ニュース
» 2010年11月04日 10時30分 公開

ネオジオはまだ死んでいなかった! 新作STG「高速ストライカー」発売中日々是遊戯

ドイツのゲーム製作集団「NG:DEV.TEAM」が、今ごろになってネオジオ用の新作タイトルをリリース。国内で稼働している店舗もあるとのウワサを聞き、実際に遊びにいってきました。

[池谷勇人,ITmedia]

日本円で約6万8000円

全体的に80年代っぽい雰囲気が漂うゲーム画面

 今年でハード誕生から20周年を迎えた、SNK(現SNKプレイモア)の家庭用・業務用ゲーム機「ネオジオ」。日本では2004年発売の「サムライスピリッツ零」が最後のタイトルとなっていましたが、海外では今ごろになって新作タイトルがリリースされたそうです(といってもこれ、ネオジオのオフィシャルタイトルではありません)。

 今回新たにリリースされたのは、「高速ストライカー(海外名:Fast Striker)」という縦スクロールシューティング。開発元はドイツのゲーム制作集団「NG:DEV.TEAM」で、同チームのネット通販サイト「NG:DEV.DIRECT」では実際に購入することも可能となっています。価格は599ユーロですから、日本円に換算すると約6万8000円。家庭用ネオジオではなく、あくまで業務用ネオジオ(MVS)用に対応したカートリッジということでお値段もそれなりですね。

 また遊んでみたいけど購入までは……という人には、ゲームセンターで遊んでみるのもオススメ。ゲーム情報サイト「さざなみ壊変」さんによれば、秋葉原のゲームセンター「トライアミューズメントタワー」では10月より稼働中とのこと。念のためお店に確認してみたところ、少なくとも11月2日時点ではまだプレイ可能でした。

 ついでに筆者もちょっと遊ばせてもらいましたが、ゲーム内容はオーソドックスな「昔ながらの縦シュー」といった感じ。使用するボタンは前方攻撃、後方攻撃、シールドの3種類で、ショットは押しっぱなしにすることで広範囲・前方集中を切り替えることが可能となっています。ステージは全6種類、自機は攻撃方法が異なる3種類から選択可能。

 最近の弾幕シューティングほど敵の攻撃は激しくなく、また縦シューとしては珍しく「地形」の要素があるのが特徴。回避よりも「出現即破壊」を重視したバランスは、昔の縦シューが好きな人にはいいかもしれません。また狭い地形をくぐり抜けながら進んでいく後半ステージなど、ちょっと「イメージファイト」や「レイディアントシルバーガン」を思い出させるシーンもありました。前半ステージはちょっと淡々と進みすぎる感もありますが、たまにはこういうベタなシューティングゲームもいいですね。

 なお、トライアミューズメントタワーのスタッフによれば、カートリッジは海外通販で購入したもので、国内には一般に流通していないため「遊べる店舗はかなり少ないのでは」とのこと。ただ設置後の反響はそれほどでもなく、「たまに珍しげに写真を撮っていくお客さんがいる」程度だそうです。

 ちなみに本作、12月にはドリームキャスト用ソフトとして発売される予定も。サイトを見ると、パッケージの帯もちゃんと日本語化されていたりして、かなり気合いが入っているのを感じます。こちらは限定版が45.95ユーロ(約5200円)、通常版が32.95ユーロ(約3700円)、両バージョンを同梱したバンドルパックが68.95ユーロ(約7800円)となっています。実際に発売されれば今のところこのゲームが「最後のドリームキャスト用タイトル」となりますので、ドリームキャストファン、また昔ながらのシューティングゲームが好きな人は、ぜひチェックしてみてください。

選んだ自機によって、攻撃方法だけでなくスコアシステムも変わるのがユニーク。初めて遊ぶ場合は、オートボムが付いている「NOVICE」タイプがオススメ

実際にカートリッジを取り出して見せてもらいました。半信半疑でしたが、たしかにMVSカートリッジですね……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10