気になる新作タイトルが盛りだくさん!! EA Tokyo Showcase 2010で発表された数々のタイトルを一挙紹介(3/3 ページ)

» 2010年09月24日 01時55分 公開
[山本大樹,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

アリスが妖艶な美しさをまとって帰ってきた――「Alice Madness Returns」

 独特な世界観と、味のあるキャラクターデザインでいまなおカルトな人気を誇るアクションゲーム「アリス イン ナイトメア」。その制作者American McGee氏が大きな拍手とともにステージに上がりプレゼンを行ったのは、その続編となる「Alice Madness Returns」だ。

 現在、上海で開発を行っている、というAmerican McGee氏は、前作とおなじく、ルイス・キャロルのオリジナル版「不思議の国のアリス」から本作を作り上げたというが、そこで上映されたトレイラームービーは、やはりファンの期待を裏切らないクオリティとなっていた。

 巨大な赤い目を持ち、ツメで歩くティーポットに、これまた巨大な肉切り包丁で斬りかかるアリス、いい具合に顔にトライバル柄の入ったチェシャ猫、そしておそらく、マッドハッターらしきキャラクターが映し出され、これまた会場は大きな拍手に包まれた。

 現在のところ、日本を含め、発売日などは未定ということだが、今後の動向が気になるタイトルと言えるだろう。

アダルトな雰囲気をまとうアリス。このシーンを見ているだけでは、普通のアクションゲームのようだが
ナイフを片手に髪を振り乱してティーポットに襲いかかるアリス……。子供が見たらトラウマになるレベルだ

巨大なブッチャーナイフに返り血を浴びているアリス…………。これこそが、American McGee氏のMadnessな世界の真骨頂
なんだかそのまんまな「マッドハッター」。今回もかなりキているキャラクターデザインにファンは大喜びだろう


本作のプレス資料で公開されたコンセプトアート。不思議の世界へと落下していくアリス、そして、家になってしまったアリス、ティーポット渓谷、そして、不思議の国のアリスのキーキャラクター、ホワイトラビットが描かれている。いずれも、独特の世界観に味付けされていることが分かる


最高のアクションスリル。スタイリッシュな音楽との絶妙な融合がうかがえる「Shadows of the DAMNED」が初公開

 グラスホッパー・マニファクチュアの須田氏とTangoの三上真司氏がタッグを組んでが開発を行う新作アクションゲーム「Shadows of the DAMNED」は迫力のあるアクション・スリル、そしてロマンスを秘めたタイトルだ。「男は愛のためならば、止まることはありません。どこへでも行きます」と須田剛一氏が言うように、愛する女性を救うため、主人公ガルシア・ホットスパーが音速の向こう側にあるという地獄へ乗り込む。

 「須田剛一氏の特徴であるパンクロックなエッジ、スタイリッシュな表現が他のアクションゲームと違うところだ」と、共に開発にあたっている三上真司氏の言。しかし、いくらスタイリッシュで素晴らしいゲームプレイになったとしても、最後にそれがいい音楽で遊べないと完成とはいえない。そこで須田剛一氏と三上真司氏は「それが出来るのは一人しかいない」と、山岡晃氏に本作の音楽を依頼、氏の才能を存分にこのゲームにつぎ込んでもらったという。

 山岡氏も本作の個性的な雰囲気を強く気に入っており、「自分の経験を活かして何か出来れば」と、全力で挑んだ様子。残念ながら、現時点で多くのことは話せないらしい……のだが、本作は来年夏の発売を予定しているとのこと。今後さらに公開されるであろう情報が待ち遠しい一本だ。

デーモンハンターを生業とする主人公ガルシアは、恋人を助けるために地獄の奥深くへ突き進んでいく
地獄で待ち構えているであろうデーモン。須田氏曰く「グロテスクで倒しがいのある敵」
須田剛一氏、三上真司氏、山岡晃氏の三人は、非常に楽しそうに「ダムド」について話していた。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評