ニュース
» 2010年06月29日 20時30分 公開

1日2時間「マリオカートDS」で遊んだ少年、1週間で弱視が250%改善へ日々是遊戯

ゲームは目に悪い――そんな風に思っていませんか? ゲームで弱視が改善されたという報告がイギリスより寄せられています。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームで視力回復!?

こんなトレーニングなら毎日楽しく続けられそうです

 1日2時間「マリオカートDS」で遊んだ結果、弱視が250%改善された――そんな驚くべき報告がイギリスより寄せられています。

 イギリスに住む6歳のベン・マイケルズ少年は、4歳の頃から片目にひどい弱視を患っており、右目がほとんど見えない状態だったそう。そんな彼が専門医から指示された治療とは、「見えている方の目をアイパッチでふさぎ、1日2時間、ニンテンドーDSの『マリオカートDS』で遊ぶこと」。“ゲーム=目に悪い”と教えられて育った筆者のような世代からするとちょっと意外ですが、指示どおり毎日2時間「マリオカートDS」で遊んだ結果、ベン少年の右目は1週間で250%もの視力回復を達成したそうです。

 医師によれば、幼少期の弱視は反復的な眼球運動によりある程度改善できるそうで、ゲーム画面に集中することは眼球の運動を促す上で非常に効果的であるとのこと。必ずしもすべてのケースで有効というわけではないようですが、少なくともベン少年にとってはぴったりのトレーニングだったようですね。

 ちなみに筆者も遠視持ちで、子供の頃はアイパッチで片目をふさぐトレーニングをよくやらされていました。筆者の場合はアイパッチが大嫌いでしょっちゅう逃げ回っていたのですが、ベン少年のようにDSを使ったトレーニングだったらもう少し素直に従っていたかも……。調べてみると、現在ではアイパッチ中に携帯ゲーム機などで遊ばせる治療は日本でも普通に行われている模様。確かに、これなら子供も嫌がらず治療を続ける気になるかもしれません。

 なお、巷でよく言われている「ゲームばかり遊んでいると目が悪くなる」についてですが、これは医学的にはまったく根拠はないとのこと。特に発達期の場合は、メガネでしっかりと矯正していればむしろ目の訓練になるという声もあり、一概に“ゲーム=目に悪い”とは言えなくなっているようです。

「マリオカートDS」以外でも効果はあるのか気になるところです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響