ニュース
» 2010年06月16日 16時01分 公開

定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」ってどういうもの?

PlayStation Network向け定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」が、2010年6月29日より全世界同時に提供開始される。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation Networkのコンテンツとして、加入者限定のサービスや機能が楽しめる定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」を6月29日より日本・アジア・北米・欧州の各地域で新たに開始する。


 「PlayStation Plus」は、PlayStation Networkアカウントを持つユーザーが、プレイステーション 3経由でPlayStation Storeにアクセスし、利用権を購入することで、ゲームを試遊したり、ディスカウント価格でコンテンツを購入することができるサービス。ユーザーは、有効期間が異なる複数の利用権(30日間:500円/365日間:5000円)の中から、好みの期間を選んで楽しむことができる。

  • 「ゲームトライアル」:毎月変わる特定のPS3ダウンロードタイトルおよびゲームアーカイブスを、無料で一定期間楽しめる。期間が過ぎた後でも、PlayStation Storeからゲームを購入のうえ、それまでに作成したセーブデータ等を継続して利用できる。
  • 「フリープレイ」:毎月変わる特定のPS3ダウンロードタイトルおよびゲームアーカイブスを、無料で入手できる。PlayStation Plusを利用の期間内は回数や時間の制限無く楽しめる
  • 「スペシャル」:加入者向けに提供される「アバター」ならびに「カスタムテーマ」を無料で入手することができる
  • 「ディスカウント」:PS3およびPSP向けゲームコンテンツの中から、毎月変わる特定のコンテンツを特別価格で購入できる
  • 「先行体験」:新作ゲームや体験版、ビデオコンテンツを、一般配信日よりも早くダウンロードし楽しめる。また、特定のオンラインゲームのβテストに優先的に参加できる
  • 「自動ダウンロード」:ゲームおよびPS3システムソフトウェアのアップデートデータなどを、自動的にダウンロード/インストールすることが可能。指定した時間帯にPS3が起動し、ダウンロード完了後、自動的に電源が切れる
※利用権は、PS3からPlayStation Storeにアクセスすることで購入可能。PlayStation Plusのサービスを受けるには、6月29日に配信を予定しているPS3システムソフトウェアバージョン3.40が必要となる。
サービス名称 PlayStation Plus (プレイステーション プラス)
対象 18歳以上であれば、サブアカウントをお持ちの方でもご利用可能です。
一部コンテンツはPSPで利用可能。
本サービスをご利用になるにはPlayStation Networkアカウントの取得が必要です。
価格 30日間(24時間×30)/利用権 500円(税込)
365日間(24時間×365)利用権 5.000円(税込)
購入方法 PS3のPlayStation Storeで利用権を購入
※PlayStation Plusの利用権はPS3のPlayStation Storeでのみ購入可能です。PSP/Media Goからは購入できません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する