ニュース
» 2010年06月17日 17時55分 公開

一時は10万円以上の値も――「ゲームの父」と言われた故・横井軍平氏の名著が13年ぶりに復刻へ日々是遊戯

ゲームファンの間では幻の名著と呼ばれた「横井軍平ゲーム館」がこのたび13年ぶりに復刻されるとのこと。オリジナルは一時10万円以上で取引されていたほどの「激レア」本ですが……。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームファン必読の「激レア」本です

表紙のデザインはファミコンカラーをイメージしたものに

 ファミリーコンピュータやゲームボーイなど数多くのヒット商品を送り出し、「ゲームの父」とも呼ばれた故・横井軍平氏。そんな横井氏の金言が収められた、ゲームファン必読の名著「横井軍平ゲーム館」が、このたび13年ぶりに復刻されることが決定しました。

 復刻版となる「横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力」では、オリジナルの内容に加えて共著者である牧野武文氏による序文やブルボン小林氏の解説、編集部による注釈などを新たに追加。また年表や図版類などもリニューアルされており、現在の業界概況に照らし合わせながら横井氏の仕事を読み解いていくことが可能となっているそう。「ウルトラハンド」や「ファミリーコンピュータ」「ゲームボーイ」といったヒット商品はいかにして生まれたのか、「枯れた技術の水平思考」に代表される、横井氏の仕事術・発想術とはどういったものなのか――。いずれもゲームファンにとっては必読の内容と言えるでしょう。

 そもそも「横井軍平ゲーム館」は発行部数が非常に少なく、中古市場では一時10万円以上の値が付いていたことでも有名。今でもAmazonマーケットプレースでは3万円近い価格で出品されており、その「激レア」ぶりをうかがうことができます。今まで「欲しかったけど買えなかった!」という人にとっては、まさに待望の復刊と言えそうです。

「横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力」は、6月25日にフィルムアート社より発売予定。価格は2100円となっています。

復刊が決まった今でも、原本は3万円近い価格で出品されています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」