ニュース
» 2010年07月08日 13時35分 公開

大人に必要なのは推理力!?――「TRICK×LOGIC」推理力検定ナゾトキ模擬試験に挑戦してみました

元小学校の教室に大人が集まり、小さな机にしがみついて推理力で勝負してみました。発足したばかりの「よしもとミステリ研究会」も乱入?

[ITmedia]
元小学校が試験会場に

 思い起こせば6月8日、池袋にある「みらい館 大明」(元大明小学校)で推理力検定ナゾトキ模擬試験なるものが開催されたのだった……。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントが7月22日に発売を予定しているPSP専用ヒラメキ発ミステリ・ノベル「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」シーズン1の発売に先駆けて、人気ミステリ作家7人が手がけたこのタイトルの先行体感をするべく集まったメディア陣は、元小学校の教室に備え付けられている小さな机に座らされていた。どうやら、普段ゲームソフトを紹介・評価するその目利きを見込んで、メディア陣にナゾトキ模擬試験を受験してもらおうと企画された、とても迷惑な企画とのこと。この試験の結果は、推理の評価、得点とともに「トリロジ偏差値」を算出した後、公式サイトで受験者のプロフィールと合わせて公開(さらしもの)されるとか。ひとつ勘違いしていないか? 推理力と普段の仕事は別の話である。


 「TRICK×LOGIC」は、ミステリ作家入魂の書きおろし小説10篇が収録されており、各事件のトリックを見破る鍵をその小説の中から正しく導き出し、“犯人”と“犯人が用いた犯行のトリック”をピタリ当てる、というのが本作の趣旨。文章の中から気になる「キーワード」を拾いあげ、それを組み合わせながら、ナゾを解くためのロジックを積み上げていく。ナゾはナゾを呼び、ひとつの「ヒラメキ」を生み出し、犯行を浮かび上がらせていく。プレイヤーはキーワードからナゾを浮かび上がらせ、そのナゾとヒラメキを組み合わせて、真実を導き出す。


まず小説を最初から読む(一読目)。二読目に気になるキーワードが表示されている

キーワードを組み合わせていくことで、ナゾが生まれる

さらにナゾにキーワードを組み合わせることでヒラメキを生む。ヒラメキは真実を指し示す道しるべとなる

あとは調書に沿って真相を暴くだけだ。その結果は正答率とランクで表示される

机の上にはPSPと解答用紙が……。引きつってきました

 なお、本体験会は、ミステリ作家が仕掛けた難解な事件を解くべく、東京大学を始めとしたヒラメキ自慢のいわゆる高学歴大学の現役学生を始め、ミステリ研究会メンバー、ミスキャンパスや、体育会系学生など、頭脳・考察力・美貌・体力・瞬発力など様々な能力に自信のある面々が参加する模試形式のエキシビジョンイベントとのこと。事件ファイルの著者である作家陣(我孫子武丸氏、綾辻行人氏、竹本健治氏)が見守る中、数値のみでなく、「右利きor左利き」「朝型or夜型」「恋人がいるorいない」など、ちょっと変わったアプローチで、人間の“ナゾトキ力”、“ヒラメキ力”を検証するのを目的としている。なるほど、我々メディアはついでに検証に参加するらしい。それでもさらされるのは恥ずかしいし、ちょっとは自慢もしたい! そんなわけで気合いを入れて体験会に挑むことにした。

左から我孫子武丸氏、綾辻行人氏、竹本健治氏

 今回の体験会に立ち会うことになった我孫子武丸氏、綾辻行人氏、竹本健治氏は、それぞれ口をそろえて自信作になったとアピール。ただ、難易度の調整には苦労したのだとか。

 なお、本作発売をキッカケに「よしもとミステリ研究会」が発足し、その活動の手始めに南海キャンディーズの山ちゃん、チーモンチョーチュウの白井鉄也さん、菊地浩輔さんが模擬試験に乗り込んできた。どうやら、「シーズン1」発売翌週から毎週開催される「ミステリ作家からの挑戦状!推理バトル」に毎回、「よしもとミス研」所属のよしもと芸人が参加するとのこと。またライバルが増えた。



 模擬試験はきっちり90分。結果から言うと散々なものだった。模擬試験は、収録されている事件ファイルNo.1のみを解くというものだったが、操作やシステムの理解に時間を要したというのも理由にならないほど、ヒラメキは不発に。犯行の方法はなんとか導きだしたものの、肝心の真犯人を結び付ける証拠をあぶり出すことができずに終わってしまった。そのため、回答率は60%と、90分前の気合いが見事空回りする結果となってしまった。あとは、周囲の参加者がみんな残念な結果になることを祈るばかりだったが、5〜6人は100%謎を解いた様子。安孫子氏もこれくらいの正答率がちょうどいいとのこと。初級編でこれでは今後が心配になるが、ヒラメキはその人それぞれで、初級編で答えることができなかった人でも、上級編をなんなく導きだす人もいるとのことで、絶妙な内容になっているようだ。

この時の正答数や統計は公式サイトで確認できる

 同時に模擬試験に挑戦した「よしもとミス研」の3人だが、なんとチーモンチョーチュウの菊地さんが見事クリアしたとのこと(しかも最高位のSランク!)。白井さんは「問題は解けなかったけど、脳味噌が溶けた」と疲労困憊といった様子だった。

 なお、7月22日発売の「シーズン1」には、事件ファイルNo.1〜No.4の<推理編><解決編>が収録されているが、ボーナスとして、事件ファイルNo.5(推理編のみ)も収録されている(UMD版・ダウンロード版とも)。No.5の<解決編>は、翌週7月29日(木)にPlayStation Store上にて無料で入手できるようになる。

 会場ではシーズン1発売翌週から、毎週木曜日に続編を1話づつダウンロード販売されることもアナウンスされた。各400円(税込)にてダウンロード販売を行なっていく「TRICK×LOGIC」は、ストーリーの根幹をなす主人公の芳川樹を誰が、どういう理由で陥れたのかが少しずつ分かっていく仕様になっているため、できるだけ順番に解くことをお勧めする。


 7月22日(木)の「シーズン1」発売をキッカケに、事件ファイルNo.5以降、毎週配信される話数を対象に全国から推理予想を募集し、競い合う「ミステリ作家からの挑戦状!推理バトル」キャンペーンが実施されることになった。各話数の犯人およびトリックを、指定期間以内に見事解き明かした方の中から抽選で、該当話数を書いた作家よりステキな賞品が贈られる(キャンペーン対象話数:No.5〜10 ※No.5は、「シーズン1」購入者対象。No.6〜10は、各話数をダウンロード購入した方のみ応募可能)。

  • PSP「プレイステーション・ポータブル」専用ソフト「TRICK×LOGIC」(トリックロジック)Season1:7月22日発売予定/UMD版:2980円(税込)、ダウンロード版:2380円(税込)
  • PSP「プレイステーション・ポータブル」専用ソフト「TRICK×LOGIC」(トリックロジック)Season2:9月16日発売予定/UMD版:2980円(税込)
  • PSP「プレイステーション・ポータブル」専用ソフト「TRICK×LOGIC」(トリックロジック)事件ファイルNo.6〜No.10:7月29日〜毎週木曜、1話ずつ発売予定/各400円(税込)  
※「Season2」のダウンロード版の販売はありません。  

(C)Sony Computer Entertainment Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」