ニュース
» 2010年09月24日 01時55分 公開

気になる新作タイトルが盛りだくさん!! EA Tokyo Showcase 2010で発表された数々のタイトルを一挙紹介(1/3 ページ)

東京ゲームショウ2010を翌日に控えた9月15日、京王プラザホテルでエレクトロニック・アーツの新作カンファレンスが行われた。EA最高執行責任者のJohn Schappert氏も登場した今年のEA Tokyo Shoucase2010では、グラスホッパー・マニファクチュアが開発を行う「シャドウ オブ ザ ダムド」をはじめ、さまざまなタイトルがお披露目された。

[山本大樹,ITmedia]

国内外メディアを招いて行われた新作発表、今年の隠し球は?

 昨年に引き続き、東京ゲームショウ開催前日に行われたEA Tokyo Showcase。新たに発表された新作タイトルのカンファレンスをはじめ、様々なタイトルが実機で展示され、国内外のメディアが多数取材に訪れていた。会場を昨年の六本木から新宿に移し、より規模が大きくなったEA Tokyo Showcaseの内容をたっぷりお届けしていこう。

 今回、カンファレンスが行われたタイトルはニンテンドー3DSのガーデニングゲーム「MyGarden」、そして、Wii・プレイステーション 3・Xbox 360・PCで展開する箱庭ゲーム「Create」、超人気サッカーゲームの最新作「FIFA 11」、日本人格闘家が多数参戦する「EA SPORTS 総合格闘技」、さらに、超グロテスクな描写と演出で世界中のプレイヤーに悲鳴を上げさせた「Dead Space」シリーズ最新作の「Dead Space2」、そしてカルトな人気を誇るアクションアドベンチャー「Alice in nightmare」の続編としてリリースされる「Alice Madness Returns」、最後に隠し球として登場したのがグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏、Tangoの三上真司氏らによる新作アクションゲーム「Shadows of the DAMNED(シャドウ オブ ザ ダムド)」の8タイトル。さっそく、明らかになった新タイトルの内容をお届けしていこう。

今回の会場は京王プラザホテル。海外のメディアの方々も多い
発表されるタイトルごとに登壇者が入れ替わる

カンファレンス後に公開された試遊イベントでは、PlayStation3、Xbox 360が多数設置され、国内外のメディアが先を争って新作タイトルをプレイしていた
特に人気が高かったのは、カンファレンスではプレゼンされなかったが、過激なアクションが魅力のTPS「BULLETSTORM」だ

EA初の3DSタイトル「My Garden」でデジタル世界の園芸家に!

 カンファレンスで最初に紹介されたのは、発売日の発表が待たれる新ハード、ニンテンドー3DS向けのタイトル「My Garden(仮題)」。EA+箱庭作り、ということでイメージされるのは、「ザ・シムズ」シリーズだが、本作も同シリーズと同じ「EA Play」レーベルにカテゴライズされる、ファミリー向けのラインアップとなる。

 登壇した本作のプロデューサーPhil Katz氏は、「My GardenはTanukiがあなたを一人前の庭師へと育ててくれます。そして、あなたは6つの個性的な庭を移っていくことができます。現在お話できるのは、砂漠の風景、日本の庭園、そして夜の屋上庭園。さまざまなモードで集められる植物は300以上です」とゲームの概略を説明、また「珍しい鳥を引きつけるために、口笛を吹いたり、招かれざる客を追い払うのに、ニンテンドー3DSを揺すったり、といった行動も可能です。そのほかに、自分の庭を探索するための3Dカメラも使用することができます」という。

 カンファレンスで発表された内容としては、「北米でニンテンドー3DSと同時発売」という情報のみで、日本での発売は未定だが、上映されたスライドの中でゲーム内で日本語ローカライズで表示されたシーンもあったため、期待できるのではないだろうか。

My Gardenのイメージショット。タッチペンの操作などは、既存のニンテンドーDSとあまりかわらないようだ
本作でプレイヤーをサポートしてくれる「Tanuki」だが、どう見ても、アレですよね……
今回発表されたマップの数々。和風テイストのものや、砂漠風のものなど、さまざまなものが用意される予定だとか

色とりどりの花、そして庭に訪れる昆虫や鳥など、さまざまな動植物がゲームの中には登場するようだ

キノコ栽培もガーデニングに欠かせない要素なのだろうか? ちなみに相棒のタヌキは、動物名のタヌキではなく「Tanuki」という名前の相棒だそう

EAのクリエイティブ精神が見事に発揮された、新感覚パズルゲーム「Create」

 「Create」はその名の通り「なにか」を「クリエイト」するゲームだ。今年の11月にWii・プレイステーション 3・Xbox 360・PC・MacでリリースされるこのゲームについてEmily Newton Dunn氏は「本作のデザイン哲学は“What if”です」と説明。

 プレイヤーは、マップ内にオブジェクトを好きなように配置でき、さまざまな仕掛けを作ることができる。ぱっと見た感じでは、ゲームというよりは、物理衝突や、重力の判定を実装したツールに近いもの、といえるかもしれない。また、一つのマップごとに、さまざまなチャレンジが用意されており、それらをクリアしていくことで、新たな要素がアンロックされていく、という。イメージ的に、ソニーの「リトルビッグプラネット」や、ニンテンドーDSで発売された海外作品の「Scribblenauts」に近い印象を受ける。

 セッション内で上映された、ゲームプレイを実際に行っているムービーでは、直感的なインターフェースが採用されており、スムーズなクリエイションを楽しむことができそうだ。

 こちらも日本での発売は未定とのことだが、日本の職人的なプレイヤーが世界を「あっ」と言わせるマップを公開してくれることを心待ちにしたい。

左側の写真には、自転車の下にスケートボードが、右側には、自転車の下にサーフボードが敷かれている。これでいったいどんなギミックが発生するのだろうか?

ベースが同じマップでも、作る人によって、マップのイメージは大きく異なる。プレイヤーのクリエイティブ精神をくすぐるタイトルといえるだろう

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…