愛されて9周年! 音楽で綴る「The World」の世界「.hack//LIVE劇奏」リポート in ゆうぽうとホール(1/2 ページ)

» 2010年07月05日 19時39分 公開
[OH編集部,ITmedia]
OH News

 架空のネットワークゲーム「The World」を軸とし、様々なメディアで物語が紡がれる人気シリーズ「.hack(ドット ハック)」。2002年TVアニメ「.hack//SIGN」の放送以降、断続的にアニメ&ゲームを中心に新作が発表され続け、今年で9年目に突入した。

 10周年を目前に控えた今年、シリーズ最終章の幕開けとなるPSP用ゲームソフト「.hack//Link」が発売されたということもあり、本作への注目度は増すばかりである。

 「.hack」シリーズの魅力といえば、個性的なキャラ。現実とバーチャルがリンクする壮大な世界観。そして、梶浦由記を中心とするミュージシャンたちの奏でる音楽が挙げられる。そんな楽曲をまとめて、しかも生で堪能できてしまうメモリアルなライブ「.hack//LIVE劇奏」が5月9日、ゆうぽうとホールにて開催された。


人気キャラクターが夢の競演! 感動のライブドラマ

 イベントのオープニングを飾ったのは、LieN。スクリーンに投影されたゲーム最新作「.hack//Link」のOPムービー映像をバックに、ボーカル・三谷朋世が同タイトル主題歌「時の階段」をのびやかに歌い上げた。

 リアルとゲームの世界がシンクロし、融合していく。「.hack」シリーズならではの演出に観客もいきなり総立ちだ。ピアノ・作曲担当の福田考代曰く「バトルをイメージした曲」というこの主題歌は、勇壮なロックと優雅なストリングスが織りなすアップテンポなナンバーだ。今日のオープニングを飾るにふさわしい一曲だといえる。


 「またね」と一旦バンドは退場し、次いで浅野真澄が司会として登場する。シリーズ開始前から「.hack」情報ラジオ番組「RadioB」ではMCを務め、本編でも人気キャラ・ブラックローズを演じるなど、ある種「.hack」シリーズの顔ともいえる彼女の登場で、観客も大喝さい。

「すごーい! いっぱいいる!」

 と感激した様子だ。当時から「暴走トーク」で評価されていた浅野のフリーダムなトークは、この日も絶好調。会場は大爆笑に包まれ、「そうだ、これこそ『.hack』だ!」と、初期からのファンなら涙モノのオープニング・コーナーとなった。


 引き続き歴代主人公キャラを演じたキャスト陣によるライブドラマ「.hack//after2012」、「.hack//Long horn」がスタート。記念すべきアニメ第1作「.hack//SIGN」の主人公・司役の斉賀みつき、そしてゲーム第1作「.hack」の主人公・カイト役の相田さやか、アニメ「hack//Roots」、ゲーム「.hack//G.U.」の主人公・ハセヲ役の櫻井孝宏、そして最新作「.hack//Link」より主人公・トキオ役の三瓶由布子、彩花役の小清水亜美、フリューゲル役の杉田智和。さらにゲーム「.hack」のブラックローズ役、ゲーム「.hack//G.U.」の揺光の二役を演じる浅野真澄による、夢のクロスオーバー・ドラマが繰り広げられた。



 また、ライブドラマ出演者によるトークコーナーでは、企画スタート時、最初のオーディション会場で斉賀と相田が同席していたというエピソードや、最新作「.hack//Link」でシリーズ初参加となる杉田智和は、「プロになりたての頃に、アニメを見ていた」と当時を懐かしみながらコメントするなど、ファンには嬉しい秘蔵トークが各キャストから飛び出した。


冴え渡るライブ&トーク! これぞ「.hack」!

 後半戦のトップを飾るのは、オープニング・アクトも務めたLieNだ。ゲーム「.hack//G.U. Vol.1 再誕」テーマ曲「やさしい両手」、ゲーム「.hack//G.U. Vol.3 歩くような速さで」テーマ曲「優しくキミは微笑んでいた」という、シリーズ第2期を象徴する2曲を披露。福田考代の繊細なピアノの旋律も美しいバラード・ナンバーにオーディエンスもじっと耳を傾けた。

 比較的寡作なユニットの2人だが、MCでは「今後も、新たな作品を通して聴いていただけたらと思います」とボーカル・三谷朋世がコメント。「.hack」シリーズの発展と同時に、LieNのさらなる活動にも期待が膨らむところだ。


 LieNのステージの後は、浅野真澄、バンダイナムコゲームスの内山大輔プロデューサー、開発元サイバーコネクトツーの松山洋社長によるトークコーナー。2002年から2003年の間に放送された「.hack//Radio」リスナーにはお馴染みの面々が繰り広げるトークは、やっぱり脱線気味。

 「.hack」の話題はそこそこに、なぜか松山社長の息子さんの話題で盛り上がる一同。年季の入った爆笑トークは、もはや伝統芸能の趣すら感じられる。これはこれで「.hack」らしくて、ファン的には無問題だと思われるのだが、やはりちょっぴり物足りない。

 ということで、新作アニメのプロモーション映像も上映された。正式発表はまた後日行われるそうだが、松山社長曰く「『.hack//Link』の後の時代の物語」との事。もっとも未来の「.hack」ワールドも、そう遠くない未来にお目見えするものと思われる。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」