ニュース
» 2010年10月20日 15時38分 公開

サプライズは「レイトン教授VS逆転裁判」――レベルファイブ最新タイトル一斉発射「LEVEL5 VISION 2010」イベントリポート(1/3 ページ)

10月19日、発売予定の最新タイトルを発表する場として、今年も「LEVEL5 VISION 2010」が開催された。今回は、抽選で公募した一般のユーザーも招かれ、大規模なものになった。その様子と発表タイトルをお届けする!

[蒼之スギウラ,ITmedia]

一年に一度の大発表会! 今年の注目タイトルが目白押し!!

 レベルファイブは10月19日、東京・品川区のゆうぽうとホールにて、最新タイトルの発表会「LEVEL5 VISION 2010」(レベルファイブビジョン 2010)」を開催した。本稿では、イベント全体の様子とともに、公開された情報をお届けする。

 開幕の時間には広いホールも既定の人数となり、「レベルファイブビジョン 2010」の開始となった。冒頭、レベルファイブ代表取締役社長である日野晃博氏は、「これまではニンテンドーDSのタイトルで、ユーザーの方々にご好評いただいてきましたが、それだけの“一発屋”と言われないよう、その後のプロジェクトにも力を入れて参りました。今年は数多くの『驚き』をご用意していますので、どうぞたっぷりと楽しんでいってください!」とコメント。サプライズ発表を含めて、今回用意した最新タイトルに自信も持っているいるようだ。

レベルファイブ代表取締役社長である日野晃博氏(右写真)

発表一発目はニンテンドーDS版「二ノ国 漆黒の魔道士」――ゲームシステムの詳細を初公開!

PVは東京ゲームショウ2010でも公開されたもの

 日野氏の合図とともに、スタジオジブリ製作のオープニングアニメーションムービーが流れ、「二ノ国 漆黒の魔道士」のプロモーションが始まった。

 そこで壇上に呼ばれたのは、レベルファイブの二ノ国チーフディレクターである本村健氏と、同じく二ノ国「魔法の本」ディレクターの丸屋教子氏。壇上には「二ノ国」の実機が設置され、中央のメインスクリーンに画面が映し出される。2人の解説とともに、実機プレイのプロモーションをする、という仕組みだ。



 公開された新要素は4点。夢の世界を旅できる「夢の世界のスケッチ」、集めて、育てて、戦わせられるモンスター「イマージェン」、すれ違い通信でタマゴを交換する「旅するタマゴ」、船を入手するとプレイできる「カジノ」がある。以下から、項目ごとに説明をしよう。

新要素その1「夢の世界のスケッチ」

 ゲーム内の宿である「マタタビの宿」に泊まると、夢の世界に迷い込んだ。夢の世界では、住人がオリバーに様々な謎掛けをしてくる。それを、プレイヤーの持つマジックマスター(魔法の本)をもとに解いていく仕掛けだ。発表会では実際にフィールドに隠されている謎を解いてみせる。

 今回は宝箱を開けるための謎。「木に実る五つ子の顔色 灰色双子のおとうとの言葉 空に浮かぶもう一組の双子 ……すべてをひとつに」というヒントを元に、このフィールドに相当するページを開き、イラストを見ながらヒントに該当する言葉をつなげて入力していく。今回の謎であれば、木に5つ実を結んでいるリンゴの“アカ”と、2つある石像のうち小さい方に描かれている文字を解読した“イ”、そして空に浮かぶ2つの“ツキ”をつなげて解明となった。

本村氏がゲームをプレイし、丸屋さんが魔法の本「マジックマスター」を見る役を担当した

新要素その2「イマージェン仲間&成長システム」

 ゲーム中に登場するモンスター「イマージェン」は、捕まえて、育成・対戦ができる。イマージェンの種類はなんと350種類を超え、成長要素も用意されている。イマージェンを持ち寄っての戦闘は、3体の特性や配置、攻撃方法によって駆け引きができる。育てるだけでなく、対戦するのもまた熱そうだ。

イマージェンは350種類以上
イマージェンは育成していくと進化していく。進化すると攻撃も強力になる
「二ノ国」担当司会役の二人によるデモンストレーション対戦が行われた

新要素その3「旅するタマゴ」

イマージェンと同じく、イマージェンの生まれるタマゴもまた、数多くの種類があるようだ

 冒険をしていると、稀に手に入れることのできる「タマゴ」は、すれちがい通信で交換することができる。タマゴは、入手した際「割る」か再び「旅をさせる」ことができ、割った場合は中からアイテムやイマージェンを入手できる。割る際には「タマゴポイント」を消費し、レアな内容であればあるほど、高いポイントを要求される。ポイントはタマゴに旅をさせると入手できるため、入手したタマゴを割るか旅をさせるかの見極めが必要となる。友人の間を何度も行き来させてタマゴを高レベルまで引き上げるといったことができそうだ。

新要素その4「カジノ」

 冒険をする過程で船を手に入れると、海の向こうにあるカジノへ行くことができる。RPGのミニゲームにおいてもっとも「遊んでしまう」ゲーム、カジノが搭載されているのは、嬉しい点だろう。

遊べるミニゲームの種類はまだありそうだ、今後の報告にも期待しよう

 今回公開されたのは、以上の4つの要素となる。そして最後に、本作のパッケージが公開され、プロモーションは終了となった。

魔法の本が付属することもあり、驚くほど大きく豪華なパッケージ。これが通常のセットになる

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」