気になる新作タイトルが盛りだくさん!! EA Tokyo Showcase 2010で発表された数々のタイトルを一挙紹介(1/3 ページ)

東京ゲームショウ2010を翌日に控えた9月15日、京王プラザホテルでエレクトロニック・アーツの新作カンファレンスが行われた。EA最高執行責任者のJohn Schappert氏も登場した今年のEA Tokyo Shoucase2010では、グラスホッパー・マニファクチュアが開発を行う「シャドウ オブ ザ ダムド」をはじめ、さまざまなタイトルがお披露目された。

» 2010年09月24日 01時55分 公開
[山本大樹,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

国内外メディアを招いて行われた新作発表、今年の隠し球は?

 昨年に引き続き、東京ゲームショウ開催前日に行われたEA Tokyo Showcase。新たに発表された新作タイトルのカンファレンスをはじめ、様々なタイトルが実機で展示され、国内外のメディアが多数取材に訪れていた。会場を昨年の六本木から新宿に移し、より規模が大きくなったEA Tokyo Showcaseの内容をたっぷりお届けしていこう。

 今回、カンファレンスが行われたタイトルはニンテンドー3DSのガーデニングゲーム「MyGarden」、そして、Wii・プレイステーション 3・Xbox 360・PCで展開する箱庭ゲーム「Create」、超人気サッカーゲームの最新作「FIFA 11」、日本人格闘家が多数参戦する「EA SPORTS 総合格闘技」、さらに、超グロテスクな描写と演出で世界中のプレイヤーに悲鳴を上げさせた「Dead Space」シリーズ最新作の「Dead Space2」、そしてカルトな人気を誇るアクションアドベンチャー「Alice in nightmare」の続編としてリリースされる「Alice Madness Returns」、最後に隠し球として登場したのがグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏、Tangoの三上真司氏らによる新作アクションゲーム「Shadows of the DAMNED(シャドウ オブ ザ ダムド)」の8タイトル。さっそく、明らかになった新タイトルの内容をお届けしていこう。

今回の会場は京王プラザホテル。海外のメディアの方々も多い
発表されるタイトルごとに登壇者が入れ替わる

カンファレンス後に公開された試遊イベントでは、PlayStation3、Xbox 360が多数設置され、国内外のメディアが先を争って新作タイトルをプレイしていた
特に人気が高かったのは、カンファレンスではプレゼンされなかったが、過激なアクションが魅力のTPS「BULLETSTORM」だ

EA初の3DSタイトル「My Garden」でデジタル世界の園芸家に!

 カンファレンスで最初に紹介されたのは、発売日の発表が待たれる新ハード、ニンテンドー3DS向けのタイトル「My Garden(仮題)」。EA+箱庭作り、ということでイメージされるのは、「ザ・シムズ」シリーズだが、本作も同シリーズと同じ「EA Play」レーベルにカテゴライズされる、ファミリー向けのラインアップとなる。

 登壇した本作のプロデューサーPhil Katz氏は、「My GardenはTanukiがあなたを一人前の庭師へと育ててくれます。そして、あなたは6つの個性的な庭を移っていくことができます。現在お話できるのは、砂漠の風景、日本の庭園、そして夜の屋上庭園。さまざまなモードで集められる植物は300以上です」とゲームの概略を説明、また「珍しい鳥を引きつけるために、口笛を吹いたり、招かれざる客を追い払うのに、ニンテンドー3DSを揺すったり、といった行動も可能です。そのほかに、自分の庭を探索するための3Dカメラも使用することができます」という。

 カンファレンスで発表された内容としては、「北米でニンテンドー3DSと同時発売」という情報のみで、日本での発売は未定だが、上映されたスライドの中でゲーム内で日本語ローカライズで表示されたシーンもあったため、期待できるのではないだろうか。

My Gardenのイメージショット。タッチペンの操作などは、既存のニンテンドーDSとあまりかわらないようだ
本作でプレイヤーをサポートしてくれる「Tanuki」だが、どう見ても、アレですよね……
今回発表されたマップの数々。和風テイストのものや、砂漠風のものなど、さまざまなものが用意される予定だとか

色とりどりの花、そして庭に訪れる昆虫や鳥など、さまざまな動植物がゲームの中には登場するようだ

キノコ栽培もガーデニングに欠かせない要素なのだろうか? ちなみに相棒のタヌキは、動物名のタヌキではなく「Tanuki」という名前の相棒だそう

EAのクリエイティブ精神が見事に発揮された、新感覚パズルゲーム「Create」

 「Create」はその名の通り「なにか」を「クリエイト」するゲームだ。今年の11月にWii・プレイステーション 3・Xbox 360・PC・MacでリリースされるこのゲームについてEmily Newton Dunn氏は「本作のデザイン哲学は“What if”です」と説明。

 プレイヤーは、マップ内にオブジェクトを好きなように配置でき、さまざまな仕掛けを作ることができる。ぱっと見た感じでは、ゲームというよりは、物理衝突や、重力の判定を実装したツールに近いもの、といえるかもしれない。また、一つのマップごとに、さまざまなチャレンジが用意されており、それらをクリアしていくことで、新たな要素がアンロックされていく、という。イメージ的に、ソニーの「リトルビッグプラネット」や、ニンテンドーDSで発売された海外作品の「Scribblenauts」に近い印象を受ける。

 セッション内で上映された、ゲームプレイを実際に行っているムービーでは、直感的なインターフェースが採用されており、スムーズなクリエイションを楽しむことができそうだ。

 こちらも日本での発売は未定とのことだが、日本の職人的なプレイヤーが世界を「あっ」と言わせるマップを公開してくれることを心待ちにしたい。

左側の写真には、自転車の下にスケートボードが、右側には、自転車の下にサーフボードが敷かれている。これでいったいどんなギミックが発生するのだろうか?

ベースが同じマップでも、作る人によって、マップのイメージは大きく異なる。プレイヤーのクリエイティブ精神をくすぐるタイトルといえるだろう

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評