ニュース
» 2010年05月25日 20時15分 公開

ゲームがちょっと楽しくなる、Twitter連動サービス「げーむなう」日々是遊戯

どこかで誰かがつぶやいている「ゲームの話題」を集め、タイトル別にまとめた「げーむなう」というサービスが面白かったので紹介します。

[池谷勇人,ITmedia]

Twitterでゲーム談義!

 140文字までの「つぶやき」を投稿し、フォロワーに公開できるミニブログサービス「Twitter」。筆者の場合、ゲーム関係者のフォローが多いので余計にそう感じるのかもしれませんが、けっこう遊んだゲームについてつぶやいている人って多いですよね。

 試しに筆者が今ハマっている「デモンズソウル」で検索してみると、「今日もまったく進めなかったぜ!」とか「青ファン(ファントム)プレイなう」といったつぶやきがけっこうヒットします。最近では同じゲームで遊んでいる人を見つけやすいように、ハッシュタグ(「デモンズソウル」なら”#DemonsSouls”といった具合に、分かりやすい文字列をつけてつぶやきをタグ付けしたもの)をつけて書き込んでいる人もおり、Twitterをゲームコミュニケーションの場として使っている人も少なくないようです。

 そんな中、Twitterを使った面白いサイトがあったので紹介します。名前は「げーむなう」。誰かが投稿した「ゲームの話題」をタイトルごとに集めて、一覧にしてくれているサイトです。

 トップページには、直近5タイトルのつぶやきが常に表示されており、さらにタイトル名をクリックすることで個別のページへと移動することができます。個別ページでは、そのゲームについてのつぶやきを一覧表示できるほか、発売日や価格、評価なども見ることが可能。またTwitterへの投稿フォームもあり、ここから書き込めば自動的にハッシュタグをつけてつぶやける仕組みとなっています。よくハッシュタグを忘れてしまったり、打ち間違えたりしがちな人には嬉しい機能と言えそうですね。

 直近のタイトル以外にも、もちろんハードやジャンル別でタイトルを検索したり、以前紹介した「れとげのまち」のような、Twitterと連動したゲームイベントを見つけたりすることも可能。近場だと、スクウェア・エニックスの橋本真司氏が開催する「SQUARE ENIX CAFE BREAK」や、「逆転裁判」シリーズの生みの親・巧舟氏の「GHOST Tweet」あたりがイベント登録されています。最近ではTwitterをイベントやプロモーションのツールとして活用しているメーカーも多く、こうしたイベントを見つけるのにも役に立ちそうです。

 ちょっとした「あるあるネタ」にニヤリとしたり、思わぬ発見にビックリしてみたりと、楽しみ方はいろいろ。興味があれば、ぜひ今遊んでいるゲームで検索してみてください。誰かのつぶやきを通してゲームに触れることで、自分で遊ぶのとはちょっと違った楽しみを見つけられるかもしれませんよ。

「げーむなう」のトップページ。カエルのマスコットが目印です
個別ページ。つぶやきフォームを使えば、ハッシュタグ入力の手間も省けてラクチン
現在のつぶやき週間ランキング。Twitter上で「アツい」タイトルが一目で分かります

Copyright (C) げーむなう.All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10