ニュース
» 2010年09月21日 22時55分 公開

ガンダム、インベーダー、ソニック――「I Love iPhone」で披露された新作アプリTGS2010(2/2 ページ)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「三國志2」を2010年中に発売――コーエーテクモゲームス

 コーエーテクモゲームスは、壊れたゾンビを再生するという一風変わったアクションゲーム「Zombie Recycling Inc.」(115円)と、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・全国版」(1200円)を紹介。信長の野望・全国版には50人以上の大名が登場するほか、GPS機能を使って現在地に応じた大名を判定し、その大名の能力を強化できる。ゲーム中にiPadの音楽を聴けるのもiPhone版ならではだ。

photophotophoto iPhone用のポータルサイトからApp Storeに飛んでコーエーテクモゲームスのアプリを購入できる(写真=左)。ゾンビを再生する「Zombie Recycling Inc.」(写真=中)。GPS機能とも連動した「信長の野望・全国版」(写真=右)


 アルファベットで名前を入力すると独自の漢字に変換してくれる「KANJI SHAKER」(無料)も紹介された。「michael」が「磨威華流」と変換されるという具合で、ちょっとした小ネタアプリとして楽しめそう。変換後にiPhoneを振ると、別の候補も出してくれる。

 新作アプリとして「三國志2」を2010年中に配信することも発表した。同作では戦闘モードでも「一騎打ち」「寝返」を採用。武将は350人以上が登場し、オリジナルの武将を作成することもできる。

photophotophoto アルファベットから漢字を変換する「KANJI SHAKER」(写真=左)。2010年中に配信予定の「三國志2」(写真=中、右)

iPad/iPhone/iPod touch向け「jubeat」登場――コナミ

 コナミデジタルエンタテインメントは、「パワフルプロ野球TOUCH 公式ライセンス版2010」や「METAL GEAR SOLID TOUCH」など、これまでに17アプリを配信してきた。同社は新作アプリとして、今秋に「麻雀格闘倶楽部 touch」をiPhone/iPod touch/iPad(ユニバーサル対応)向けに発売する予定。

photophotophoto iPhone/iPod touch/iPad向け「麻雀格闘倶楽部 touch」。3GとWi-Fiのネットワーク対戦ができるほか、アーケート版のデータを引き継ぐこともできる

 あわせて、音楽に合わせてマーカーをタッチする「jubeat(ユビート) plus」のiPad版を今秋、iPhone/iPod touch版を今冬に発売する。jubeat plusは、インターネット経由で他ユーザーと遊べるiOS 4.1のソーシャルゲーム機能「Game Center」に対応している。

photophotophoto iPhone/iPod touch/iPad向け「jubeat plus」

4本のガンダムアプリを発売予定――バンダイナムコゲームス

 バンダイナムコゲームスは、60作という比較的多数のアプリを配信している。同社 第2スタジオマーケティング企画部マーケティング企画2課アシスタントマネージャーの山田大輔氏は、iPhoneアプリのビジネスモデルが、従来の単価×ダウンロード数の売り切り型から、運営型に変わってきていると実感していると話す。

 山田氏が運営型アプリとして成功したと感じたのが、iPhone版「太鼓の達人プラス」だ。同作はダウンロードは無料ながら、追加で購入できる楽曲を配信し、好評を得ている。今秋には太鼓の達人プラスでBluetoothを利用した対戦プレイが可能になる予定。アプリの開発方法については「App Storeの市場規模はまだ成長段階。OSのアップデートに伴い仕様が追加されるので、長期のスケジュールを組みにくい。短期+運営型で開発していく必要がある」と同氏はみている。

photophoto バンダイナムコゲームスの山田大輔氏(写真=左)。運営型で成功したコンテンツ(写真=右)

photo ゲームとツール系のガンダムアプリを開発中

 iPhoneのゲームには家庭用やアーケード版と同等のクオリティが求められており、家庭用でブランドのあるゲームはiPhoneでも強いという。その流れを受け、同社はガンダムのiPhoneアプリを開発。ゲームアプリとして「SDガンダム Gジェネレーション タッチ(仮)「ガンダム ファイティングスピリッツ(仮)」、ツールアプリの“GUNDUM Tool Boxシリーズ(仮)”として「GUNDAM Tool Box - RX-78-2 simple icons ver. -(仮)」と「GUNDAM Tool Box - RX-78-2 COCKPIT ver. -(仮)」を配信する予定だ。

iPhone 4をフル活用できる2作のアプリ――ゲームロフト

 7言語に対応したアプリを世界で配信しているゲームロフトは、iPhone/iPod touch向けに75作品、iPad向けに25作品を開発してきた。ゲームロフト ビジネス部 PRマネージャーの稲葉芳恵氏によると、日本市場では「レッツ!ゴルフ」が好評だという。また、有料アプリのみで累計2000万ダウンロードを突破している。

photophoto ゲームロフトの稲葉芳恵氏(写真=左)。世界でアプリを発売している(写真=右)

 新作としてガンシューティングゲームの「MODERN COMBAT2 BLACK PEGASUS」と、アクションRPG「DARK QUEST II」を発売する予定。3DグラフィックとiPhone 4のジャイロスコープを採用したMODERN COMBAT2 BLACK PEGASUSでは、12のミッションをクリアしていく。DARK QUEST IIはGame Centerに対応したほか、iPhone 4のRetinaディスプレイにグラフィックを最適化している。プレーヤーのレベルを前作の50から100に増やし、66のミッションを用意するなど、ゲームのボリュームが増している。

photophotophoto 「MODERN COMBAT2 BLACK PEGASUS」
photophoto 「DARK QUEST II」

“クアッドリコプター”でARゲームをプレイ――AR.Drone

photo クアッドリコプター

 AR.Droneは、パロット社のクアッドリコプターを、Wi-Fi経由でiPhone/iPod touch/iPadを傾けて操縦してARゲームをプレイするデモを実施。クアッドリコプターを飛ばすには「AR.FreeFlight」、ARゲームをするには「AR.FlyingAce」アプリのダウンロードが必要。AR.FlyingAceは近日公開予定。AR.Droneの詳細はこちらの記事も参考にしてほしい。

photophotophoto AR.Droneについて
photophoto 2台のクアッドリコプターを操縦してARシューティング対戦ができる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる