コラム
» 2010年05月27日 13時41分 公開

ヒビコレちゃんを応援してください

冗談だったのに、引っ込みがつかなくなりました。アンケートにもご協力ください。

[ITmedia]

ITちゃんがうらやましかった

 最初はエイプリルフールの余興のはずでした。4月1日、「日々是遊戯」担当のアイコンキャラクターとして「ヒビコレちゃん」がデビューしました。アイコンキャラクターとは、ITmedia News連載「ねとらぼ」担当のITちゃん、同じくITmedia News「せかにゅ」担当のitちゃん(こちらはイットちゃんと読みます)を差します。ヒビコレちゃんは、そんな大先輩たちに続く、ITmedia3人目のアイコンキャラクターとして登場するという、あくまでもその日限りのネタでしかなかったはずでした……(実はITmedia +D Mobileにモバちゃんという、鼻水たらした幼女型ロボットがいるのですが、すっかり忘れておりました。ごめんなさい)。

 当時の記事(「ヒビコレちゃん」をよろしくおねがいします)では、その誕生の秘密(大ウソ)が語られていますが、秘密裏に嘘を現実にしようと目論む一派がおりました。内緒でヒビコレちゃんをデビューさせようと画策し、勢いでイラストを発注。ついには約1カ月後の4月30日、日々是遊戯のアイコンキャラクター(初登場記事:初代「スーパーマリオ」で対戦するには……? ファミコンゲームのマニアックプレイばかりを収録した「21世紀ファミコン」発売中)として晴れて登場することになりました。

 とはいえ、先輩のITちゃんやitちゃんとは異なり、あくまでも現状はリリーフエースのような存在で、誌面には不定期で登場しています。まだまだ知名度が低いのはその中途半端な登場回数に起因します(実質2回)。そんな意味も込めて、周知徹底! みなさんへのご挨拶とともに、せっかくなのでどんな子なのかをご紹介できればと思っています。それよりもなぜ突然、ヒビコレちゃんをフィーチャーしているのか……。最後になれば分かります。


 さて、どうやらこのヒビコレちゃん、確固たる設定がないようです。少なくとも編集者は聞いていません。さらに日々是遊戯の記者に聞いても要領を得なかったので、このヒビコレちゃんに命を吹き込んだ、イラストレーターのシロ(仮)さんに聞いてみることにしました。

―― シロ(仮)さんは何をされている方なんですか?

シロ(仮) 内緒です。座右の銘は、気持ちは明るく、人にやさしくです。

―― なぜ書くことになったんですか?

シロ(仮) ご飯食べてたらいつのまにか書くことになってました。あと、座右の銘を実践して人にやさしくしてみたかったんです。

―― ヒビコレちゃんってどういう設定なんでしょうか?

シロ(仮) アイコンに困った時や内容が殺伐としている時に、華を添えるような……。

―― そういう大人の都合な設定ではなく、キャラクターの、です。

シロ(仮) 一応、「ゲーム好きの元気なドジっ子」というオーダーはありましたが、それくらいであとは後付けです。ゲーム好きなので髪留めに十字キーと防音のためにヘッドホンをアクセサリーにしました。ヘッドホンの片方はこちらも十字キーをモチーフにしていて、もう片方がABボタンになっています。髪の色は先輩たち(ITちゃんやitちゃん)にかぶらないよう青色にしています(笑)。基本、インドア派ということでパジャマとタンパン、そしてモコモコルームソックスをはいていて、お尻のポケットも十字キーになっています。

―― そんな描写、イラストにありましたっけ?

シロ(仮) 書いてはいません。というか今決めました。

―― とりあえず誕生日は4月30日(掲載日)でいいんですよね?

シロ(仮) そうなりますね。おうし座です。好きな色はオレンジ。好きな食べ物は豆大福にしましょう。ゲームしながら食べてもコントローラに粉をつけない方法を模索中って感じで。ゲームはなんでも得意だけど、対戦になると緊張するってのはどうでしょう。

―― さてはなんやかんやと考えてましたね? 口癖とかありますか? ITちゃんは語尾に「ポ」が付くみたいな。

シロ(仮) 間延びしたしゃべり方だろうなというくらいしかイメージしてないですね。ただ、ゲームでヒートアップすると、溢れる男気がスパーキンするとかしないとか。

―― ヒビコレちゃんの製作にはどれだけかけたんですか?

シロ(仮) 鉛筆で下書きするのに30分くらいです。それを複合コピー機でスキャンしてフォトショップで色づけで2時間くらいです。

―― それは早い方なんですか?

シロ(仮) どうでしょう。そこそこじゃないですか?

―― では、ここはひとつ2枚目を書いてもらえませんか? 関東も梅雨間近ですし、ちょっと季節感あるものを……。

シロ(仮) いいですよー。

 さくっと快諾していただき、新しいヒビコレちゃんイラストをゲットすることができました。その間、わずか1時間。まさに梅雨っぽい作品をいただきました。

これが
みるみる完成

 一番最初のラフ画も紹介します。

下書きの段階で、まだ髪飾りとかありません
あっという間にほぼ完成形に。この間、30分
色付けしたら完成。PhotoshopはCS4を使用


 こうして唐突に掲載されたヒビコレちゃん周知徹底企画ですが、なぜこのタイミングなのか……。もちろん、時々しか出て来ない(来れない)不憫なヒビコレちゃんを、みなさんにちゃんと紹介したかったということもあります。が、ちょっとした意地というものが働いた結果でございました。

 ITmedia Gamezのトップ画面右カラムに注目してください。不思議なアンケートが設置されているのに気がつかれたでしょうか? 「ITmedia的に誰が俺の嫁?」という誰得なアンケートなのですが、予想どおり圧倒的にITちゃんが票を獲得しております。さすがの横綱相撲。そもそもみんな幼女っぽいのに、非現実なんたら的にも“俺の嫁”はないと思いますが、要は誰が一番好きかという内容です。せっかくITmedia Gamezに設置されているのに、まだまだひよっこのヒビコレちゃんがかわいそう。だからヒビコレちゃんを応援しよう、という親心でこんな身内びいきな記事を掲載するに至ったわけです。完全に見失っていますが、いい機会ですので誌面とマンパワーを割いてみました。以後お見しりおきを。そしてヒビコレちゃんにポチっとお願いいたします。

 ちなみにこのアンケート、5月31日までしか収集しないそうです。その結果次第では、なにかあるかもしれません。しかし謎なのは、なぜこのアンケートが設置されているのかということです……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」