コスプレに関わる諸々を総括――東京ゲームショウ2010 コスプレカンファレンスTGS2010

昨今何かと注目を集めているコスプレ。東京ゲームショウ2010では過去に類をみないほどコスプレをフィーチャーしており、「コスプレカンファレンス」が開催された。

» 2010年09月18日 14時06分 公開
[ふじたけ,ITmedia]

 外務省が世界コスプレサミット2010を後援するなど、今や異文化交流の共通言語となりつつあるコスプレ。もはや世界的なイベントとなった東京ゲームショウでも今年は、ビジネスデー2日目となる17日に「コスプレカンファレンス」を、18日に「コスプレダンスナイト」と称したパーティーを開催するなど、コスプレを強くフィーチャーしている。本記事ではその前者、コスプレカンファレンスの模様をお送りする。

 このカンファレンスでは“コスプレ”という言葉の生みの親である高橋信之氏(スタジオ・ハードデラックス代表取締役)をモデレーターに、大門太郎氏(コスプレ専門誌「COSMODE」編集長)、山本さやか氏(コナミデジタルエンタテインメント 小島プロダクション広報担当)、ジャッキー道斎こと道斎忠明氏(コスプレドットコム アジアエリアマネージャー)の3名をパネラーに迎えて進められた。

左から高橋氏、大門氏、山本氏、道斎氏。山本氏は「メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー」のキャラクター、パスのコスプレで登場。

ゲームとコスプレの似ている点

 まず高橋氏はコスプレとゲームは双方ともにインタラクティブ性が強いものとした上で、ゲームパッドを持ったまま身体ごと動いてしまうことと同様に、コスプレによってそのキャラクターに近づこうとすることは、どちらも指先の延長線上に自分の分身を得ているという点で非常に親和性の高いものだと指摘した。

 また、次に世界へ拡大するコスプレとJ-POPカルチャーの一例として、個人が制作した同人作品「東方Project」シリーズに登場するキャラクター、氷の妖精チルノのテーマ曲「おてんば恋娘」をアレンジした「チルノのパーフェクトさんすう教室」がインターネットによって広まり、それに続く形でファンから同シリーズのキャラクターのコスプレをしてダンスする動画が投稿サイトにアップされ、その動画から海外へと波紋を広げている一例を挙げた。



新旧コスプレあれこれ

 大門氏も数でいうならばコスプレは「ゲーム=アニメ+漫画」くらいの規模でゲームが最も多いと述べ、昔は仲間内でひっそりと行うアンダーグラウンドなものだったと過去のコスプレについて振り返る。

 実際にゲームメーカーの社員という立場から東京ゲームショウ2010においてメタルギアシリーズのコスプレ大会を主催する山本氏は、「今やコスプレはファッションの延長で、カメラの前でポーズをとることによって新しい自分を見つけることもでき、秋葉原に行けば簡単に衣装が買えることも相まって間口が大きく広がっている」と最近の傾向について話した。

 道斎氏も自身が10年ほど前に「ストリートファイターZERO 3」のメーカー公認コスプレイベントに参加した際はまだまだ色もの扱いされていたが、今では明らかにメーカーの対応が変わり、はっきりとコスプレイヤーに感謝の気持ちを示すようになったと指摘。総じて3人とも今のコスプレイヤーは非常に幸せな立場にあるという意見で一致した。


海外からのゲストも登壇

 続いてドイツ、アメリカ、台湾から現役コスプレイヤーのゲストがステージに迎えられた。コスプレ歴8年、ドイツから来日したエリさんは日本のコスプレといえばディテールが細かく、写真を撮ったり撮られたりするものだが、ドイツではパーティー形式のものが多いと日本との違いについてコメント。

 アメリカから来日し、日本以外にポーランドなどでもコスプレ活動を行うアデルさんも、アメリカでは日本のように更衣室ではなくホテルで着替えて参加すると意外な違いを述べた。国柄か、やはり欧米では日本よりもオープンな傾向にあるようだ。

 一方でコスプレ歴7年、コスプレ修行のため来日中だというルカさんは日本と台湾ではコスプレに対するスタンスはほとんど違いは無いとした上で、日本のコミックマーケットと同様のイベントが台湾でも開催され、そういった場にコスプレイヤーが多く駆けつけると台湾の状況を説明した。

エリさん。東京ゲームショウ2010のマスコットキャラのコスプレで参加
アデルさん。ソウルキャリバーのソフィーティアのコスプレで参加。ちなみに剣は飛行機に持ち込めなかったため諦めたそうだ
ルカさん。ミク頭巾のコスプレで参加。カンファレンスでは流ちょうな日本語で話していた

現役東大生が躍るチルノのパーフェクトさんすう教室

 最後に高橋氏はこれまでのコスプレに無かった遊び方として最近は踊りなど、動きというものが新しいアプローチとして生まれつつあるとし、ゲストに東大まるきゅうプロジェクトのメンバーをステージに招いた。

続々と入場するまるきゅうプロジェクトのメンバー

 東京大学の学生有志が学園祭に合わせて何かできないかと考えた結果コスプレダンスだったというきっかけで結成されたまるきゅうプロジェクトが、先述のチルノのパーフェクトさんすう教室に合わせたダンスを披露する賑やかなエンディングでカンファレンスは締めくくられた。

本当に踊りだすメンバーたち。

最後はみんなで記念写真。咲夜さん可愛いよ咲夜さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」