ニュース
» 2010年09月16日 22時49分 公開

今年はマリオとドラクエ! ゲーム業界の先駆者が栄冠を手にした「日本ゲーム大賞2010」TGS2010

東京ゲームショウ2010にて今年も日本ゲーム大賞が発表された。

[ふじたけ,ITmedia]

 9月16日から19日にかけて幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2010」にて、CESAが主催する日本ゲーム大賞の表彰式が開催された。冒頭、社団法人コンピュータエンタテインメント協会会長の和田洋一氏から開催の祝辞が述べられた。

和田氏も祝辞で華を添える

「日本ゲーム大賞はこの1年でもっとも実績を上げた作品、クリエイタ―を称え、そのような作品を目指そうという場であります。そして、様々な観点から次の才能を発掘する発表会でもあります。自分が今年、何で遊んだかを総括するきっかけになるかもしれません。どうか最後まで楽しんでいってください」(和田氏)

 最初に発表された経済産業大臣賞は、長年に渡って日本のゲーム産業界をけん引し、最新作の「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」ですれ違い通信という新しい遊び方を提示して、述べ1億人を超える人々にゲームの魅力を伝え、産業に貢献したと、堀井雄二氏が受賞した。


誰もが納得の受賞ではないだろうか。堀井氏(右)

「すごい嬉しいです。『ドラゴンクエスト』を作り始めて23〜4年になります。20年前当時はゲームなんて作っていると石を投げられたりしました(笑)。今では徐々にスタッフも増えていって、みんなに支えられながら20年以上続けられてすごく嬉しく思います。ありがとうございました」(堀井氏)

ドラクエの新作の制作が始まっている?

左から表彰式全体の司会進行を務めた前田美咲氏、伊集院氏

 続けて堀井氏は前作の「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」がプレイステーション 2用の作品だったこともあって、据え置き機の絵を超えないといけないという期待もある状況で、ニンテンドーDSの容量の問題などをみんなで解決していったのが思い出深いと当時を振り返った。また、司会を務める伊集院光氏から次回作の目標について問われると堀井氏は「言っちゃうとうわーってなっちゃうんで、あるから言えないです(笑)」とコメントして会場を沸かせ、ステージを後にした。

 次に発表されたグローバル賞では日本作品部門を「Wii Sports Resort」が、海外作品部門を「コール オブデューティ モダン・ウォーフェア2」が受賞。ベストセールス賞には430万本以上もの売り上げを記録した「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が輝いた。

ゲームデザイナー自らが選ぶ賞も新設

 また、今年はゲームデザイナーズ大賞が新設されていた。ユーザー目線の従来の賞とは異なり、著名なゲームデザイナーたち自らが選ぶこの賞には「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」が選ばれた。授賞式では審査委員長の桜井政博氏自らプレイしながら、ゲーム業界を代表するデザイナーたちに選ばれた同作を紹介した。

審査員一覧(左)。実際にゲームをプレイして紹介するゲームデザイナーズ大賞審査委員長の桜井氏(右)

大賞に輝いたのはマリオ!

 最後を飾る賞は日本ゲーム大賞。数々の名作が優秀賞に選ばれる中、見事大賞の栄冠を勝ち取ったのは「New スーパーマリオブラザーズ Wii」。ステージに登壇した任天堂の手塚卓志氏は満面の笑みを浮かべながら「今回投票していただいたコメント集の最初のページは1歳の方からで、最後のページは80歳でした。我々は『5歳から95歳の方まで遊べるようなゲームを!』と言っておりますが、それに近い形で投票してくださった皆さまがいらっしゃることを感じました。この喜びを帰ってスタッフに伝えたいと思います。ありがとうございました」

優秀賞受賞作品の制作者たち(左)。「ラブプラス」の生みの親である“お義父さん”こと内田明理氏と、「龍が如く」シリーズの総合監督を務める名越稔洋氏が肩を並べる場面も

手塚氏には投票者代表からトロフィーが授与された

 なお、今年の受賞作品一覧は下記の通り。いずれも大賞に負けず劣らず、名作たちが名前を連ねた。まだプレイしていない作品があれば、これを機会に遊んでみてはいかがだろうか。

日本ゲーム大賞2010
大賞 New スーパーマリオ Wii
優秀賞 イナズマイレブン2 驚異の侵略者 ファイア/ブリザード
Wii Sports Resort
トモダチコレクション
ドラゴンクエストIX 星空の守り人
New スーパーマリオ Wii
FINAL FANTASY XIII
BAYONETTA
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
モンスターハンター 3(トライ)
ラブプラス
龍が如く 伝説を継ぐもの
ベストセールス賞 ドラゴンクエストIX 星空の守り人
グローバル賞 日本作品部門 Wii Sports Resort
グローバル賞 海外作品部門 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙