確かに“進化”は目の前に広がっていた――「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」1日目最速リポート!アニメロ2010

今年で6回目を迎える国内最大級のアニメソングフェス「Animelo Summer Live(通称・アニサマ)2010 -evolution-」の初日の様子をお伝えしよう。

» 2010年08月30日 16時28分 公開
[OH編集部,ITmedia]
OH News
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 今年もあのイベントがやってきた――。

 現在、邦楽シーンの台風の目とも言えるアニメソング・アーティストが一堂に会し、アニメソングを歌いまくる国内最大級のアニメソングフェス「Animelo Summer Live(通称・アニサマ)2010 -evolution-」の第1日目が8月28日、さいたまスーパーアリーナにて開催された。


 例年になく酷暑の続く2010年の夏だが、この日ももちろん一点の曇りもない空から日の光がカンカンと降り注ぐ。しかし、そんな熱気よりももっと熱いアニソン魂を胸に秘めたアニソン戦士たちは、午前からさいたまスーパーアリーナに続々と集結し、年に一度の祭典の始まりを心待ちにしていた。

 開場時間前から、スーパーアリーナ前のけやき広場から入場ゲートまで大勢の観客が列をなし、入場を今や遅しと待ち構える。そして午後4時。ついにその瞬間が訪れた。「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」の幕開けである。サブタイトルにある「evolution(進化)」とは、何を意味するのであろうか。どのような進化を我々に見せてくれるのだろうか。

6回目のアニサマ、ついにスタート!

 照明が落ちたステージ上にマスクをつけたパフォーマーたちが姿を現し、怪しげにうごめき始める。それは命が生まれる瞬間の胎動のよう。最初は静かに、やがてダイナミックな動きになっていくパフォーマーたち。生命が進化の頂点を極めた時、突如ステージに炎がともり爆音がとどろく。さあ、祭りの始まりだ。

 先発をつとめたのは、JAM Project&栗林みな実。「レスキューファイアー」で、いきなりさいたまスーパーアリーナに火を灯した。続くfripSideのステージでは、なぜかマギー司郎をはじめとする一門の芸人が登場。彼らとのコラボで「とある科学の超電磁砲」のOPナンバー「only my railgun」「LEVEL5-judgelight-」を披露した。

 ダンサーとともにド派手なステージを見せてくれたのはangelaだ。シンガロング感満点の最新シングル「蒼い春」を学生服ダンサーとともに熱唱。広大なホール内に「ハイ! ハイ! ハイ!」「パッパッシュワ」の合いの手が響きわたった。

「やっと帰ってこれた!」

 高橋直純が2年ぶりにアニサマに帰ってきた。ニューアルバム「infinity」収録曲「遠くまで〜infinity〜」、「クローバー」を引っ提げて爽やかな歌声を会場に響かせる。昨年はシークレットゲスト・FictionJunction YUUKAとして参加した南里侑香は、念願の再登場を達成。人気ゲーム「.hack」シリーズ最新作のOVA「.hack//Quantum」主題歌「雫-shizuku-」を初披露し、観客を沸かせた。

 真っ赤なドレスも麗しいELISAが歓声に包まれて登場。今年ヒットを記録し、さらに彼女の人気を一段上のステージに押し上げた「Real Force」(「とある科学の超電磁砲」ED)を披露。ウルトラオレンジのサイリュームの輝きに包まれながら、その美声を披露する。

 今年は「戦国BASARA」シリーズとのコラボレーションで注目を浴びる石川智明。歌った2曲ももちろん「逆行」、「涙腺」という「BASARA」関連曲。静と動が共存する石川サウンドと和の世界観の融合を聴かせた。

 ゲーム、アニメと人気爆発中の空想科学シリーズ「CHAOS;HEAD」、「STEINS;GATE」。その主題歌を担当するいとうかなこは、「スカイクラッドの観測者」をゲームのOPムービーとともに熱唱。作曲担当の志倉千代丸もギターを携えてステージに登場した。

ファン感涙のコラボが実現! 

 ここからはニコニコ動画ゾーン。スタイリッシュな映像とともに大ブレイクした「Bad Apple!!」をnomico+Masayoshi Minoshimaが、supercellのryoが書き下ろしたアニメ「ブラック★ロックシューター」のエンディングテーマ「ブラック★ロックシューター」をTHE GOMBANDが熱唱した。

 続くステージでは「Angel Beats!」ファン感涙のナンバーが連続。LiaはOPテーマ「My Soul,Your Beats!」、Girls Dead Monsterは「Alchemy」、「Crow Song」を。そして「Brave Song」では両者のコラボが実現した。

 そして怒涛の後半戦がスタートする。米倉千尋は古参ファンにはたまらない「WILL」(「仙界伝 封神演義」OP)を歌唱。さらに「ゆずれない願い」で田村直美とのデュエットを実現。時代を超えて愛される、というアニメソングを象徴するステージを作り上げた。

 続く栗林みな実は最新ナンバー「冥夜花伝廊」を、サポートギタリスト飯塚昌明(GRANRODEOのe-zuka)のギターで歌いあげる。複雑なフレーズも堂々と歌いこなし、彼女のシンガーとしてのポテンシャルをいかんなく発揮した。

 爆発的人気で結成1年でアニサマ参加を達成したのが、声優アイドルユニットのスフィアだ。リゾート・テイスト漂う「Now loading…SKY!!」で、キュートにホールを盛り上げた。

ロック魂で燃え尽きろ!

 イングヴェイばりの泣きのギターで、e-zukaが瞬く間にさいたまスーパーアリーナをロックフェス会場に塗り替えていく。そしてKISHOWの咆哮で、GRANRODEOのステージが始まる。今秋スタートのアニメ「咎狗の血」主題歌となる新曲「ROSEHIP-BULLET」を初披露。猛烈な勢いで刻まれるギターリフとハイトーンヴォイスが、さいたま新都心の夜を切り刻む。

 そして最後のステージを飾ったのは、アニソン界のリヴィング・レジェンドことJAM Projectだ。最新アルバムのタイトル・ナンバー「MAXMIZER」のブラストビートがホールを揺らし、定番ナンバー「SKILL」では体力の続く限り「motto! motto!」コールがリピート。アニソン戦士たちは、すべての力を出し切るのだった。

 ……かと思った瞬間――「もっともっと!」

 客席から「SKILL」のフレーズを使ったアンコールが始まった。やがて客席全体を「もっともっと!」コールが包んだ瞬間、全出演者がステージに再登場。

 昨年のアニサマのテーマソング「RE:BRIDGE〜Return to oneserlf〜」、今年のテーマソング「evolution 〜for beloved one〜」で大団円を迎えた。5時間25分の長時間に及ぶ「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」第1日目は、これにて終演。その盛り上がりは確実に昨年に決して劣らない。もしかすると昨年以上のものだったかもしれない。アニソンシーンの確かな進歩を感じさせる充実のフェスとなった。


※文中敬称略
曲順曲名アーティスト
1レスキューファイアーJAM Project×栗林みな実
2only my railgunfripSide
3LEVEL5-judgelight-fripSide
4オルタナティヴangela
5Separationangela
6蒼い春angela
7遠くまで〜infinity〜高橋直純
8クローバー高橋直純
9月導-Tsukishirube-南里侑香
10雫-Shizuku-南里侑香
11Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ-ELISA
12Real ForceELISA
13逆光石川智晶
14涙腺石川智晶
15Find the blueいとうかなこ+志倉千代丸
16スカイクラッドの観測者いとうかなこ+志倉千代丸
17Bad Apple!!nomico(のみこ) + Masayoshi Minoshima
18BraveheartTHE GOMBAND
19ブラック★ロックシューターTHE GOMBAND
20鳥の詩Lia
21My Soul,Your Beats!Lia
22Alchemy【marina】Girls Dead Monster(LiSA,marina)
23Crow Song【Lisa】Girls Dead Monster(LiSA,marina)
24Brave SongLia×Girls Dead Monster(LiSA,marina)
25Butterfly Kiss米倉千尋
26WILL米倉千尋
27ゆずれない願い米倉千尋×田村直美
28Crystal Energy栗林みな実
29冥夜花伝廊栗林みな実
30あんりある パラダイス栗林みな実
31Now loading…SKY!!スフィア
32Super Noisy Novaスフィア
33Future Streamスフィア
34欲望∞GRANRODEO
35ROSEHIP‐BULLETGRANRODEO
36Once&FoeverGRANRODEO
37MAXIMIZERJAM Project
38TRANSFORMERS EVO.JAM Project
39HEROJAM Project
40GONG〜SKILLJAM Project
〜アンコール〜
EN1RE:BRIDGE〜Return to oneself〜All Artist
EN2evolution 〜for beloved one〜All Artist

Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評