ガンダム、インベーダー、ソニック――「I Love iPhone」で披露された新作アプリTGS2010(2/2 ページ)

» 2010年09月21日 22時55分 公開
[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「三國志2」を2010年中に発売――コーエーテクモゲームス

 コーエーテクモゲームスは、壊れたゾンビを再生するという一風変わったアクションゲーム「Zombie Recycling Inc.」(115円)と、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・全国版」(1200円)を紹介。信長の野望・全国版には50人以上の大名が登場するほか、GPS機能を使って現在地に応じた大名を判定し、その大名の能力を強化できる。ゲーム中にiPadの音楽を聴けるのもiPhone版ならではだ。

photophotophoto iPhone用のポータルサイトからApp Storeに飛んでコーエーテクモゲームスのアプリを購入できる(写真=左)。ゾンビを再生する「Zombie Recycling Inc.」(写真=中)。GPS機能とも連動した「信長の野望・全国版」(写真=右)


 アルファベットで名前を入力すると独自の漢字に変換してくれる「KANJI SHAKER」(無料)も紹介された。「michael」が「磨威華流」と変換されるという具合で、ちょっとした小ネタアプリとして楽しめそう。変換後にiPhoneを振ると、別の候補も出してくれる。

 新作アプリとして「三國志2」を2010年中に配信することも発表した。同作では戦闘モードでも「一騎打ち」「寝返」を採用。武将は350人以上が登場し、オリジナルの武将を作成することもできる。

photophotophoto アルファベットから漢字を変換する「KANJI SHAKER」(写真=左)。2010年中に配信予定の「三國志2」(写真=中、右)

iPad/iPhone/iPod touch向け「jubeat」登場――コナミ

 コナミデジタルエンタテインメントは、「パワフルプロ野球TOUCH 公式ライセンス版2010」や「METAL GEAR SOLID TOUCH」など、これまでに17アプリを配信してきた。同社は新作アプリとして、今秋に「麻雀格闘倶楽部 touch」をiPhone/iPod touch/iPad(ユニバーサル対応)向けに発売する予定。

photophotophoto iPhone/iPod touch/iPad向け「麻雀格闘倶楽部 touch」。3GとWi-Fiのネットワーク対戦ができるほか、アーケート版のデータを引き継ぐこともできる

 あわせて、音楽に合わせてマーカーをタッチする「jubeat(ユビート) plus」のiPad版を今秋、iPhone/iPod touch版を今冬に発売する。jubeat plusは、インターネット経由で他ユーザーと遊べるiOS 4.1のソーシャルゲーム機能「Game Center」に対応している。

photophotophoto iPhone/iPod touch/iPad向け「jubeat plus」

4本のガンダムアプリを発売予定――バンダイナムコゲームス

 バンダイナムコゲームスは、60作という比較的多数のアプリを配信している。同社 第2スタジオマーケティング企画部マーケティング企画2課アシスタントマネージャーの山田大輔氏は、iPhoneアプリのビジネスモデルが、従来の単価×ダウンロード数の売り切り型から、運営型に変わってきていると実感していると話す。

 山田氏が運営型アプリとして成功したと感じたのが、iPhone版「太鼓の達人プラス」だ。同作はダウンロードは無料ながら、追加で購入できる楽曲を配信し、好評を得ている。今秋には太鼓の達人プラスでBluetoothを利用した対戦プレイが可能になる予定。アプリの開発方法については「App Storeの市場規模はまだ成長段階。OSのアップデートに伴い仕様が追加されるので、長期のスケジュールを組みにくい。短期+運営型で開発していく必要がある」と同氏はみている。

photophoto バンダイナムコゲームスの山田大輔氏(写真=左)。運営型で成功したコンテンツ(写真=右)

photo ゲームとツール系のガンダムアプリを開発中

 iPhoneのゲームには家庭用やアーケード版と同等のクオリティが求められており、家庭用でブランドのあるゲームはiPhoneでも強いという。その流れを受け、同社はガンダムのiPhoneアプリを開発。ゲームアプリとして「SDガンダム Gジェネレーション タッチ(仮)「ガンダム ファイティングスピリッツ(仮)」、ツールアプリの“GUNDUM Tool Boxシリーズ(仮)”として「GUNDAM Tool Box - RX-78-2 simple icons ver. -(仮)」と「GUNDAM Tool Box - RX-78-2 COCKPIT ver. -(仮)」を配信する予定だ。

iPhone 4をフル活用できる2作のアプリ――ゲームロフト

 7言語に対応したアプリを世界で配信しているゲームロフトは、iPhone/iPod touch向けに75作品、iPad向けに25作品を開発してきた。ゲームロフト ビジネス部 PRマネージャーの稲葉芳恵氏によると、日本市場では「レッツ!ゴルフ」が好評だという。また、有料アプリのみで累計2000万ダウンロードを突破している。

photophoto ゲームロフトの稲葉芳恵氏(写真=左)。世界でアプリを発売している(写真=右)

 新作としてガンシューティングゲームの「MODERN COMBAT2 BLACK PEGASUS」と、アクションRPG「DARK QUEST II」を発売する予定。3DグラフィックとiPhone 4のジャイロスコープを採用したMODERN COMBAT2 BLACK PEGASUSでは、12のミッションをクリアしていく。DARK QUEST IIはGame Centerに対応したほか、iPhone 4のRetinaディスプレイにグラフィックを最適化している。プレーヤーのレベルを前作の50から100に増やし、66のミッションを用意するなど、ゲームのボリュームが増している。

photophotophoto 「MODERN COMBAT2 BLACK PEGASUS」
photophoto 「DARK QUEST II」

“クアッドリコプター”でARゲームをプレイ――AR.Drone

photo クアッドリコプター

 AR.Droneは、パロット社のクアッドリコプターを、Wi-Fi経由でiPhone/iPod touch/iPadを傾けて操縦してARゲームをプレイするデモを実施。クアッドリコプターを飛ばすには「AR.FreeFlight」、ARゲームをするには「AR.FlyingAce」アプリのダウンロードが必要。AR.FlyingAceは近日公開予定。AR.Droneの詳細はこちらの記事も参考にしてほしい。

photophotophoto AR.Droneについて
photophoto 2台のクアッドリコプターを操縦してARシューティング対戦ができる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」