May'n、ELISA、飛蘭、高橋洋子らが色とりどりのアニメソングを熱唱!!――「ANIMAX MUSIX-SPRING 2010-」

3回目のANIMAX MUSIXとなる「ANIMAX MUSIX-SPRING 2010-」が5月15日・16日に開催され、May'n、ELISA、飛蘭、SCANDAL、Mizca、佐咲紗花、喜多修平、AKINO from bless4、高橋洋子らが駆けつけた。

» 2010年08月10日 18時21分 公開
[ふじたけ,ITmedia]

 アニメやアニメミュージックの魅力を世界中のファンへ発信すべく、様々なアーティストが集結してパフォーマンスを披露する「ANIMAX MUSIX-SPRING 2010-」が5月15日・16日、JCBホールにて開催された。第3回となる今回もMay'nELISA飛蘭、SCANDAL、Mizca、佐咲紗花、喜多修平、AKINO from bless4(※15日のみ)、高橋洋子(※16日のみ)といった、アニソン界を代表するアーティストたちが駆けつけた。

15日に出演したAKINO from bless4。May'nとのコラボを果たした(写真:右)

 2日開催となった今回は、各アーティストの代表曲に加えて15日に「Day1:Artist Selection」としてアーティスト自身が選択した楽曲を、16日に「Day2:Fan Selection」としてファンによる1万票ものリクエストを反映させた楽曲を披露するという構成だ。本記事では、16日の模様をお送りする。

スタートは飛蘭の代表曲から

 記念すべきお祭りライブのトップバッターは飛蘭。アニメ「喰霊-零-」の挿入歌としてすい星のようなインパクトを与えた「Dark Side of the Light」のイントロが流れ出すと、オールスタンディングのアリーナにオレンジ色のサイリウムが一斉に咲き乱れる! 2009年にはAnimelo Summer Liveなどの大舞台も経験しただけあって、さすがのあおりとセクシーな歌声でスタートから一気にスパートをかける。

 飛蘭が熱狂させた空気を受けて登場した喜多修平はアニメ「夏目友人帳」のOPテーマである「一斉の声」を熱唱。喜多はこの曲のお陰で立ち直れたというファンからの手紙をもらったことがあり、それは今なお記憶に残る、読んでいるだけで泣きそうになるほど嬉しくなるファンレターだったそうだ。そのエピソードを語る喜多の目に涙が光った。

 第1回アニソングランプリの受賞者である喜多の後に続くのは、こちらもANIMAX MUSIXではお馴染み、第3回アニソングランプリの受賞者である佐咲紗花。「Lucky☆Racer/Real Star☆」からの激しい2曲で観客を汗だくにさせたていく。

ELISAがTwitterを始めた

ELISA

 夏のような熱気が覆い始めたステージに登場したMizcaは4人のダンサーを従え、キュートなダンスを交えたテクノポップ「ダメよ」でファンを魅了。それに続くELISAはTwitterを始めた報告と、15日のステージに集まった2000人以上の観客へフォローのお願いをしたのに600人ほどしか増えていないことを可愛らしく冗談めかして話し、観客を爆笑させる。しかし、そんなELISAが「Real Force」(アニメ「とある科学の超電磁砲」EDテーマ)を歌い始めるとフロアーには両手の指に何本ものサイリウムを挟んでステージを彩るファンが多数現れ、ELISAが持つ少女らしさからは考えられないような歌唱力と相まって、幻想的でありながら力強い時間が流れた。

 そして、SCANDALが10代らしい元気いっぱいのバンドサウンドを響かせた後は、Fan Selectionのパートがスタート! そのままステージに残るSCANDALが名曲「タッチ」を、続けてELISAも登場して一緒に歌う「瞬間センチメンタル」という、本イベントならではの展開で口火を切る。

さながらMay'n VS 飛蘭のようなステージ

May'n(左)と飛蘭

 SCANDALとELISAがステージから下がった後は、May'nと飛蘭による「Shangri-La」というサプライズナンバー。2人とも歌・踊りともに圧倒的なパフォーマンスで、ソングバトルのような印象さえ受けるステージングで観客をヒートアップさせる。どこに目をやってもウルトラオレンジのサイリウムが輝く眩しい会場で始まったMay'nのカバーコーナーは「JAP」、「モノクロのキス」という意外な選曲に。May'nが普段とは一味違う表情を垣間見せた。

 ライブの勢いは増すばかりで、ステージ上のスクリーンにELISAと佐咲による「トライアングラー」の文字が躍るとフロアーに大歓声が巻き起こる。そのまま喜多が「ペガサス幻想」、Mizcaが「only my railgun」、飛蘭が「Don't say lazy」と、誰もが知る名曲がテンポよく続き、夢のような一夜が過ぎていく。

 そのままのテンションで本日だけのスペシャルゲスト、高橋洋子が舞い降りて「残酷な天使のテーゼ」を披露すると、観客たちの「ハイ! ハイ!」という掛け声も合わさり、会場が強い一体感に包まれる。続けて、高橋にとってこの曲をカバーしたことが「新世紀エヴァンゲリオン」と出会うきっかけだったという「Fly Me to the Moon」、映画「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生」の主題歌であった「魂のルフラン」といったエヴァ尽くしのステージを、荘厳で迫力あふれる歌声で強く印象付けた。

ラストはやっぱりMay'n

 ライブのトリを飾るのは、もちろんMay'n。「Get Ready」、「キミシニタモウコトナカレ」というアップテンポなナンバーからのバラード「愛は降る星のごとく」につなげ、緩急自在な歌声で観客を聴き惚れさせる。ラストスパートは「ライオン」、「ユニバーサル・バニー」。ここまでのステージングとは一味違った力強さや可憐さ、セクシーさを存分に見せつけ、MCで自身がアジアツアーなどを経験して感じた、アニメミュージックへの思いを語った。

「3月にアジアツアーをやりました。香港・台湾・マレーシアと周って来たんだけど、どの国の人たちもアニメを愛してくれていて、日本語で一緒に歌ってくれるんです。日本のみんなと同じように盛り上がってくれたのが本当に嬉しくて、アニメの音楽は世界を1つにできるものなんだな、と強く思いました。なのでこれからも、日本の文化であるアニメミュージックをみんなと一緒に盛り上げていきたいと思います!!」(May'n)

今秋には横浜アリーナでの開催も発表!

 ラストは新曲の「Ready Go!」でさわやかにみんなを燃焼させて、ライブはクライマックスへ。ライブ終了後、今回のライブで進行役を務めた喜屋武ちあきから「ANIMAX MUSIX-FALL 2010-」が11月3日、横浜アリーナで開催されることが発表され、当日集まったアニソンファンは狂喜乱舞してこれを歓迎。

 アンコールではこれまでのライブで素晴らしいパフォーマンスを披露したアーティストが総出演して日本のアニメ史にその名を刻む名曲、「The Galaxy Express 999」を会場の全員で大合唱! その空間を味わったものには一生忘れられない一夜となった。


 なお、当日発表されたANIMAX MUSIX-FALL 2010-のイベント&チケット情報が発表された。詳細は下記の通り。次回もANIMAX MUSIXならではの内容になるのは間違いないので、ぜひ足を運んでいただきたい。

  • 開催日:2010年11月3日(水・祝)
  • 会場:横浜アリーナ
  • 出演アーティスト:May'n、中川翔子、SCANDAL、Kalafina、AKINO from bless4、GRANRODEO、Lia、下川みくに、ELISA、ORIGA、 LISP、喜多修平、HIMEKA、佐咲紗花 and more!(※出演アーティストは変更になる場合がございます)
  • 開場:12:00(予定)
  • 開演:15:00(予定)(※開場、開演時間は変更になる場合がございます)
  • 席種:全席指定
  • 料金(税込):前売り S席 8500円/前売り A席 7900円/当日 A席 8500円
  • 主催:株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
  • アニマックス特別先行予約:期間:8月14日(土)12:00〜8月22日(日)23:00

ANIMAX MUSIX -SPRING 2010- 5月16日公演
1Dark Side of the Light飛蘭
2Errand飛蘭
3Secret Garden喜多修平
4一斉の声喜多修平
5Lucky☆Racer佐咲紗花
6Real Star☆佐咲紗花
7last cross〜Virus Ver.〜Mizca
8ダメよ♡Mizca
9ebullient future (English)ELISA
10Real ForceELISA
11DOLLSCANDAL
12KOSHI-TANTANSCANDAL
13太陽と君が描くSTORYSCANDAL
14タッチSCANDAL
15瞬間センチメンタルSCANDAL・ELISA
16Shangri-LaMay’n・飛蘭
17JAPMay’n
18モノクロのキスMay’n
19トライアングラーELISA・佐咲紗花
20ペガサス幻想喜多修平
21only my railgunMizca
22Don't say "lazy"飛蘭
23残酷な天使のテーゼ高橋洋子
24Fly Me to the Moon高橋洋子
25炎のたからもの高橋洋子
26魂のルフラン高橋洋子
27Get ReadyMay’n
28キミシニタモウコトナカレMay’n
29愛は降る星のごとくMay’n
30ライオンMay’n
31ユニバーサル・バニーMay’n
32Ready Go!May’n
EnThe Galaxy Express 999All Artist

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」