ニュース
» 2010年06月29日 20時30分 公開

1日2時間「マリオカートDS」で遊んだ少年、1週間で弱視が250%改善へ日々是遊戯

ゲームは目に悪い――そんな風に思っていませんか? ゲームで弱視が改善されたという報告がイギリスより寄せられています。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームで視力回復!?

こんなトレーニングなら毎日楽しく続けられそうです

 1日2時間「マリオカートDS」で遊んだ結果、弱視が250%改善された――そんな驚くべき報告がイギリスより寄せられています。

 イギリスに住む6歳のベン・マイケルズ少年は、4歳の頃から片目にひどい弱視を患っており、右目がほとんど見えない状態だったそう。そんな彼が専門医から指示された治療とは、「見えている方の目をアイパッチでふさぎ、1日2時間、ニンテンドーDSの『マリオカートDS』で遊ぶこと」。“ゲーム=目に悪い”と教えられて育った筆者のような世代からするとちょっと意外ですが、指示どおり毎日2時間「マリオカートDS」で遊んだ結果、ベン少年の右目は1週間で250%もの視力回復を達成したそうです。

 医師によれば、幼少期の弱視は反復的な眼球運動によりある程度改善できるそうで、ゲーム画面に集中することは眼球の運動を促す上で非常に効果的であるとのこと。必ずしもすべてのケースで有効というわけではないようですが、少なくともベン少年にとってはぴったりのトレーニングだったようですね。

 ちなみに筆者も遠視持ちで、子供の頃はアイパッチで片目をふさぐトレーニングをよくやらされていました。筆者の場合はアイパッチが大嫌いでしょっちゅう逃げ回っていたのですが、ベン少年のようにDSを使ったトレーニングだったらもう少し素直に従っていたかも……。調べてみると、現在ではアイパッチ中に携帯ゲーム機などで遊ばせる治療は日本でも普通に行われている模様。確かに、これなら子供も嫌がらず治療を続ける気になるかもしれません。

 なお、巷でよく言われている「ゲームばかり遊んでいると目が悪くなる」についてですが、これは医学的にはまったく根拠はないとのこと。特に発達期の場合は、メガネでしっかりと矯正していればむしろ目の訓練になるという声もあり、一概に“ゲーム=目に悪い”とは言えなくなっているようです。

「マリオカートDS」以外でも効果はあるのか気になるところです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」