ニュース
» 2010年09月16日 20時55分 公開

“日本制作”の新規ゲームタイトルが、山のように発表されたマイクロソフトの基調講演詳細リポートTGS2010【基調講演】(2/3 ページ)

[板橋舟人,ITmedia]

今度はKinect専用タイトルのターン!

 続いて、スペンサー氏はKinect用タイトルについて言及。「現在日本で開発されている、まったく新しいKinectタイトルを紹介します。なぜ日本なのか、それは簡単に学べて瞬時に面白さを理解でき、くり返し何度プレイできるという、アーケードゲームの良さを持つゲームが日本にあるからです。MGSが日本の開発会社で見たコンセプトは、ユニークで、これまでに見たことがないものでした。しかし、こうしたクリエイターの方々は、“このゲームを世に出すとなると、コンセプトは無難な線を追求しなければならないだろう”という命題を抱えていました」と、とがったゲームを考えても、一般受けしそうなスタイルに自粛してしまう風潮があることをコメント。

 「ならば、その道筋を我々が作ろうと考え、日本のクリエイターに突拍子もないクレイジーなアイデアを募ってみました。それと同時に、『Limbo』や『Castle Crashers』、『Shadow Complex』などで成功を収めたXbox LIVEにおけるデジタル配信に注目してもらいました。その結果は素晴らしかったです」と、とがったゲームを作ってもらうよう仕掛け、その戦略が成功したことをアピールした。

 その1本目は、「パラッパラッパー」や「ウンジャマラミー」を手がけた七音社のタイトルだ。七音社の代表取締役社長・松浦氏は、ビデオレターで参加。「Kinectを初めて体験したのは、去年のTGSの会場でした。大きな衝撃を受けて、私たちも何かKinect向けのタイトルを作ろう、ということになり、やっと今日ご覧いただける状態までこぎ着けました。我々が作ろうとしているのは、実はホラーゲーム。Kinectを使い、今までにはない怖いゲームが作れているのではないか、と自負しています」とゲーム内容について語った。

 そのタイトル名は「Haunt(仮称)」。呪いによって生き続けているお化け屋敷を探索するゲームだ。

ビデオレターで新作を発表した松浦社長。新作はお化け屋敷探索ゲームで、仕掛けやゴーストが待ちかまえているようだ

 続いて紹介されたのは、かつてマイクロソフトに所属していた二木幸生氏が所属するグランディングと、その新作タイトル「Project Draco (仮称)」だ。ゲストとして二木氏が登壇、開発の経緯を語った。

 二木氏は「3年ぐらい前にマイクロソフトを退社し、グランディングという会社を立ち上げ、色々なゲームを作ってきました。でも今回Kinectを見て、どうしてもKinectでゲームを作りたいと思い、またマイクロソフトと一緒に仕事をすることになりました。Kinectの話を聞いて一番興奮したのは、これまで十字キーやアナログスティックを前提として作られたゲームのルールを、すべて一新して新しいルールを考えられることです」と、Kinectに魅せられたことを語る。

 実際のゲームについては、「テーマはいくつか考えたのですが、やはり一番やりたかったことは“空を飛ぶこと”です。僕の場合であれば、操縦桿を持って操作するのではなく、Kinectを使って巨大な生き物に乗り、体のバランスを伝えて、手綱を持って意志を示し、指をさして敵を攻撃する――そのようなゲームを作りたいと考えました。その相手は、この伝説の生き物たちしかありえません!」と、ドラゴンに乗って空を飛ぶゲームであることを明らかにした。

かつて「ファントムダスト」や「パンツァードラグーン」を手がけてきた二木氏の新作は、ドラゴンに乗って戦うフライトアクション。Kinectでドラゴンとコミュニケーションを行い、スキルを覚えさせて成長させる要素があるようだ

 次に紹介されたのは、スペンサー氏が“MGSのリーダーとしても、私個人としても、長い間一緒に仕事をしてみたいと考えていた”人物だ。その人とは、「killer7」 や 「NO MORE HEROES」を手がけた、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏だ。

 ゲストとして登場した須田氏は、「僕は『ファイプロ』のディレクターとして登壇しているわけではありません(注:須田氏はヒューマン在籍時に『ファイプロ』シリーズを手がけていた)。グラスホッパーからXbox 360でゲームを出して欲しいと、世界中のファンの皆さん、そしてプレスの皆さんからプレッシャーをかけられてきました。そして今日、やっとその声に応えることができます。僕自身も、ずっと前からマイクロソフトさんと仕事がしたいと思っていました。長い時間がかかってしまいましたが、相性はバッチリです。マイクロソフトはデヴィット・ボウイが大好きです。そして僕もデヴィット・ボウイが大好きです」と、ジョークを交えた挨拶で会場の笑いを誘っていた。

英名ではSUDA 51と紹介された須田氏。自ら“須田フィフティーワン”と名乗り、会場からは笑い声が

 また、「マイクロソフトさんに“どんなゲームを作りたいか”と問われて、僕の中でも一番ハードコアで、パンクで、一番ふざけた企画を提案しました。Kinectが発表されるまで、僕たちはコントローラに縛られてゲームを作ってきました。このKinectは手に何も持たず、まったく新しい革命を僕たちゲームデザイナーの手で生み出すことができます。今回のプロジェクトでは、銃や剣といった武器を使わない、コアなアクションゲームになっています。グラスホッパー・マニファクチュアの最大のファンは、世界中のハードコアゲーマーの皆さんで、そういった人に向けてこのゲームを作っています」と、コアユーザーに向けたゲームであることも明らかにした。

須田氏が手がける作品は「codename D(仮称)」。不気味なアミューズメントパークで戦いに応じ、失った自分を取り戻していくアクションゲームだとか

 最後にスペンサー氏は「以上の5本が、私がここにいる理由です。5人の素晴らしいクリエイター、5つのユニークな観点、これが私たちがこの方向へ進んだ理由です。MGSでは、日本でもっとも優れたクリエイターを探し、その創造性を世界に向けて発信していくことに注力しています。まだその仕事は終わってはいません!」と、さらに個性的なゲームを創り出していくビジョンを明確に打ち立てた。

まだまだ登場、新作タイトル群

 ここから再び泉水氏が登場、今後数カ月内に発売が予定されているソフトを紹介した。

世界でリリースされることが決定した「体で答える新しい脳トレ」

 まずは、9月8日の「Xbox 360 Media Briefing 2010」にて発表された「体で答える新しい脳トレ」の紹介。同時に、本作が北米、欧州、アジア地域でも発売されることを明らかにした。

 続くタイトルは、今年のE3で発表された「Child of Eden」。本作を手がける水口哲也氏がゲストとして登場、「本日初めて日本の皆さんの前で『Child of Eden』を紹介できて嬉しいです。本作は僕がずっと追い求めてきた、ゲームと映像と音楽の融合、というテーマを元に、新しい表現を目指して制作しています」とコメントした。

 また、「Kinectを初めて知ったとき、タイミングに合わせて何かをするというよりは、指揮者のように自分で動いたときに映像などを造りあげていく、そんなイメージが浮かび上がった。本作では音楽を奏でるように、映像を指揮するように、全身を使って自由に遊んでもらえたら嬉しいです」と、体全体で楽しむゲームを目指していることをアピールした。

「Child of Eden」を作成中の水口氏。トレーラームービーから、風、花、空、光などがモチーフとなっている新ステージ“ビューティ”が明らかに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響