ニュース
» 2010年06月07日 21時10分 公開

「いっき」が名作に!? 話題の「いっき おんらいん」をひと足早く体験してきました日々是遊戯

第一報を聞いた時には、おそらく誰もが「何を考えてるんだサンソフト!」とツッコんだであろう「いっき おんらいん」。しかし、遊んでみたら意外に……。

[池谷勇人,ITmedia]

「いっき」なのに面白いってどういうことだ

 PlayStation Storeで2010年初夏に配信が予定されている、サンソフトのプレイステーション 3専用ソフト「いっき おんらいん」。そんな「いっき おんらいん」を先日、サンソフトにて体験してきました。

 あの「いっき」がオンライン配信専用タイトルとなって帰ってくる――というだけでも驚きですが、往年のファンとしてはやはり「最大12人によるオンライン対戦」という新要素が気になるところ。そもそもオリジナル版の「いっき」では、2人協力プレイこそあれ「対戦」はできませんでした。果たして「いっき」のオンライン対戦とは一体どういうものなのか? 今回はそのあたりに的を絞ってリポートしてみたいと思います。

なぜかゲイムマンも同席。「いっき おんらいん」と聞いて「ぜひ遊びたい!」と駆けつけたそう

 対戦モードでは、プレイヤーは農民軍と代官軍の二陣営に分かれて戦っていくことになります。対戦ルールは、マップ内に散らばった小判を集めていく「すたんだーど」、米俵を背負って自陣まで運ぶ「きゃぷちゃ・ざ・米俵」、代官のもとを目指してひたすら走る「じきそれぇす」、どちらかのチームが全滅するまで戦う「ですまっち」の4種類。それぞれ勝利条件やマップが異なりますが、キャラクターの操作方法やアイテムの効果など、基本的なシステムはオリジナルのままとなっています。

 ちょっとだけ変わっているのが攻撃方法で、「いっき おんらいん」では攻撃ボタンのほか右スティックでもカマを発射できるようになりました。攻撃ボタンの場合は自動で近くの敵に向けてカマを発射し、右スティックの場合はスティックを倒した方向にカマを飛ばすことが可能。慣れないうちはボタンの方が楽ですが、動いている敵には当てにくいといったオートならではの欠点もあり、手動で狙いをつけられる右スティックの方が有利な場面も。最初のうちは敵が近づいてくると必死になってボタンを連打してしまいがちですが、そこで落ち着いて正確に敵を狙えるようになれば立派な上級者でしょう。

 ルールやマップはルームの作成者が決める仕組みで、他の参加者はそのルールに従って遊ぶ形式。キャラクターはプレイヤーが決めることができ、初期状態では「権べ」と「田吾」(農民側)、「新米忍者」と「ベテラン忍者」(代官側)がそれぞれ使用可能です。権べはカマの連射がきく代わりに射程がやや短く、田吾はカマの射程が長いかわりに連射がききにくい――といった具合にそれぞれ若干の性能差があり、またゲームをやり込むことで他のキャラクターも使えるようになっていくとのことでした。

操作方法などは基本部分はオリジナル版とほぼ同じ

ルールなどはルーム作成者が決定。参加する側は、遊びたいルールの部屋を探しましょう

グラフィックは「ゴージャス」「クラシック」の2種類から選択可能

左から「権べ」「田吾」「新米忍者」「ベテラン忍者」

 個人的に面白いと思ったのが「捕虜」の要素。本作では敵にやられてもすぐ復活できますが、残機(初期状態では5機)がゼロになってしまうと「捕虜」となり、敵陣に捕えられ何もできなくなってしまいます。これを助けるには、誰かが危険を冒して敵陣まで攻め込み、捕まった捕虜にタッチするしかないのですが、当然敵もそれを阻止しようとするため、必然的に捕虜の周辺は大激戦区となります。全員が捕虜になってしまうと無条件で負けとなるため、危険を冒してでも捕虜は助けたいところ。もちろん助けようとして自分が捕虜になってしまうことも多いのですが、逆に敵の攻撃をかいくぐっって味方を一気に解放したときの気持ちよさは相当なもの。この「捕虜をめぐる攻防戦」が、ゲームの熱がかなり高まっていると感じました。なお残機数は、アイテムの巻物を取るか、試合の合間に挿入されるミニゲーム「おにぎり争奪」で増やすことが可能となっています。

捕虜になってしまった状態。おとなしく仲間の助けを待ちましょう
ラウンドの合間には、なつかしのボーナスステージ「おにぎり争奪」が!

 ルール・操作方法ともにシンプルで、誰でもすぐ対戦に熱中できる手軽さは嬉しいところ。かといって奥が浅いかと言えばそんなこともなく、右スティックによる射撃でビシッ! と敵を仕留めた時の爽快感、敵の目をぬすんでいかに捕虜を救出するか――といった戦略性など、意外にも(失礼!)ちゃんと対戦ゲームとして成立している印象。当時の雰囲気や手触りは残しながらも、しっかり遊べるバランスに仕上げてきたあたりは流石です。

 リメイク作品などを紹介する際、よく「懐かしいのに新しい」なんて言葉を使いますが、その表現がこれ以上ピタリとハマるゲームはないんじゃないでしょうか。「いっき」を知らなくてももちろん楽しめますが、個人的には当時「いっき」で遊び「なんだこのク○ゲー!」とコントローラを放り投げた世代にこそ遊んでいただきたい! きっと「あれ、『いっき』って実は面白いゲームだったんじゃないか!」と驚かれるハズです。

当時はこの「純和風」な世界観が衝撃でした。「ク○ゲー」と呼ばれることも多かったですが、この徹底した「世界観」表現は評価すべきだと思います

(C)1985,2010 SUNSOFT ALL RIGHT RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」