PS3の目玉は“Move”と“3D”! SCEカンファレンス詳細リポート(ハードウェア編)TGS2010【SCEカンファレンス】

速報に続いて、SCEのプレスカンファレンス「Sony Computer Entertainment Japan Press Briefing」の詳細をお届け。長くなりそうなので、まずはハードウェア面の発表からお送りします。

» 2010年09月17日 12時35分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

 速報でもお伝えしたが、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は「東京ゲームショウ」初日の9月16日、同社ブース内においてプレス関係者向けカンファレンス「Sony Computer Entertainment Japan Press Briefing」を実施し、PSP・PS3の今後のプラットフォーム展開について説明を行った。

 カンファレンスは2時間にも及び、前半は主にハードウェア面について説明を行い、後半は各ソフトメーカーのキーマンが登場し、PSP・PS3向けタイトルを発表するという形で進行。ここではひとまず、前半のハードウェア関連の戦略について詳細をお届けする。

PlayStation Moveをアピールする、SCEプレジデント・河野弘氏

 今回、特にSCEが強くプッシュしていたのが「PlayStation Move」と「3D」の2点。最初に、SCEプレジデントの河野弘氏は「Moveで何を目指すか」という点について、「お客様がゲームの中に入り込み、より直感的な操作を可能にすること」と説明。さらに今後は13社から合計35作品が発売予定であるとし、豊富な対応ソフト群を強くアピールした。日本では10月21日に発売予定となっているMoveだが、今後SCEでは発売前後にかけ「あそ棒。MOVE」をキャッチコピーに、大々的にプロモーションを展開していくという。

 なおSCEブース内では今回、サードパーティ製タイトルも含めて合計21タイトルのMobe専用・対応タイトルが試遊可能。「まるで手の延長にあるような、魔法のスティックのような操作感を、ぜひみなさんも遊んでいってください」(河野氏)

日本では10月21日発売となるMove。ローンチにあたり、お絵かきリズムアクション「ビートスケッチ!」を同梱した「スターターパック」も数量限定で発売予定

 Moveと並ぶもうひとつの目玉として、河野氏が掲げたのが「3D」。「PS3は次世代機の中でもいち早く3Dに対応しており、今後はこのアドバンテージをさらに生かしていきたい」と河野氏。続いてスクリーンでは、河野氏の自信を裏付けるように「みんなのGOLF」や「ファイナルファンタジーXIV」、「メタルギア ソリッド ライジング」などビッグタイトルの3D映像が次々上映され、来場者の度肝を抜いた。「みんなのGOLF」など一部タイトルはあくまで「参考映像」とのことだったが、「3Dに力を入れていく」という河野氏の意気込みは十分に伝わったのではないだろうか。

 また速報でもお伝えしたが、9月21日にはPS3でBlu-ray 3Dの再生に対応する「システムソフトウェア3.50」の提供が開始されることも明らかに。これは当初の予定よりも約1カ月早く、いかにSCEが「3D対応」を重要視しているかがこの点からもうかがえる。「今後はゲームのみならず、映画やミュージックビデオといったあらゆる3Dコンテンツを取り込んでいく核になる」と河野氏。

Bru-ray 3Dの再生対応により、ゲーム、映画、ミュージックビデオといったあらゆる3DコンテンツがPS3に集まることになる

「モンスターハンターポータブル3rd ハンターズモデル」を手に持って紹介する、カプコンの辻本良三プロデューサー

 このほかハードウェア面の戦略としては、10月〜12月にかけ、320GBの大容量HDDを標準搭載した新型PS3「クラシック・ホワイト」や、DUALSHOCK3の新カラー「キャンディー・ピンク」、ツートンカラーのPSP-3000本体を同梱した「PSP(PSP-3000)バリューパック」などを投入。また12月1日の「モンスターハンターポータブル3rd」発売に合わせ、「MHP3rd」チームの完全監修による特別仕様PSP「ハンターズモデル」を数量限定で発売することなどが発表となった。これらについては、速報およびニュースですでに紹介しているので、ここでは省略することとしたい。

 この後、壇上では河野氏に変わって、各ソフトメーカーのキーマンが次々登場し、今後発売予定の新作タイトルを次々紹介していく流れに。続きは「ソフトウェア編」にてお届けする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評