ニュース
» 2010年11月04日 20時06分 公開

Amazon.co.jpが10年間の人気商品ランキングを発表。ゲーム部門1位はあのソフト!日々是遊戯

今年でサービス開始から10周年を迎えたAmazon.co.jp。果たして10年間でもっとも売れたゲームソフトは何だったんでしょう?

[池谷勇人,ITmedia]

10周年おめでとうございます!

 2010年11月でサービス開始10周年を迎えた「Amazon.co.jp」。これを記念して、10年間の人気商品ランキングがカテゴリごとに発表されています。

 気になるテレビゲーム部門では、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が10年間のトップセラーに輝きました。シリーズ過去最高の出荷本数を達成し「史上もっとも売れた『ドラクエ』」となった本作ですが、やっぱりAmazonでも売れていたんですね。


 サイトによれば、集計期間は2001年10月1日〜2010年6月30日まで。2位〜10位は次のような顔ぶれとなっています。

Amazon.co.jp 10周年記念 人気商品ランキング(TVゲーム)

1位:ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DS/任天堂)

2位:ファイナルファンタジーXIII(PS3/スクウェア・エニックス)

3位:NewスーパーマリオブラザーズWii(Wii/任天堂)

4位:Wii Fit(Wii/任天堂)

5位:トモダチコレクション(DS/任天堂)

6位:モンスターハンターポータブル 2nd G(PSP/カプコン)

7位:ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(PS2/スクウェア・エニックス)

8位:ニュー・スーパーマリオブラザーズ(DS/任天堂)

9位:おいでよ どうぶつの森(DS/任天堂)

10位:ファイナルファンタジーXII(PS2/スクウェア・エニックス)



 総評にもありますが、上位10タイトルの内訳をみると、任天堂が5タイトル、スクウェア・エニックスが4タイトルランクインしており、両メーカーの国内市場での強さがうかがえる形となりました。また上位に比較的最近のタイトルが多いのは、Amazon.co.jpの利用率が年々上がってきていることを表しているようにも見えますね。筆者のまわりでも、最近は新作タイトルでもAmazonで済ませてしまう人が本当に増えました。タイトル自体はいたって普通の顔ぶれで、ランキングウォッチャーとしてはやや面白みに欠けますが、「売れるタイトルが普通に売れる」というところもAmazonの強みのひとつなんでしょう。

 これ以外にも「Amazon.co.jp 10周年特集」と題した特設サイトでは、サイトの歩みが分かる「Amazon.co.jp 10年の軌跡」や、過去10年の間に活躍した人々をたたえる「殿堂入り著者・アーティスト(111名)」など様々な記念コンテンツが掲載されています。

 豊富な品ぞろえや高い値引率、利用の手軽さなど、この10年でAmazon.co.jpがネット通販市場に与えた影響は決して小さなものではありません。つい先日も通常配送料金の無料化を発表し大きな話題となりましたが、果たして次の10年ではどんな革命を起こしてくれるのか、期待して見守りたいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」