スライムは飲み物です――「ドラゴンクエスト とろとろスライム」を飲んでみた

いつの間にか「ドラゴンクエスト」でおなじみのあの“スライム”が飲める世の中になったらしい。あの憎たらしいほどのフォルムに惚れて、急ぎコンビニに走った。

» 2010年07月16日 14時21分 公開
[加藤亘,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

スタッフがおいしくいただきました

近所のコンビニへダッシュしてきた

 先月、サントリーとスクウェア・エニックスがコラボレーションして2種類の「ドラゴンクエスト とろとろスライム」なる清涼飲料が発売されるという記事を書いた。なんでも、Wii向け「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー」の発売に合わせて、ゲーム中に登場するキャラクター「スライム」のとろとろしたイメージはそのままに、ビタミンB6を配合したドリンクとなっているとか。その「ドラゴンクエスト とろとろスライム」が7月13日に発売された。

 いわゆるノーマルのスライムを模した瓶に入った「ホイミサイダー味!?」と、ベススライムを模した赤い瓶に入った「メラトロピカル味!!」の2種類が発売されている。どちらも「ドラゴンクエスト」の公式ロゴをラベルに配し、スライムのフォルムを再現した特殊瓶が採用されており、コンビニの陳列棚でも確実に悪目立ちする存在感を放っているのを目にした方も多いだろう。

 勇んで購入してきた2種類の「ドラゴンクエスト とろとろスライム」は、税別284円とちょっと高めだが、この特殊瓶を考えるとそれくらいするのかと納得するキュートなフォルムをしていた。

 まず飲む前にラベルを確認する。なにやら非炭酸の文字。炭酸ではないが、さわやかな喉越しらしい。主な原材料は、砂糖、はちみつ、酸味料、増粘多糖類、香料、甘味料(スクラロース)、ビタミンB6とある。うん、甘いのは分かった。エネルギーは100mlあたり33kcalとのことなので、160mlの容量であるから単純計算で全部飲み干せば52.8kcalとなる。ダイエットを気にしている人に、飲料でこのカロリーは許容範囲かどうか……。もちろんダイエットなど関係ない筆者は気にしない。

 いよいよ「ホイミサイダー味!?」から試飲することにした。蓋を開け喉に流し込むと、すぐにその“スライムっぽい喉越し”の意味するところが分かる。液体自体にとろみがあるのだ。「ドラゴンクエスト とろとろスライム」とする商品名は本当だった。ネクター系のフルーツ飲料に近いとろみといえば、その感覚を分かっていただけるだろうか。決して、喉に絡みつく不快感あるとろみではなく、爽やかさは保っている。当然ながら味はサイダ―そのもので、昔飲んだ駄菓子のような甘さが際立っている。ホイミで回復したかどうかは判断できなかったのは残念だった。

 次に「メラトロピカル味!!」を手に取ってみる。こちらもとろみはそのままで、サイダ―ではなくフルーツそのものの甘みを再現している。どこがメラかは置いといて、ジューシーなマンゴーのような風味は、確かにアツい南国を思い浮かばせる(そのへんがメラか?)。もちろん、メラが唱えられるようになるわけではないのであしからず。

 せっかくなので、配合(調合)して飲んでみることにした。「ドラゴンクエスト」シリーズの中にはモンスター同士を掛け合わせて新たな種類のモンスターを生み出すタイトルもある。ここは「ホイミサイダー味!?」と「メラトロピカル味!!」を配合し、新たな飲み物を作ってみようと思う。さっそく配合開始! で、飲んでみた感想は……うん、喉越しはそのままに微妙な甘さだけの飲み物になってしまいました! 完全に好みが分かれるのではないだろうか。

 そんなわけであっさり試飲終了! 小ぶりな160mlなので、一気に飲み干してしまう。飲んだ空き瓶を飾りとして取っておいてもいいし、パッケージを外して資源ごみとして華麗に処分してもいい。でもせっかくなので……。

ベタに机に飾る

執務デスクの上に置けば、仕事もはかどる。予備を購入しておき、疲れてきた時の糖分確保に役立ててもいいだろう

なんとなくドラクエの戦闘画面風に遊ぶ

スライムがあらわれた
スライムベスがあらわれた

そのへんの草むらや原っぱに置けば、すぐさま戦闘開始。でも、油断するとスライムベスがぐんたいアリを呼ぶこともあるので、レベルが低いうちは油断するべからず(終始、「メラトロピカル味!!」のほうにアリがたかっていた)

ぐんたいアリだけではなく、場所によってはキメラ(ハト)も寄ってくる。スライムと配合したらはねスライムになるだろうか……とか考えられるようになると、立派な「ドラゴンクエストモンスターズ」のブリーダー

会議室の小粋なアクセントにする

これで会議が煮詰まっても大丈夫。この丸みを帯びたフォルムが大人を笑顔にさせる

夢のコラボレーションをする

歴代のサントリー×スクエニ商品と並べてコレクション
スライムをとにかく並べて愛でる。新宿にあるスクエニショップに行けばさらにコレクションは増大

営業に同行させる

ワイシャツのポケットにすっぱりと収まるので、営業に同行させてみるというのも一興。もしかしたら、営業先のクライアントがドラクエ好きで、とんとん拍子に商談がまとまるかもしれない。ただ、たいていの大人は笑顔だけど目が笑っていないなんてことになりかねないのでオススメはしない

なんか一人で遊ぶ

恋愛をからめてスライムでラブシーン。クールなあの人を、ホットなわたしが……なんて、よく分からない展開も思いのまま。ちなみに、どっちが男性でどっちが女性かは判別できないのでお好きな方で


 ほかにも考えれば遊びは無限である。

  • 色を塗ったりデコレーションして、さまざまな種類のスライムを再現する
  • 8本購入して並べ、キングスライムになるのを待つ
  • 10本購入してボーリングのピンにして倒す
  • 縦に積んでみる
  • 中味の甘さをいかして、料理の隠し味にする
  • 空き瓶でスライムの家を建設

 ただし、賢明なる読者はお気づきとは思うが、これは飲料である。瓶が割れることもあるし、もったいないので無茶はいけない。また、数量限定なので売り切れに注意。ちなみに中味をそのままに、飾っておいてもかまわないが、今購入すると賞味期限は(未開封の状態で)2010年12月までしかないなのをお忘れなく。

 なお、公式サイトではドラゴンクエストのテーマ曲が流れる中、さまざまなスライムの仲間たちが並ぶスライム図鑑を眺めることもできる。

(C)SQUARE ENIX


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」