ニュース
» 2010年05月24日 17時35分 公開

満を持しての“同窓会”! 「劇場版 TRIGUN -Badlands Rumble」初日舞台挨拶

[Girl's OH編集部,ITmedia]
Girl's OH

 前日の冷たい雨から一転、暖かな春らしい陽気となった4月24日の朝。池袋サンシャインシネマには、その瞬間を待ちわびる観客で満杯に。そう、この日はファンが待ちに待った「劇場版 TRIGUN -Badlands Rumble」の公開初日。それを記念した初日舞台挨拶がこの日行われた。


 1998年にテレビアニメ化され大ヒットを記録した「トライガン」。原作シリーズは2007年に完結を迎え、2009年にはSF大会で星雲賞を受賞。往年のファンの期待もあってか、この日2回行われた舞台挨拶付きの上映回は早々に売り切れ。

 この日の登壇者は主人公ヴァッシュ・ザ・スタンピード役の小野坂昌也、ニコラス・D・ウルフウッド役の速水奨、今作の新キャラクターである美貌の女賞金稼ぎ、アメリア・マクフライ役の坂本真綾、監督の西村聡氏、原作者の内藤泰弘氏。登場した瞬間の客席からの歓声は、長年のファンの“待ってました”という気持ちの表れではないだろうか。

 全員の挨拶に引き続き「感慨深いですね」(小野坂)「テレビシリーズでやってたときには気付かなかったことが。12年振りに小野坂さんを愛しく感じました(笑)」(速水)「メンバーがそろったときに感動的でしたよね」(小野坂)とそれぞれがコメント。コントのような2人の掛け合いは長年の付き合いならではないだろうか。やはり、キャスト、スタッフにとっても「トライガン」の映画化は感慨深いものだったようだ。

 そんな中、新メンバーとして参加した坂本は「本当に緊張しました。(スタッフ、キャストの)皆さん12年前からの想いがあるので、朝会った瞬間から熱気があって。そこになじんでいけるのか心配でしたけど……アメリアという役は劇中でヴァッシュと初めて出会うので、そういう意味では役の気持ちとシンクロできたと思います」とのこと。が、前の回では上映後の挨拶だったものの、この回は上映前の挨拶とのことで、坂本をはじめネタバレしないように四苦八苦していたようだ。


 そんな状態で映画のお薦めの部分を聞かれ、「全編詰まっているマカロニウエスタン的な雰囲気を楽しんでください」(小野坂)、「音楽ですね。あと、いい人は実はあまりいなくて、悪党ばかりの映画なんですけど、中に出てくる三悪人が可愛いです。おススメです」(速水)と回答。坂本の「言えないことが多いんですけど……私的にはウルフウッドさんが格好良かった」との言葉に会場は大爆笑に包まれた。なんともいえないような表情をした小野坂だが「いいの! ヴァッシュはそういうのはテレビの時から慣れてるの!」とフォローしていた。また、スタッフ側からは「撮影がデジタルになって使える色数が無限大に増えた。逆に選ぶのが大変だったり(笑)」(西村監督)、「ものすごい数の役にもたたないような荒くれが出てきます」(内藤監督)というコメントも。

 今回、ストーリー原案など大きく関わった原作者内藤氏も映画版の完成は感無量のようで、「大きなヴァッシュを見られるという“体験”はうれしい! また、すべてのキャラクターがみんな“らしく”出てきます」と本当に嬉しそうだった。

 締めの挨拶では「劇場版になるよ、とは聞いていましたけどなかなかオファーが来ないので、新しいヴァッシュが誕生するのか、と思ってました(笑)。素晴らしいクオリティで絵と音をスタッフが仕上げてくれました。一回で終わるのがもったいないので、みなさんの応援で劇場版第二弾ができればと思ってます」(小野坂)、「この映画は“大人の遊び”。コロナビールかなんかラッパ飲みしながら帰って貰えればいいな、と思います」(速水)、「12年前から待っていた方も多いと思いますし、キャスト、スタッフの皆さんの思いの強い作品というのをとても感じています。そういった愛されている作品に新しく参加させて貰えてとても嬉しいです」(坂本)とキャストの言葉に、会場から拍手喝采が起こった。

 内藤氏曰く“同窓会”というこの作品。12年間分の技術の進歩も詰め込まれているようで、特に小野坂が舞台上で何度も繰り返したように「使う銃によって、床に落ちる薬莢の音を変えている」(小野坂)ほどの“音”と“音楽”へのこだわりは半端ではないようだ。ぜひそのクオリティを劇場で体感して欲しい。


Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声