ニュース
» 2010年07月15日 20時53分 公開

総工費1億5000万円! 富士急ハイランドの「実物大エヴァ」を間近で見てきました日々是遊戯

富士急ハイランドで7月23日よりオープンする「EVANGELION:WORLD -実物大初号機建造計画-」。その最大の目玉である「1/1リアル・エヴァ」の内覧会に参加してきました!

[池谷勇人,ITmedia]

「デカい」以外に言葉が見つかりません……

 昨年の「等身大ガンダム」に続いて、今年の夏は「等身大エヴァンゲリオン」が注目を集めそうです。

 7月23日より、富士急ハイランドにオープンする新パビリオン「EVANGELION:WORLD -実物大初号機建造計画-」。そのメディア向け内覧会が15日、関係者を招いて行われました。

 中でも同バビリオンの目玉とされているのが、タイトルにもある「実物大初号機建造計画」。文字通り、劇中で主人公・碇シンジが搭乗することになる汎用ヒト型決戦兵器「エヴァンゲリオン初号機」を実物そのままのサイズで再現したもので、総工費はなんと1億5000万円(パビリオン全体)にも及ぶとのこと。はたして実物大の「エヴァ初号機」とはどれくらいのサイズなのか、以下、写真でご覧ください。

デ、デ、デカッ! それ以外の感想が思い浮かばないほどのデカさ

顔だけでもざっと4階建てのビルくらいの高さがあります

正面から見たところ。デカすぎてフレームに収まりきらない

 パビリオン内はウォークスルー型の企画展のようになっていて、「実物大初号機」が展示されているのはその終盤。展示コーナーそのものが、エヴァ初号機が普段格納されている「第七ケイジ(格納庫)」を再現した作りとなっていて、まるで自分がネルフ本部に足を踏み入れたかのような臨場感を味わうことができます。ちなみに初号機のサイズは、高さ約9メートル、幅約16メートルにも及ぶそう。

 残念ながら劇中の第七ケイジ同様、エヴァの胸から下の部分は赤い液体に浸かっていて見ることはできず、実物大と言っても実質は「胸から上だけ」の状態ですが、それでもこの迫力は相当なもの。お台場のガンダムのように「下から見上げる」のではなく、「顔と同じ高さ」で見られる分、威圧感についてはさらに増しているようにも感じました。

 展示中のケイジでは、エヴァ初号機の起動実験が今まさに行われているという設定で、劇中のBGMに合わせて照明がオレンジや赤に変化したり、初号機の口から煙が噴き出したりといったギミックも。細部まで作りこまれた初号機のリアルさも手伝って、「もし今これが暴走したらどうなっちゃうんだろう……」と心配になるほどでした。実際、こんなデカブツを前にしたらきっとシンジ君でなくても逃げ出したくなると思います。

胸から下は赤い液体に浸かっており、見ることはできません

音楽に合わせてライティングが様々に変わる演出も

口から煙(蒸気?)が噴き出す演出も見られました

 そのほかパビリオン内には、エントリープラグの操縦席に座って写真を撮ることができる「実物大コクピット」(1日の利用者数が限られているため、写真撮影には予約券が必要)や、「新劇場版 破」の名場面を富士急ハイランド用にリミックスしたスペシャル映像「EVA-EXTRA05Q」の上映シアター、原画のコピーや資料などを展示した「エヴァ・ミュージアム」など様々な展示があり、「エヴァンゲリオン」ファンにとってはたまらない内容となっています。

 同パビリオンは7月23日よりオープン予定で、利用料金は800円(フリーパス利用可)。5月に発売されたBlu-ray / DVD版「エヴァンゲリオン新劇場版:破」が非常に好調なこともあって、この夏は多くの「エヴァンゲリオン」ファンたちでにぎわうことになりそうです。

パビリオンの外観。初号機の横顔が目印です

館内にはレイやアスカ、カヲルたちの等身大フィギュアも

エントリープラグでの写真撮影には別途予約が必要とのこと

ゼーレ・モノリスを再現したコーナー。まさに誰得

エヴァ・ミュージアムでは貴重な資料や原画コピーなどを展示

壁面には各キャラクターの名場面や名台詞が並ぶ

エヴァ・スタジオギャラリーでは、「ヤシマ作戦会議室」や「アスカ、来日」「磔にされたリリス」など、劇中のシーンをそのまま切り抜いたグラフィックパネルを展示


内覧会当日は「エヴァンゲリオンレーシング」のレースクイーンたちも応援に駆けつけてくれました

ローソンのiPhone用ARアプリともコラボレーションしており、パビリオン付近でアプリを立ち上げると、実物大のエヴァ初号機を真下から見上げることが可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙