能。そうきたか!

 あとは@twrevに、駒を置く座標と相手へのメッセージを添えて返信していくことで、対局は進んでいきます。例えば座標c3に駒を置きたい場合は、「@twrev c3 よろしくおねがいしますー」といった感じ。しばらくすると、「@Hibikore さんがc3に置きました。 http://bit.ly/○○○ よろしくおねがいしますー」というメッセージが相手に送られ、今度は相手の番に。メッセージ中にあるURLはクリックすると、盤上の様子を画像で確認することができる仕組みになっています。おおおお、ちゃんとオセロになってる!

正しく座標が指定できていれば、@twrevからこんなメッセージが帰ってきます

ある程度対局を進めたところですね。けっこう押しているように見えるんですが……

筆者の失着手からみるみる盛り返され、最後は結局、引き分けに

よく見たらカドを3つも取られてる! 最後は逆転されないかヒヤヒヤでした

 一手あたりの制限時間は24時間となっており、相手の返事をドキドキしながら待つ感覚はまるで「手紙将棋」のよう。また対局が長時間化するのを防ぐため、通常のオセロと違って6×6の小さい盤を使用しているのですが、それがまた新たなかけひきを生んでいて、終始気の抜けない対戦を楽しむことができます。駒を置く場所だけでなく、相手に送るメッセージを何にしようか考えたりと、Twitterならではの楽しみがあるのもいいですね。

 より詳しい遊び方や、アップデートの報告などについては、公式ブログ「ツイッターリバーシ(http://d.hatena.ne.jp/twrev/)」をご確認ください。最新のアップデートでは、対局終了後に棋譜も見られるようになっているようです。

こんな感じで、一手一手を振り返ることもできます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.