第5回 ゲームをより面白くする「4ステージ1セットの法則」なぜ、人はゲームにハマルのか?(2/2 ページ)

» 2010年08月12日 14時45分 公開
[鴫原盛之,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 この法則を使ったゲームの存在は任天堂に限った話ではありません。「スーパーマリオ」よりも前の1984年に、ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)が発売した「パックランド」がその最たる例ではないでしょうか。

 「パックランド」は、敵のモンスターに捕まらないように主人公のパックマンを操作してゴール地点へ到達すればステージクリアとなるアクションゲームです。全48ステージで構成され、4ステージごとにひとつの「TRIP」という単位でステージを区切っています。1〜3面までは画面を左から右へと進み、3面をクリアするとフェアリーの女王と思しきキャラクターが現われて、パックマンが迷子になった妖精を送り届けてくれたお礼に空を飛べる「魔法のクツ」をプレゼントしてくれるうれしい演出があります。すると次の4面に限り「魔法のクツ」を履いた状態でプレイできるとともに、これから帰り道を進むということで進行方向が右から左へと逆転します。そして無事ゴール地点にたどり着くとそこにはパックマンの自宅があり、妻のミズ・パックマンとベビーがお出迎えをしてくれます(※TRIP2以降も同様)。また、動画を再生した方はすぐに気づいたかと思いますが4面に限りBGMが異なっており、プレイヤーは一刻も早くゴールに着きたくなるような気分にさせてくれます。

 本作もわずか4面という短い時間の間にきちんとしたストーリー性を盛り込み、プレイヤーに大きな感動と達成感を与える完成度の高さは今なお色あせることがありません。筆者も初めて「魔法のクツ」をもらったり無事自宅に戻れたときの感動は、あれから20年以上が経過した現在でも忘れがたい思い出として残っています。

「パックランド」 TRIP1(※プレイステーション版「ナムコミュージアムVol.4」を使用)
(C)1996 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

 もうひとつ、カプコンが同じく1985年に発売した「戦場の狼」にも実は「4ステージ1セットの法則」が存在しています。まずオープニングのシーンで主人公のスーパージョーは味方のヘリコプターによって戦場に運ばれると、飛び去るヘリに向かって手を振って見送るところから戦いがスタートします。1〜3面をクリア後にはスーパージョーがタバコを吸うなどして束の間の休息をとる演出があり、そして4面のラストの場面で激しい攻撃に耐えて見事勝利するとファンファーレが鳴ってプレイヤーを祝福するとともに、先ほど見送ったヘリが今度は出迎えに来てくれて新たな戦場へと再び送り届けてくれるようになっています。本作でも4面になるとBGMが変わり、さらに終盤になると敵軍がスーパージョーの侵入に対して警戒を促すサイレンの音が鳴り響き、プレイヤーにさらなるスリルと臨場感を高めてくれる素晴らしい演出も見逃せないところです。

「戦場の狼」 ステージ1〜4(※プレイステーション2版「カプコン クラシックス コレクション」を使用)
(C)CAPCOM CO., LTD. 2005,2006,
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2005,2006 ALL RIGHTS RESERVED.

 これまたナムコが1985年に発売した「メトロクロス」は、ちょっと変わった「4ステージ1セットの法則」を取り入れた作品です。本作は制限時間をオーバーしないうちにゴール地点まで到達すればステージクリアとなるアクションゲームで、1〜3面までは各ステージごとに残り時間があらかじめ設定されています。で、ここで注目していただきたいのは、4面の開始時点まで1〜3面までの残りタイムを画面右下にずっと表示させ続けていること。これはいったいなぜだと思いますか?

 その答えは、1〜3面までの残りタイムの合計が4面の制限時間にプラスされるシステムになっているから。つまり3面までのステージをなるべく速いタイムでゴールするほど、4面の攻略がよりしやすくなるという戦略性が生まれる仕掛けになっているというワケですね。

「メトロクロス」 ステージ1〜4(※プレイステーション版「ナムコミュージアムVol.5」を使用)
(C)1996 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

 また今回は動画や写真を用意していませんが、このように4面を1セットで構成するという例は他にもいろいろ存在し、古いところではテーカン(現:コーエーテクモゲームス)が1981年に発売したシューティングゲームの「プレアデス」などの作品にも見られます。さらにカプコンの「1942」では、4面ごとに難易度を低く抑えた「ポイントアップステージ」を登場させ、ゲームにメリハリを持たせる工夫がなされている例もあります。

 プラットフォームを問わず、最近のゲームでは4ステージごとに区切って変化をつけたような作品はほとんど見る機会がなくなった感がありますが、今回取り上げた作品をあらためてプレイしてみたところ、その面白さは今も健在であると率直に思いました。もちろんステージ構成だけがすべてではありませんが、ゲームをより面白くするひとつのセオリーとして「4ステージ1セットの法則」は確実に存在すると言えるのではないでしょうか。

今回登場したソフトはココで遊べます!

  • 「スーパーマリオブラザーズ」:Wiiバーチャルコンソール(配信中)
  • 「ドンキーコング」:Wiiバーチャルコンソール(配信中)
  • 「ドンキーコングJr.」:Wiiバーチャルコンソール(配信中)
  • 「パックランド」:PS用ソフト「ナムコミュージアムVOL.5」
  • 「戦場の狼」:PS2用ソフト「カプコン クラシックス コレクション」
  • 「メトロクロス」:PS用ソフト「ナムコミュージアムVOL.4」

著者プロフィール

鴫原 盛之 Morihiro Shigihara

 1993年よりゲーム雑誌および攻略本などでライター活動を開始。その後、某メーカーでのグッズ・店舗開発や携帯コンテンツの営業、ゲームセンター店長などの職を経て、2004年よりフリーに。現在は各種雑誌やwebサイトでの執筆をはじめ、某アーケードゲームの開発なども手掛ける。著書は「ファミダス ファミコン裏技編」(マイクロマガジン社)、「ゲーム職人第1集 だから日本のゲームは面白い」(同)の他、共著によるゲーム攻略本・関連書籍を多数執筆。近刊は共著「デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド」(ソフトバンククリエイティブ)がある。

 Twitterは http://twitter.com/m_shigihara です。

(著者近況)

「今年5月より発売になりました、「デジタルゲームの教科書」におきまして、筆者は第16章「アーケードゲーム業界の歴史と現況」の執筆を担当いたしました。ゲーム業界への就職、または転職を考えているみなさんには特にオススメの内容となっておりす。また、フルカラーページになったiPhoneアプリ版も発売していますので、こちらもぜひご利用下さいね!」


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」