ニュース
» 2010年07月06日 18時10分 公開

「ModNation 無限のカート王国」で「マリオカート」のコースを再現!?日々是遊戯

今年のE3でも注目を集めた、ソニー・コンピュータエンタテインメントのレースアクションゲーム「ModNation 無限のカート王国」。自由度の高いコースエディット機能が特徴の本作ですが――。

[池谷勇人,ITmedia]

可能性は無限大!

 プレイヤーが自由にコースを作って公開することができる、PS3/PSP用レースアクションゲーム「ModNation 無限のカート王国」。日本では7月29日にソニー・コンピュータエンタテインメントより発売予定となっている本作ですが、ひと足先にリリースされている海外では、すでに多くのコースやキャラクターがユーザーによって作られているようです。

 そんな中、一部で盛り上がっているのが「他のレースゲームのコースを勝手に再現」するというもの。以下の動画はβテストが開始されてまもなく投稿されたものですが、「マリオカートWii」に収録されているコース「ピーチビーチ」をそのまま再現してしまっています。

 もちろん使えるパーツには限りがあるため、さすがにグラフィックまでソックリ……とはいかなかったようですが、アイテムボックスの位置なども含め、コースレイアウトは確かに「ピーチビーチ」そのまま。ご丁寧にキャラクターもマリオっぽく作られていて、知らない人が見れば一瞬ホンモノと見間違えそうな出来映えとなっています。これまでにもコースエディットが可能なレースゲームはいくつかありましたが、ここまで細かくエディットできるのは本作が初めてでしょう。

 ほかにもYouTubeなどで検索してみると、上記以外にも様々なレースゲームのコースがすでに作られている模様。以下はほんの一例ですが、「マリオカート」シリーズをはじめ「デイトナUSA」や「アウトラン2SP」などのコースも公開されているようで、思わずニヤリとさせられます。こうして作られたコースは、同社の「リトルビッグプラネット」と同じように、ネットワークを通じて誰でも簡単にダウンロードすることが可能。もちろん日本でも発売されれば、これらのコースで実際に遊ぶことができます。

  • ヨッシーサーキット(マリオカート ダブルダッシュ!!)
  • スリーセブンスピードウェイ(デイトナUSA)
  • Sunny Beach(アウトラン2SP)

 その奥深いカスタマイズ要素から、レースゲーム版「リトルビッグプラネット」とも呼ばれている本作ですが、こうして見るとかなり細かい部分まで自由にプレイヤーが踏み込んでデザインできることがうかがえますね。日本での発売はもう少しだけ先になりますが、発売後はぜひ多くの「職人」の登場に期待したいところです。

コースだけでなく、カートやキャラクターも自由にエディットすることが可能。こちらは海外のユーザーが作成した、他のゲームキャラクターたちですが、それぞれ誰がモデルか分かりますか?

(C)2010 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声