ニュース
» 2010年09月17日 16時25分 公開

今そこにある危機――絶体絶命だったので「絶体絶命カレー」を食べてみるナニコレTGS2010

今年の東京ゲームショウ2010で密かな話題となっているのが、飲食コーナーになぜか出展したアイレムさん。「絶体絶命カレー」のみで勝負するその味に、満身創痍な記者がすがりつく。

[加藤亘,ITmedia]

絶体絶命は人それぞれです

 今年の東京ゲームショウの飲食コーナーは、アジアを意識したラインアップになっている。その中でも異彩を放つのが、アイレムソフトウェアエンジニアリング(以下、アイレム)が出展し、提供する「絶体絶命カレー」。なにが絶体絶命なのか、実際食べてみることにした。

 初日の午後3時くらいになってようやく時間が取れた筆者は、この日初めて飲食コーナーのある第7ホールへと足を運び、自分のうかつさに打ちひしがれた。なんと「絶体絶命カレー」は、午後2時をまわったあたりですべて売り切れてしまったというのだ。こうなると意地でも食べてみたい!

遠目からどうも人がいないと思っていたが、無常にも売れ切れの文字。この時点で昼食を抜いている筆者は絶体絶命に……

 アイレムといえば毎年東京ゲームショウとエイプリルフールに(もちろん、それ以外でも)その存在感を遺憾なく発揮するゲームパブリッシャー。2008年には起震車を展示、2009年には物販ブースに「アイレム横丁」を出展し、いつも斜め上の行動を取ってきた。そして今年は、ちゃんと一般展示をしながらも、飲食コーナーへの出展とあいなったわけだ。

 昨年のゲームショウが終わった後に、次は飲食コーナーに出展しようという話が出たため、リサーチ不足で価格の決定すら難航したと語るのは、同社ゲーム課 営業企画グループの松尾悟郎氏。提供する食品は、アイレムが石川県にあるため、なじみの深い金沢カレーに目をつけた。それは、イベント会場での食事といえば、やはりカレーだろうという思い込みもあった。いくつかの金沢カレーを提供する店舗に足を運び、東京ゲームショウに提供できないかと店舗側と調整し、今回の出展のために4日で2000食分の金沢カレーを確保した。

 実際いくつ売れるものなのか分からずに数を決めたと後悔する松尾氏。そのインパクトもあって初日の9月16日は、用意していた400食分を売り切ってしまった。だが、オープンした1時間は2〜3食しか売れず、余らせてしまうのではないかと弱気だったという。蓋をあけてみれば、ビジネスデー2日目も午後2時過ぎにはソールドアウトとなった。

 今回提供されている「絶体絶命カレー feat.金沢カレー」は、野菜と肉をじっくり煮込んだ少し辛めの味付け。ご飯が隠れるほどたっぷりかけ、そこにキャベツを乗せるのが金沢風とか。しかし、今回猛暑の影響でキャベツの価格が高騰したため、トッピングは諦めざるをえなかったという。また、本当は大盛りも提供予定だったが、あまりの人気に普通盛り(Sサイズ/ご飯250g)のみとなっている。

 さて、前日と同じ轍を踏むわけにはいかない筆者は、2日目の早朝ダッシュを試みた。しかし、なにやら昨日と同じような雰囲気がする。近づくと「ただいま準備中」の文字が……。確かに、開幕と同時に飲食コーナーに突入するような入場者などいるわけもなく(いたらすみません)。しばらく仕込みを待ってみることにした。

せっかくなので仕込みを見学。お邪魔してすみません。2日目も400食を用意。電気ウォーマーで温めるのは焦げ付きを防ぐため。時間がかかるのはそのためだ。なお、食事中にアピールできると、モニターで「絶体絶命都市4 -Summer Memories-」のPVが流されている。飲食コーナーでは初の試み?

 そうこうしているうちにやっと「絶体絶命カレー」がふるまわれた。たっぷりご飯にかかったカレーはまろやかで、少し辛めながら味わい深い。ただでさえ寝不足で、かつ会場を行ったり来たりした疲れた身体をカレーがやさしく染みこんでいく。かつて誰かが言った“カレーは飲み物”という格言を身を持って知る。あっという間に平らげてしまった。温かい食事は大事なのだと再認識し、自分が絶体絶命だったことを思い出させてくれた「絶体絶命カレー」。これで今日も働ける!

 一般日は両日600食を用意して臨むとのこと。一般公開日は7万人近くを動員する予定で、昼くらいから激戦が予想される。もし混雑したらと料理を作る方も危機感を募らせている。用意した分は本当にはけ切るのか、それともやはり瞬殺してしまうのか……。ここにも絶体絶命が潜んでいた。

いただきます! ごちそうさまでした!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい