ニュース
» 2010年09月16日 22時04分 公開

Moveの触り心地は!? SCEブースで「KILLZONE 3」を遊んできたTGS2010【SCEブース】

SCEブースでは、人気FPSシリーズの最新作「KILLZONE 3」を早くも出展。今回はMoveでも操作可能ということで、さっそく体験してみました。

[池谷勇人,ITmedia]

精度は十分、FPS初心者にもオススメ

 今年のソニー・コンピュータエンタテインメントブースでは、間もなく日本でも発売となるPlayStaiton Moveと、PS3ならではの豊富な3D立体視ゲームを中心に出展。人気FPSシリーズの最新作「KILLZONE 3」も、通常版のほかMove対応版と3D対応版の3種類の試遊台が出展され、人気を集めていた。

 今回、筆者がプレイしたのはMove版。Moveでプレイする場合も、操作方法は基本的にデュアルショックとほぼ変わらず、左手でプレイヤーの移動、右手で視点の移動および攻撃を行う形となる。

 ただ面白かったのが、Moveの場合「画面のどこでも撃てる」という点。通常、FPSでは画面の真ん中に照準が表示されており、攻撃するにはまず敵を画面の中央に捉える必要があった。Moveではポイントした位置をそのまま撃つことができるため、敵が画面のどこにいても、ガンシューティングのような感覚で即攻撃に移ることができるというわけだ。照準のレスポンスや精度も十分で、何より「狙って撃っている」感はマウスやアナログスティック以上だと感じた。

 一方で、視点そのものを動かしたい場合にはポインタを画面端まで移動させる必要があり、素早い視点移動にはやや不向き。Moveとアナログスティック、どちらがFPS向けデバイスとして優れていると感じるかは人それぞれだろう。

 今回のバージョンでは、ゲーム中盤で訪れることになるという「雪山」のシーンをプレイすることができた。プレイ時間は15分ほどで、ヘルガスト兵たちとの銃撃戦のほか、「KILLZONE 3」からの新要素・ジェットパックを使って進んでいくシーンなどもあり、ボリューム的には十分。SCEブースを訪れた際には、ぜひチェックしてみてほしい。

 なお、他にもSCEブースでは、Move対応のリアル格闘ゲーム「肉弾」や、発表されるや否や大きな話題を呼んだ「TOKYO JUNGLE」など様々なタイトルを出展中。これらのタイトルについても、(整理券が手に入れば)追ってリポートしていきたい。

日本では10月発売予定のPlayStation Move
ブース内では10作品以上がMove対応として出展
「KILLZONE 3」もMoveでプレイすることができた

3D対応版はアッと言う間に整理券配布終了
PSPコーナーには「MHP3」の姿も。意外な穴場!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う