ニュース
» 2010年09月01日 16時20分 公開

「デバイス・OSフリーへ」 DeNA南場社長が語るスマホ時代のゲームプラットフォーム論CEDEC 2010(1/2 ページ)

「あと1年はアドバンテージがある」――DeNAの南場智子社長は、ゲームのプラットフォームの未来を語り、開発者に「グローバルへの挑戦を一緒にしていきませんか?」と呼び掛けた。

[宮本真希,ITmedia]
画像 南場社長

 iPhoneやAndroidなどスマートフォンが躍進し、App StoreやAndroid Marketが世界規模のアプリ市場として存在感を高めている。世界に挑戦できるこのチャンスに、ソーシャルゲームプラットフォーム事業者やゲームメーカーはどう挑むべきか。DeNAの南場智子社長が8月31日、ゲーム開発者向けイベント「CEDEC 2010」で講演した。

 日本の携帯向けサービスは“ガラパゴス”と揶揄(やゆ)されるが、日本のサービス事業者が携帯ユーザーのニーズを「一番知っている」のも事実。「あと1年はアドバンテージがあるんじゃないか」と話し、「グローバルへの挑戦を一緒にしていきませんか?」と来場者に呼び掛けた。

「うまみがない海外市場」がiPhoneで開花

画像 PCと携帯の月間ページビュー推移

 日本は、携帯からのインターネット利用が多い。日本全体のネットのページビュー(PV)の推移を見てみると、PCからのアクセスが横ばいからやや減少傾向であるのに対し、携帯からのアクセスはPCを追い抜き、毎月ぐいぐい伸びていると南場社長はグラフで示す。

 7月は、Yahoo!JAPANのPC・携帯合計PVが485億であるのに対し、ほぼ携帯のみのモバゲータウンは740億。日本は「モバイル大国。世界的に非常に珍しい市場環境だ」。

 だが、日本で一定の成功を収めた携帯サービスが、海外へ打って出てもうまくいくとは限らない。世界には40億の携帯ユーザーがいるが、市場は国やキャリア、端末ごとに細分化されており、それぞれで全く違う対応が求められるため、大規模な投資が必要になるという。

 海外市場では端末のスペック差が大きいという事情もある。例えば英国でサービスを展開するとしても、6100万人の携帯人口のうち、キャリア最大手のVodafone(シェア21%)で、Nokia端末(シェア30%)の最新世代(うち30%)をターゲットにすると、最大126万人にしか届かない。高スペックの端末が普及し、数百〜数千万人単位の潜在顧客を期待できる日本と比べると、海外の市場は「うまみを感じない構造だった」。


画像画像 うまみを感じない構造が、iPhoneによって一変

 だがiPhoneとApp Storeの躍進で、昨年ごろから状況は一変したと指摘。国やキャリアの差を感じさせないiPhoneとApp Storeによって、携帯市場の細分化というボトルネックが取り除かれ、“うまみなし”から大きなチャンスの場に変わってきたと見る。

 南場社長は、ほかのスマートフォンやアプリストアの成長にも期待。「日本のサービス事業者は、iPhoneやAndroidを心から大歓迎するべき」と話す。

モバゲーはプラットフォームの差を埋める緩衝材

画像 これまでのゲーム業界

 スマートフォン時代にソーシャルゲームのプラットフォームはどうあるべきだろうか。

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)のデータによると、国内の家庭用ゲームの市場規模は2000年から伸びていない。任天堂やソニーなどプラットフォームを提供する企業は、他社と差別化を図るためタイトルの囲い込みを狙うが、ゲーム開発会社には効率的にマルチプラットフォーム対応したいという意向があり、方向性が一致しないからだと指摘する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声