ガンダム、インベーダー、ソニック――「I Love iPhone」で披露された新作アプリTGS2010(1/2 ページ)

東京ゲームショウのイベント「I Love iPhone」で、iPhoneゲームを手がける9社が新作アプリを発表した。また、各社の発表から、どんなiPhoneアプリが求められているかも垣間見られた。

» 2010年09月21日 22時55分 公開
[田中聡,ITmedia]

 9月17日に、東京ゲームショウ2010で新作のiPhoneゲームアプリを紹介するイベント「I Love iPhone」第8回が開催された。新作ゲームを発表したのはカプコン、ハドソン、タイトー、セガ、コーエーテクモゲームス、コナミデジタルエンタテインメント、バンダイナムコゲームス、ゲームロフト、AR.Droneの9社。イベントではどんなゲームが披露され、各社はどのような姿勢でiPhoneゲームの開発に取り組んでいるのか。その主な内容をリポートしよう。

ユーザーレビューがコンテンツを育てる――カプコン

 カプコンは、App Storeのユーザーレビューがアプリを進化させるヒントになるとみている。同社 MC 営業戦略チームチーム長の道口正人氏は「ストリートファイターIV」を例に出し、「ユーザーレビューがコンテンツを育てる」と話す。ストリートファイターでは「キャラクターが少ない」というレビューが多かったことを受け、カプコンはIVで「ザンギエフ」と「キャミティ」を追加した。ユーザーレビューをもとにバージョンアップを図り、そこからApp Storeでのランキングも上がるという相乗効果が得られる。道口氏は「褒められて伸びるカプコンです!」とアピールした。

photophotophoto カプコンの道口正人氏(写真=左)。「ストリートファイターIV」ではユーザーレビューを受けて、ザンギエフとキャミティを追加した(写真=中)。ユーザーレビューが好循環を生む(写真=右)

アプリ内課金に手応え――ハドソン

 30作以上のゲームアプリを配信してきたハドソンが、ここ最近手応えを感じているのが、AR(拡張現実)を利用したRPG「AR Monster」だ。同作のダウンロードは無料だが、アイテムや装備品などをアプリ内課金で購入できるのが特徴。同社 スマートフォン事業本部本部長(執行役員)の柴田真人氏によると、こうした追加アイテムの購入が増えているという。


 9月16日には新作のiPhone/iPod touch向けアプリ「僕とちくわと鉄アレイ」(230円)の配信を開始。ちくわを飛ばして鉄アレイにはめるというシンプルな内容で、「分かる人には分かる」と柴田氏は説明する。クリエーター「RucKyGAMES」とコラボレーションしているのも特徴だ。

photophoto ハドソンの柴田真人氏(写真=左)。新作アプリ「僕とちくわと鉄アレイ」(写真=右)

 今後のビジョンについて柴田氏は「iPhoneアプリの配信には誰でも参入でき、これだけオープンになれば、(失敗したときの)言い訳ができない。お客さんと連携を取り、既存のゲームの考えを捨て、新しいステージに向かっていきたい」と意気込みを話した。また、同社のiPhone/iPod touch向けポータルサイト「Do the Hudson!!(外部リンク)」を10月中旬にリニューアルすることも明かした。


「スペースインベーダー」がiPadとiPhone 4に対応――タイトー

photo タイトーの石田礼輔氏

 タイトーのiPhoneゲームは、2009年7月に配信した「スペースインベーダー インフィニティジーン」(600円)が現在も人気で、同社ON!AIR事業本部開発部 ディレクターの石田礼輔氏は「定番アプリになってきた」と話す。

 同作では従来のレトロなインベーダーとは異なり、ゲームを進めるにつれてデザインやサウンド、自機がパワーアップする新しいシステムを取り入れた。現在のver.3.0.0では横画面の操作に対応したほか、「ダライアス」「ナイトストライカー」「メタルブラック」の自機を追加購入できるようになった。これらのダウンロードコンテンツは「往年のゲームマニアの方を中心に好評」(石田氏)だという。

 さらに、近日公開予定のver3.5ではiPadとiPhone 4に対応し、高精細なグラフィックやアニメーションを楽しめる。iPhone/iPadのユニバーサル対応なので、どちらかの端末で購入すれば、iPhoneとiPad両方でプレイできる。

photophotophoto 「スペースインベーダー インフィニティジーン」はver.3.0.0で横画面に対応したほか、追加コンテンツのダウンロードが可能になった
photophoto スペースインベーダー インフィニティジーンでは定期的なバージョンアップを実施している(写真=左)。Ver.3.5も近日配信予定(写真=右)

 「BUBBLE BOBBLE DOUBLE」の配信も近日中に予定している。泡で敵を消していく同作では、グラフィックも含めてiPhone完全オリジナルの内容になっている。「泡を連鎖して爆発させたり、簡単なようで戦略を楽しめる」(石田氏)。原作ファンも多いことから、シンプルな画面の原作版も収録しており、1作で2種類のゲームを楽しめる。

photophotophoto BUBBLE BOBBLE DOUBLEはiPhoneオリジナル版と原作版の2作を遊べる

「ソニック」の新作はiPhone版を前提に開発――セガ

photo セガの長原俊之氏

 セガは同社の代表作ともいえるアクションゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の完全新作を16年ぶりにリリース。Xbox 360、PS3、Wii、iPhone/iPod touch向けに近日中に同時発売する。同社 第二CS研究開発部企画セクションの長原俊之氏は、新作は「iPhone版を前提に開発した」と話すほど、iPhoneへのチューニングにこだわった。

 「ジャンプの入力判定では、(バーチャルパッドの)Aボタンの長押しで高く、短押しで低く飛べるが、少し押しただけでも高く飛べるようにするなど、あまり難しくならないようにした。ボタンを押した後の遅延を抑えたり、ボタンの入力が多少ずれても誤操作が起きないようにした。また、画面が回転するのはiPhone版のみ」(長原氏)

 処理速度にも注力し、iPhone 3Gでもストレスなく遊べるという。さらに、iPhone版のみのステージも用意。トロッコを操るオリジナルステージでは、iPhoneのモーションセンサーを利用し、端末を傾けるという直感的な操作でトロッコを動かせる。

photophoto 近日公開予定の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」(写真=左)。iPhoneを傾けて利用できるオリジナルステージも用意(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」