連載
» 2010年07月12日 10時00分 公開

ファミコン初期のナイスボート「ミシシッピー殺人事件」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

ミシシッピーっぽいところ周航の歌

路面電車は本来、全長30メートル以下という決まりがあるが、京津線は特例として、長い編成の運行が認められている

 京都市営地下鉄東西線の駅のホームは、真新しいホームドアで仕切られ、都会然としている。でも乗り入れ先の京津(けいしん)線に入り、終点・浜大津駅近くの市街地まで来ると、同じ電車が走るとは思えない路面区間になる。地下鉄に乗り入れるような4両編成の電車が、交差点の赤信号で止まる。

 浜大津駅のすぐそばに、琵琶湖があり、大津港があった。今回わたしがここに来たのは、大津港から外輪船ミシガン号に乗るためだ。

 ミシガン号は、「ミシシッピー殺人事件」のデルタ・プリンセス号同様、船尾についた円筒形のパドルを回して進む外輪船。1982年就航だから、ファミコン本体よりも古いのだが、乗ってみると古さを感じない。地上は蒸し暑かったが、湖の上に出ると風が吹いて涼しくなった。

 デルタ・プリンセスと異なるのは、個室がなく、1・2階が予約制のダイニングになっている点だ。屋上にブリッジがあり、船長がいるのは一緒。しかし舵をとっているので、ここから離れるのは難しいと思う。

 予約なしでも3階デッキで軽い食事はとれるし、ステージでのショーも見られる。楽しい90分のクルーズだった。……でも1つ残念だったのは、船内のどこにも落とし穴がなく、ナイフも飛んでこなかったことだ。

ミシガン号は全長59メートル。真横から見ると「ミシシッピー殺人事件」のタイトル画面みたいだ
デッキの最後部から、回転して水をかき出すパドルを見ることが可能
ミシガンクルーズは琵琶湖の南端を回る。これだけ広い湖面が、琵琶湖の南端の一部分でしかないことに驚く

 ちなみにミシシッピー川には、「デルタ・クイーン」という名前の外輪船が実在する。名前からして、この船がデルタ・プリンセスのモデルかもしれない。1927年製だが、ごく最近までミシシッピー川クルーズの観光船として活躍していたらしい。とはいえ、下の階まで貫通するような穴が、客室の床に開くことはやっぱりなかったようだ。

大事なことだけど2回言いません

 実は「ミシシッピー殺人事件」で、ワナが仕掛けられている3部屋のうち2部屋には、重要なアイテムが隠されている。十字キーの下を押してワナを避け、室内の調度品を調べれば見つかる。

 無人の客室で、アイテムがあるのはこの2部屋だけ。ちなみにこれらのワナは、犯人が仕掛けたものではない。むしろよく犯人が引っかからなかったもんだと思う。

 ところでまだ、肝心の殺人事件が発覚していないのだった。この時点では、チャールズはほかの乗客やクルーに会ってあいさつすることしかできない。4号室に入り、チャールズが死体を見つけて、ようやく事件の捜査が、というかようやくストーリーが始まる。

死体の頭付近に血のあとが点々とついている。小さなブラウン管テレビで見ると、床の赤紫と混ざって、どうにか血痕に見えるかも
船内にいる人を連れて歩くことができる。ただ、用が済んでも、ほかの人の部屋に入るまで延々とついてくる

 まず被害者の身元を確認しよう。船長を呼んでくるのが確実だろう。このゲームには、船内の人々に「ついてきてもらえないか」とお願いするコマンドがあるが、このコマンドはここでしか使わない。

 被害者はブラウンという名で、デルタ・プリンセス号の共同経営者の1人だった。ここからの捜査は、乗客やクルーへの聞き込みが中心となる。チャールズは著名な探偵という設定なので、事件が起こったことを知らせれば、乗客もクルーも捜査に協力してくれる。被害者や他の人物について証言してくれるし、部屋の捜索もOKしてくれる。

 ただし彼らの証言も、普通のアドベンチャーゲームのつもりで聞くと面食らう。同じことを2度尋ねると、「もういいました」と言われてしまうのだ。

 このゲームでは、証言をメモして、それをほかの人に見せることができる。そうすることでフラグが立って、話が先へ進む場合があるのだが、「もういいました」状態になると、当然メモも取れなくなる。必要な証言をメモっていなければ、もうどうやってもゲームクリア不可能となり、最初からやり直すしかなくなってしまう。

 じゃあ全部の証言をメモすればいいかというと、そうもいかない。1人の証言者について、メモは3つまでしかできないからだ。重要そうな証言を選んでメモして、その内容に関係する人にそのメモを見せる、試行錯誤の繰り返し。

 特に、判事のカーターが、船員のヘンリーについて語った証言は、一見ただの悪口でしかない。これをメモしてヘンリーに見せることが、事件解決の糸口になると考えたプレイヤーは少なかっただろう。

この「もういいました」には泣かされた。被害者のことを聞いたときだけ「もうはなしましたよ」に変わる
ヘンリーのことを「人間のクズ」とまで言ってしまうカーター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」