ニュース
» 2010年06月02日 19時42分 公開

日々是遊戯:「マリオ」に「ゼルダ」も! ファミコン世代感涙のゲームTシャツが渋谷パルコに集結

日本で唯一、任天堂のライセンスTシャツを扱う「THE KING OF GAMS」が、5月27日から6月6日にかけ、渋谷パルコにて初のTシャツ展を開催しています。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームTシャツブランドの決定版と言えば――

 5月27日から6月6日にかけ、渋谷パルコ Part1の6階において、ゲームTシャツブランド「THE KING OF GAMES」のTシャツ展が行われています。

渋谷パルコ Part1の一角に設けられた展示コーナー

 「THE KING OF GAMES」は、京都のデザインチーム「エディットモード」が2002年より展開しているブランドで、「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」といった任天堂作品のライセンスTシャツを日本で唯一扱っているTシャツブランドとしても知られています。今回のイベントは、同ブランドの誕生8(bit)周年を記念して開催されたもので、これまで発表された50種類以上の作品に加え、このイベント用に制作された新作や限定カラーTシャツなどを多数展示。これまで「THE KING OF GAMES」のTシャツは公式サイトでの通信販売が中心で、こうした形で商品を手にとって見ることができるのは今回がはじめてとのことです。

「京都のアパレルショップで働いていたころ、たまたま店を訪れてくれた任天堂の方が、『任天堂スペースワールド』のTシャツを着ていたんです。それがどうしても欲しくて、手に入らないのなら自分で企画を持ち込んで作ってしまおう――と思ったのがきっかけです」(エディットモード 江南匡晃氏)

 デザインについてはすべて任天堂の監修済み。Tシャツを買うと付いてくる化粧箱も、当時のファミコンソフトのパッケージをそのまま再現してあるなど、ファミコン世代なら思わずニヤリとしてしまうようなこだわりも。もちろんTシャツ自体の品質もお墨付きで、製作にあたってはすべて一人の職人がひとつひとつ手作業でプリントしているそうです。平均価格は5000円前後とTシャツにしてはやや高めですが、「高いのにはちゃんと理由があるんです」と江南氏。

「Tシャツはすべて日本製で、品質にもこだわって製作しています。写真では伝わらないようなプリントのこだわりなど、ぜひこの機会に手にとって見ていただければと思います」(江南氏)。

 営業時間は午前10時から午後9時までで、入場料は無料。会場でTシャツを購入すると特製の缶バッジがプレゼントされるほか、Twitterアカウント「@KOG_KYOTO」をフォローして来場すると、スーパーマリオの特製ステッカーがもらえるなどのキャンペーンも。見ているだけでも懐かしいファミコン時代の記憶が蘇ってくるような「THE KING OF GAMES」Tシャツ、この機会にぜひ間近で見てみてはいかがでしょうか。

イベント限定の「マリオナンバリング」Tシャツ
これまで発売されたTシャツ、その数60種類以上!
すでに販売終了となっていたTシャツも少量ながら販売中

ファミコンソフトのパッケージをそのまま再現した化粧箱
会場には宮本茂氏ら有名人の写真やサインも
ファミコンも展示されており、実際に遊ぶことができます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた