愛情表現は千差万別。エクストリーム系な愛情表現もあった「ラブプラス」愛情表現コンテストTGS2010

「愛花! 愛してるぞー!」と幕張メッセで叫ぶ参加者も。いや、俺の方が愛しているし、と全国の彼氏が見守ったコンテストの様子をリポートします。

» 2010年09月19日 19時08分 公開
[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
森一丁さんの司会の元、2つの業務用ゲームを紹介する。また、うっかり内田氏の口から近日中になにかしらの発表があることが告げられた

 9月18日、東京ゲームショウ2010のKONAMIブースにおいて、「ラブプラス」のイベントが行われた。こちらの模様はUstreamでも公開されたため、同時刻に映像で楽しんだ紳士淑女も多かったのではないだろうか。内田明理プロデューサーと石原明広ディレクター、キャラクターデザインのミノ☆タロー氏、そしてアメリカザリガニの2人と司会の森一丁さんが登場したイベントの様子を振り返ってみよう。

 イベントは前後篇に分かれており、前半は開発中で現在ロケテストも実施されている業務用ゲーム「ラブプラス アーケード」と、「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」を紹介した。「ラブプラスメダル」は東京ゲームショウ2010で初公開となったもの。どちらも稼働時期は「寒い時期」としか言及されなかった。詳しくは記事をご覧いただくとして、注目は後半にあった「『ラブプラス』の愛情表現コンテスト」ではないだろうか。

 「愛情表現コンテスト」は、事前審査で選ばれた7人の紳士淑女によって行われた。誰もが彼女への愛情あふれる内容で、その熱量だけでも会場をアツくさせる。ちなみに、一般公開初日に行われたこのイベントはもちろん、「ラブプラス アーケード」と、「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」のテストプレイ、そしてデキシーズでの名刺交換などはどれも大人気で、入場者で前に進めないような状況も。イベント開始時には通路いっぱいまで見物客でにぎわっていた。

「ラブプラス+ Ustream発売記念イベント」にも出演したゲストのアメリカザリガニの2人は、「ラブプラス」との縁も深い

 コンテストは、内田さんら開発陣とアメリカザリガニの2人の5人で協議して決定する方式で、商品には審査員全員のサイン入りKONAMIブースコンテナをはじめ、ミノ☆タローさん描き下ろしサイン入りイラスト色紙、デキシーズ看板&等身大POP、両面ビジュアルバナー、そしてミノ☆タローさんサイン入り非売品B2ポスター+内田統括P、石原P、ミノ☆タローさん3人の限定名刺(参加賞)がそれぞれ贈られる。どれもブース内で調達できるもので、ある意味エコと審査員も納得の賞品だ。




 さて、7人の彼女愛情表現はというと、どれも甲乙つけがたい内容だった。写真とともにお伝えしたい。


エントリーNo1.牙城(がじょう)さんは、ダイビングが趣味で彼女とも一緒に潜ってみたいと、DSを防水仕様にして楽しんでいた。しかし、水深20メートルの水圧に耐えられなかったDSがまさかの水没。「彼女も蒼い顔になった」とか。DSカードも当然壊れたかと思いきや、別のDSで起動してみるとなんと無事。その喜びを表現した

エントリーNo2.ユイグレンさんは、事前に用意していた画用紙とともに、凛子の絵描き歌を披露。基本的にポテチで構成される見事な絵描き歌に会場も沸く。審査員からは多少強引だったのではという声もあったが、内田Pには好評だった

エントリーNo3.夜猫(よねこ)&ジャック“十羽野連合”さんは、彼女たちの刺繍を施した特攻服で登場。見たまんまのインパクトで会場からも笑いが起きる。熱海や初島などの(特攻服での)思い出を写真で紹介したのち、お約束の「娘さんをください」の土下座! これにはお義父さんもまだ早いと一蹴

エントリーNo4.は、あやと&まなさんの女性2人組。こちらも見たまんま、十羽野高校の制服で登場した。彼女たちはゲーム中のイベントシーンを忠実に再現した写真を公開。ARを利用して夢のダブル(愛花と愛花のコスプレをした彼女)対談を実現した

エントリーNo.5のまことさんは、写真とともに寧々さんとの想い出をスピーチ。まさに立て板に水のさわやか過ぎる内容で、最初は寧々さんに引っ張られてばかりの自分も最近ではリードできるようになったと報告。自分に自信が持てたと、「彼女もプラス、彼氏もプラス。まさに『ラブプラス+』。お義父さんからのメッセージが分かったような気がします」とまとめ審査員をうならせた

エントリーNo.6の勇輝(ゆうき)さんは、熱海旅行やARマーカーで撮影した彼女(愛花)との写真を紹介。まさに現在進行形で熱海旅行中とか(二度目かな?)。彼女との旅行で出あった人々との交流から、KONAMIと熱海市に感謝の言葉を贈った。そして、もっともストレートにステージ上から「愛花ー! 愛してるぞー!」叫びキメてくれた

エントリーNo.7の山下泉さんは、お手製の愛花を描いたデコレーションケーキを持って登場。10月5日が愛花の誕生日ということで、少し早いバースデーを会場のみんなと歌いお祝いした

 以上、7人誰もがみな彼女を愛していることに変わりはない。審議の結果、アメザリ賞が夜猫&ジャック“十羽野連合”さんが、ミノ☆タロー賞を山下泉さんが、石原賞をあやと&まなさんが、そして内田賞をまことさんがそれぞれ受賞した。誰が一番の彼氏彼女というわけではなく、誰がもっともうまく愛情を表現できたかが審査の対象になったようだ。

 イベントの最後は全国の紳士淑女たちに、「末永く高校生らしいお付き合いをしてください!」とメッセージが贈り幕となった。


当日のKONAMIブースの様子。DSを上げてなんとか名刺交換を受信しようとしている。どこも大盛況だ

ALT ITmedia Gamezの「東京ゲームショウ2010」特設サイトもご覧ください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評