ニュース
» 2010年08月30日 16時28分 公開

確かに“進化”は目の前に広がっていた――「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」1日目最速リポート!アニメロ2010

今年で6回目を迎える国内最大級のアニメソングフェス「Animelo Summer Live(通称・アニサマ)2010 -evolution-」の初日の様子をお伝えしよう。

[OH編集部,ITmedia]
OH News

 今年もあのイベントがやってきた――。

 現在、邦楽シーンの台風の目とも言えるアニメソング・アーティストが一堂に会し、アニメソングを歌いまくる国内最大級のアニメソングフェス「Animelo Summer Live(通称・アニサマ)2010 -evolution-」の第1日目が8月28日、さいたまスーパーアリーナにて開催された。


 例年になく酷暑の続く2010年の夏だが、この日ももちろん一点の曇りもない空から日の光がカンカンと降り注ぐ。しかし、そんな熱気よりももっと熱いアニソン魂を胸に秘めたアニソン戦士たちは、午前からさいたまスーパーアリーナに続々と集結し、年に一度の祭典の始まりを心待ちにしていた。

 開場時間前から、スーパーアリーナ前のけやき広場から入場ゲートまで大勢の観客が列をなし、入場を今や遅しと待ち構える。そして午後4時。ついにその瞬間が訪れた。「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」の幕開けである。サブタイトルにある「evolution(進化)」とは、何を意味するのであろうか。どのような進化を我々に見せてくれるのだろうか。

6回目のアニサマ、ついにスタート!

 照明が落ちたステージ上にマスクをつけたパフォーマーたちが姿を現し、怪しげにうごめき始める。それは命が生まれる瞬間の胎動のよう。最初は静かに、やがてダイナミックな動きになっていくパフォーマーたち。生命が進化の頂点を極めた時、突如ステージに炎がともり爆音がとどろく。さあ、祭りの始まりだ。

 先発をつとめたのは、JAM Project&栗林みな実。「レスキューファイアー」で、いきなりさいたまスーパーアリーナに火を灯した。続くfripSideのステージでは、なぜかマギー司郎をはじめとする一門の芸人が登場。彼らとのコラボで「とある科学の超電磁砲」のOPナンバー「only my railgun」「LEVEL5-judgelight-」を披露した。

 ダンサーとともにド派手なステージを見せてくれたのはangelaだ。シンガロング感満点の最新シングル「蒼い春」を学生服ダンサーとともに熱唱。広大なホール内に「ハイ! ハイ! ハイ!」「パッパッシュワ」の合いの手が響きわたった。

「やっと帰ってこれた!」

 高橋直純が2年ぶりにアニサマに帰ってきた。ニューアルバム「infinity」収録曲「遠くまで〜infinity〜」、「クローバー」を引っ提げて爽やかな歌声を会場に響かせる。昨年はシークレットゲスト・FictionJunction YUUKAとして参加した南里侑香は、念願の再登場を達成。人気ゲーム「.hack」シリーズ最新作のOVA「.hack//Quantum」主題歌「雫-shizuku-」を初披露し、観客を沸かせた。

 真っ赤なドレスも麗しいELISAが歓声に包まれて登場。今年ヒットを記録し、さらに彼女の人気を一段上のステージに押し上げた「Real Force」(「とある科学の超電磁砲」ED)を披露。ウルトラオレンジのサイリュームの輝きに包まれながら、その美声を披露する。

 今年は「戦国BASARA」シリーズとのコラボレーションで注目を浴びる石川智明。歌った2曲ももちろん「逆行」、「涙腺」という「BASARA」関連曲。静と動が共存する石川サウンドと和の世界観の融合を聴かせた。

 ゲーム、アニメと人気爆発中の空想科学シリーズ「CHAOS;HEAD」、「STEINS;GATE」。その主題歌を担当するいとうかなこは、「スカイクラッドの観測者」をゲームのOPムービーとともに熱唱。作曲担当の志倉千代丸もギターを携えてステージに登場した。

ファン感涙のコラボが実現! 

 ここからはニコニコ動画ゾーン。スタイリッシュな映像とともに大ブレイクした「Bad Apple!!」をnomico+Masayoshi Minoshimaが、supercellのryoが書き下ろしたアニメ「ブラック★ロックシューター」のエンディングテーマ「ブラック★ロックシューター」をTHE GOMBANDが熱唱した。

 続くステージでは「Angel Beats!」ファン感涙のナンバーが連続。LiaはOPテーマ「My Soul,Your Beats!」、Girls Dead Monsterは「Alchemy」、「Crow Song」を。そして「Brave Song」では両者のコラボが実現した。

 そして怒涛の後半戦がスタートする。米倉千尋は古参ファンにはたまらない「WILL」(「仙界伝 封神演義」OP)を歌唱。さらに「ゆずれない願い」で田村直美とのデュエットを実現。時代を超えて愛される、というアニメソングを象徴するステージを作り上げた。

 続く栗林みな実は最新ナンバー「冥夜花伝廊」を、サポートギタリスト飯塚昌明(GRANRODEOのe-zuka)のギターで歌いあげる。複雑なフレーズも堂々と歌いこなし、彼女のシンガーとしてのポテンシャルをいかんなく発揮した。

 爆発的人気で結成1年でアニサマ参加を達成したのが、声優アイドルユニットのスフィアだ。リゾート・テイスト漂う「Now loading…SKY!!」で、キュートにホールを盛り上げた。

ロック魂で燃え尽きろ!

 イングヴェイばりの泣きのギターで、e-zukaが瞬く間にさいたまスーパーアリーナをロックフェス会場に塗り替えていく。そしてKISHOWの咆哮で、GRANRODEOのステージが始まる。今秋スタートのアニメ「咎狗の血」主題歌となる新曲「ROSEHIP-BULLET」を初披露。猛烈な勢いで刻まれるギターリフとハイトーンヴォイスが、さいたま新都心の夜を切り刻む。

 そして最後のステージを飾ったのは、アニソン界のリヴィング・レジェンドことJAM Projectだ。最新アルバムのタイトル・ナンバー「MAXMIZER」のブラストビートがホールを揺らし、定番ナンバー「SKILL」では体力の続く限り「motto! motto!」コールがリピート。アニソン戦士たちは、すべての力を出し切るのだった。

 ……かと思った瞬間――「もっともっと!」

 客席から「SKILL」のフレーズを使ったアンコールが始まった。やがて客席全体を「もっともっと!」コールが包んだ瞬間、全出演者がステージに再登場。

 昨年のアニサマのテーマソング「RE:BRIDGE〜Return to oneserlf〜」、今年のテーマソング「evolution 〜for beloved one〜」で大団円を迎えた。5時間25分の長時間に及ぶ「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」第1日目は、これにて終演。その盛り上がりは確実に昨年に決して劣らない。もしかすると昨年以上のものだったかもしれない。アニソンシーンの確かな進歩を感じさせる充実のフェスとなった。


※文中敬称略
曲順曲名アーティスト
1レスキューファイアーJAM Project×栗林みな実
2only my railgunfripSide
3LEVEL5-judgelight-fripSide
4オルタナティヴangela
5Separationangela
6蒼い春angela
7遠くまで〜infinity〜高橋直純
8クローバー高橋直純
9月導-Tsukishirube-南里侑香
10雫-Shizuku-南里侑香
11Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ-ELISA
12Real ForceELISA
13逆光石川智晶
14涙腺石川智晶
15Find the blueいとうかなこ+志倉千代丸
16スカイクラッドの観測者いとうかなこ+志倉千代丸
17Bad Apple!!nomico(のみこ) + Masayoshi Minoshima
18BraveheartTHE GOMBAND
19ブラック★ロックシューターTHE GOMBAND
20鳥の詩Lia
21My Soul,Your Beats!Lia
22Alchemy【marina】Girls Dead Monster(LiSA,marina)
23Crow Song【Lisa】Girls Dead Monster(LiSA,marina)
24Brave SongLia×Girls Dead Monster(LiSA,marina)
25Butterfly Kiss米倉千尋
26WILL米倉千尋
27ゆずれない願い米倉千尋×田村直美
28Crystal Energy栗林みな実
29冥夜花伝廊栗林みな実
30あんりある パラダイス栗林みな実
31Now loading…SKY!!スフィア
32Super Noisy Novaスフィア
33Future Streamスフィア
34欲望∞GRANRODEO
35ROSEHIP‐BULLETGRANRODEO
36Once&FoeverGRANRODEO
37MAXIMIZERJAM Project
38TRANSFORMERS EVO.JAM Project
39HEROJAM Project
40GONG〜SKILLJAM Project
〜アンコール〜
EN1RE:BRIDGE〜Return to oneself〜All Artist
EN2evolution 〜for beloved one〜All Artist

Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」