「ファイナルファンタジー XIV」完成披露会開催――生田斗真さんが起用された新CMがお披露目(1/2 ページ)

9月22日にコレクターズエディションの発売日を控えた「ファイナルファンタジー XIV」。その完成披露会が、9月14日に開催された。その模様をリポートする。

» 2010年09月14日 20時19分 公開
[板橋舟人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

タイトル名の秘話も明かされた社長挨拶

オープニングイベントとして、Answersの生演奏が楽しめた。美しい旋律に感動!

 9月14日、スクウェア・エニックスは都内恵比寿にて、“「ファイナルファンタジー XIV」完成披露会”を開催した。「ファイナルファンタジー XIV」は、「ファイナルファンタジー」シリーズ最新作にして、「FF XI」に続くオンライン専用タイトルの2作目となる。9月22日に「コレクターズエディション」が、9月30日には通常版が発売予定だ。なお今回発売されるのはともにWindows版で、プレイステーション 3版は2011年3月上旬に発売する予定となっている。ちなみに、「FF XIV」は日本のみならず、英語版、ドイツ語版、フランス語版が同時にスタートする予定だ。

 イベントのオープニングを飾るのは、「FF XIV」のメインテーマであるAnswersの弦楽四重奏生演奏。その美しい楽曲に、来場者は静かに耳を傾けていた。

 続いて、スクウェア・エニックス・ホールディングス代表取締役社長の和田洋一氏が登壇、挨拶に続いて本作についての意気込みを語った。

「FF XI」の歩みと、「FF XIV」にかける意気込みを語る和田社長。本作が「FF XIV」となった経緯も明らかに

 和田社長は、「いよいよ『FF XIV』が日・米・欧で同時ローンチします。今朝段階で39万人以上がβテストに参加しており、世界中で多くの人より期待されています。必ずやこの期待にそえる作品に仕上がっていくと確信しています。『FF XI』が8年前にローンチしたときは、何から何までが初めてづくしでした。それから8年経ち、皆様方のおかげで、「FF XI」は世界で代表するオンラインゲームに成長しました」と、「FF XI」の運営を振り返った。

 また、本作のタイトルについても言及。「本作のタイトル名を決めるとき、プロデューサーから「FF XIV」にしたい、と言われました。理由を尋ねると、“「FF XI」にVをつけると「FF XIV」になるから”との答えが返ってきて、“この人、こういうことを言う人だったんだ”と、しばらくポカーンとしてしまった。ただ、これは「FF XI-2」ではない、数年間に渡って支持を得た「FF XI」をさらに進化させていきたい、という2つの決意の表れだと解釈し、「FF XIV」としてお客様に届けることに決定しました」と、本作が「FF XIV」となった経緯を明らかにした。


本作のオープニングームービーが披露された。モルボルらしきモンスターと戦うバトルシーンが楽しめた

 続いて、本作のオープニングが上映された。酒場でギルドリーヴのカードを眺めていると、冒険の幻影を見る……といった感じの内容で、大迫力のバトルシーンが見られた。

 その後は、本作のプロデューサーである田中 弘道氏が登壇、「FF XIV」の舞台であるエオルゼアについてや、スタート地点となる3国の紹介を行った。「3国はすべて細部まで作り込まれている。皆さんの第二の故郷となる場所が、きっと見つかるはず」と、本作の没頭感が並々ならぬものであることを語った。

 また、キャラクターメイキングと、それに続くオープニングムービーのデモも披露。キャラメイキングは非常に細部まで行え、例えば“ミコッテ”ならば尻尾までカスタマイズできることを説明。また本作独自のアーマリーシステムや、スタート地点は3国から選択することを紹介した。

「FF」ファンにはおなじみ、田中プロデューサーが登壇。本作の特徴を解説した
キャラメイクの実演も行われた。ミコッテが気になる人は今すぐβテストに参加するべし!

 キャラメイクから続くオープニングムービーについては、「『FF XIV』はストーリーに注力しており、イベントシーンはハイクオリティな映像をリアルタイムレンダリングで実現している。このため、主人公キャラクターの外見や装備は、その時々に応じたものでイベントシーンを楽しめる」と解説した。

 なお、スタート地点となる3国やキャラクターメイキング、オープニングイベントに関しては、過去の記事でくわしく紹介しているので、詳細に関してはそちらを参照してほしい。「Ff XIV」は現在オープンβテストが行われているので、実際にプレイして確かめてみるのもいいだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」