連載
» 2010年07月12日 10時00分 公開

ファミコン初期のナイスボート「ミシシッピー殺人事件」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第87回は「ミシシッピー殺人事件」(ジャレコ)。ファミコンで2番めに古いアドベンチャーゲームですが、何しろ難解なことと、理不尽なゲームオーバーで有名でした。

[ゲイムマン,ITmedia]

アメリカ縦断ウルトラ大河

デルタ・プリンセス号に似ている外輪船のミシガン号

 (オープニングで表示される文章)セントルイスを出て、広大なるミシシッピー川を下り、ニューオリンズへと向かう外輪船デルタ・プリンセス号。その一等船室では、探偵チャールズが、助手のワトソンを連れて乗り込んでいます。

 さわやかな6月のある日、暖かい風が旗をはためかせています。エンジンはドンドンと音を立てて、人々を元気付けているかのようです。

 リバーボートは孤立した世界だったが、すべてが心地良かった。こんな素晴らしい日に、誰が殺人などという恐ろしい出来事を考えられただろうか。

 チャールズが船室に着いたときには、まさか自分がこのリバーボートで起きた殺人を解決しなければいけなくなるとは、思いもよりませんでした。

 ――この文章、こうやって漢字かな混じり文に直せばまだしも、ゲーム画面にオールひらがな・カタカナで表示されると、長くて読みにくい。ゲームを始めてからも長い文章が頻繁に出てくる。

 「ミシシッピー殺人事件」が発売されたのは1986年。当時のファミコンソフトはROMに入れられるデータの量が少なく、前年に発売されたファミコン初のアドベンチャーゲーム「ポートピア連続殺人事件」(エニックス)では、カタカナが全部入り切らなかったほど。「ミシシッピー殺人事件」のROM容量はもっと大きかったようだが、それでも漢字かな混じり文の表示など望むべくもない。

 さらに「ミシシッピー殺人事件」は、もともとアクティビジョン社がPCで発売していたゲームを、翻訳してファミコンに移植したもの。元ネタがあったから、訳す際に、はしょるわけにもいかなかっただろう。

 ただし、物語がすべて船の中で完結するので、グラフィックデータは割と少なくて済む。ジャレコが海外作品の中からこのゲームを選んだのは、そういう理由もあったのかもしれない。

 「ミシシッピー殺人事件」は、ファミコンで「ポートピア連続殺人事件」に次いで、2番めに発売されたアドベンチャーゲームだ(「ゼルダの伝説」がアドベンチャーゲームに分類されることもあるが、ここでは除く)。「ポートピア」から1年近くアドベンチャーゲームが出なかったわけだが、それだけファミコンでこのタイプのゲームを作るのは難しかったのだろう。

 もっとも1986年といえば、「ディスクシステム」が登場した年。ディスクカードはROMカセットの3倍、約1メガビットの容量を持つ。一方で1メガビットを超える大容量ROMカセットも登場し、そのためか同年末頃から、数多くのアドベンチャーゲームが現れることになる(デッドゾーン、水晶の龍、たけしの挑戦状、etc.)。

オープニングの文章が長くて、目がちかちかする
文章量が多いせいか、ちょっと誤植も多い(「てのどかない」に注目)

トラップばっか物語

チャールズを操作して船内を探索する。ワトソンは後からついてくる

 「ミシシッピー殺人事件」の主人公は、チャールズ・フォックスワース卿という著名な探偵。助手のワトソンと行動をともにする。ちなみにアクティビジョンのPC版では、助手はワトソンではなく、リージスという名前だった。

 助手がワトソンだから探偵はシャーロック・ホームズだと思い込むプレイヤーは少なくなかったようだ。わたしが持っている、ゲーム解説本にも、「調べたいものにホームズの体をくっつけて」と書いてあるものがある。

 「ポートピア」と大きく異なるのは、主人公を十字キーで動かして、フィールドの中を移動させるというシステムだ。「キングスクエスト」(シエラオンライン)以来、アメリカ製アドベンチャーゲームに多くみられるタイプで、例えばやはりジャレコがファミコンに移植した「マニアックマンション」もこのタイプ。

 日本でも似たシステムのゲームは登場したが(1月に当連載で取り上げた「えりかとさとるの夢冒険」など)、RPGの影響からかトップビュー(見下ろし型)が多い。それに対し、アメリカのものはサイドビューが多い。

 さて、チャールズとワトソンのいる3号室からゲームスタート。2人はほかのお客さんにあいさつしようと部屋を出た。

 廊下に沿って、奇数番号の扉が並んでいる。どこから調べてもいいが、まず隣の1号室に入ってみると……

 部屋の中にある落とし穴に、チャールズが落ちて死亡。

 ここで新たな主人公が現れて、チャールズを殺した犯人を捜し出す、というヒッチコック的な展開だったら、それはそれでおもしろかっただろうが、そうなることなくこのままゲームオーバー。コンティニューはなく、途中でセーブもできないため、最初からやり直しとなってしまう。

 デルタ・プリンセス号には、ほかにも落とし穴の仕掛けられた客室が1つ、さらに、入った途端にナイフが飛んでくる客室が1つある。どれも引っかかるとチャールズは即死、即ゲームオーバー。どんな客船なんだ。そしてどんなゲームなんだ。

多くのプレイヤーをあぜんとさせた、1号室の落とし穴。チャールズはゆっくり落ちていく
チャールズ目がけてまっすぐ飛んでくるナイフ。あれ、このゲームって推理ものだよなあ……
チャールズが倒されると、ワトソンがすっごく嘆き悲しむ。でも結局最初からやり直し

 いや、もしかしたら、意外とこういう外輪船には、そこらじゅうに落とし穴があったり、ドアを開けたらナイフが飛んでくる仕掛けがあったりするのかもしれない。実際に外輪船に乗って、調べてみることにした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」